このエントリーをはてなブックマークに追加

危険な香りのストレートドローとフラッシュドロー

こんにちは仗助です。

ポーカーってやはり難しいですねえ。

中々思うように勝たせて貰えません。

私の場合イマイチ自分のカードを過信してしまうところがあります。

またセカンドヒットで相手に強いベットをされるとコールできないのです。

どうもポーカーには向いていないのかな?なんて思うようになってしまいました。

しかし何かしら敗因というのはあると思いますので今日はそれをえぐってみたいと思います。

 

SB(シート1)、BB(シート2)、UTG(シート3)、MID(シート4)、CO(シート5)、BTN(シート6)とします。

 

ステークス(0.1/0.05)

プリフロップ(€0.15)

シート6の私に5♥、A♠が配られます。

シート3、4、5はフォールド私は€0.2へ引き上げました。

シート1がフォールド、シート2がコールしました。

 

フロップ(€0.45)

J♥6♥、8♣がでます。

これには二人ともチェックしました。

 

ターン(€0.45)

9♥がでます。

これに対しても二人ともチェックします。

 

リバー(€0.45)

7♠がでます。

ここで相手は€0.45ベットしてきました。

私はストレートなので€0.9にレイズしました。

そしたらさらに相手は€2.7レイズしてきました。

私はこの瞬間いやな予感がしました。

もし相手が10を持っていたら私より上のストレートだからです。

或いはここでフォールドするべきだったかもしれません。

迷った末にコールしてみました。

 

ショーダウン(€7.2)

相手のハンドはK♦、10♠でした。

シート2が€6.42を獲得しました。

 

やはりやられてしまいました。

このプレイは行動から考えても、相手の持ているハンドとして10は十分に考えられ、またブラフにも思えなかったので最後はやはりフォールドするべきでした。

またコミュニティーの4枚を使うストレートやフラッシュは相手にも十分その可能性があることを念頭に入れておかないと痛い目に遭います。
もう1ハンド見てみます。

SBからシート1とします。

参加人数は5人です。

ステークス(0.1/0.05)

プリフロップ(€0.15)

シート3の私にJ♠、Q♥が配られました。

私は€0.3にレイズしました。

シート4、5、1はフォールドしシート2は€0.8にレイズし私がコールしました。

 

フロップ(€1.85)

6♥J♥8♥がでました。

相手は€0.9ベットしました。

トップヒットでフラッシュも見えている私は€1.8にレイズしました。

するとここで相手はオールインしてきました。

危機に直面しているとは感じましたがついコールしてしまいました。

 

結果は以下の如くです。

これも未熟なプレイでした。

先程と同様にコミュニティーの4枚を使うフラッシュは相手にもその可能性が十分あることを考えねばいけませんでした。

またいくらトップヒットだからとは言えJのワンペアはそれ程強いカードではありません。

少なくともオールインするカードではありません。

相手は終始強気できているため最初の€0.9ベットに対してはコールに止めておくのが無難だと思いました。

 

結論を言いますとコミュニティーの4枚を使うストレートやフラッシュはそれ程喜べなく上位のストレートやフラッシュに負けることも十分考慮してプレイしないと破産することになります。

いい教訓でした。

 

コメントありましたら記事ページの下よりお願いします。

コメントを残す