ホールデムマネージャー3

去年10月ごろよMax Value Softwareからホールデムマネージャーの最新バージョン、ホールデムマネージャー3が発売されました。ここではそのホールデムマネージャー3をレビューします。

 

ホールデムマネージャー3とは

ホールデムマネージャー3(HM3)とは、相手のそれまでのプレイを数字化してリアルタイムで表示してくれたり、データをレポートとして見れる、ヘッズアップディスプレイ(HUD)です。ポーカースターズ、パーティ―ポーカー、iポーカー、888ポーカー等に対応されています。

今までのホールデムマネージャー2と比べまして、日本語表示となっていたり、レポートの種類が増えていたり、相手のデータがグラフィックで見れたりと、使い勝ってが良くなっているのが特徴です。

 

ホールデムマネージャー3をダウンロード

ホールデムマネージャー3の購入価格は、ホールデムのスモールステークスが$60、ホールデムとオマハのスモールステークスが$100、ホールデムのオールステークスが$100、ホールデムとオマハのオールステークスが$160となっています。以前にホールデムマネージャー2を購入した方は期間限定のディスカウントもあります。2週間のフリートライアルもありますのでまずはそちらから試すのもいいと思います。まずはHM3の公式ホームページへ行きます。

 

ホールデムマネージャー2等を購入したことが無く初めての方は、まずResisterよりアカウントを登録して下さい。(メールとパスワードはログインの際に必要です。)

直接買う方はBuy Nowより購入画面へ行って購入して下さい。後はフリートライアルと同じ手順です。私はホールデムのオールステークス$100を購入しました。

フリートライアルの方は、Downloadよりソフトウェアをダウンロードして下さい。

 

ダウンロードが終了しますと2つのアイコンが現れます。まずはHoldem Manager 3を立ち上げ、メールとパスワードを入力してログインして下さい。購入している方はライセンス認証が済むと思います。購入していない方は2週間のフリートライアルから試してください。フリートライアルはライブプレイ等の一部機能が限定されます。

 

基本設定

ポーカースターズを例にとって説明します。

ポーカースターズの設定のグローバルの言語を英語にして下さい。これが日本語ですとHUDが認識してくれないのです。

 

ポーカースターズの設定のハンド履歴より、保存フォルダーを選んで、英語で保存して下さい。これも英語でないと読み取って貰えません。

 

HM3のツールのサイト設定より、自動インポートフォルダーに、ポーカースターズの保存フォルダーを追加します。このフォルダーを通してデータがインポートされるというわけです。基本設定は以上です。

 

ゲームを試してみて下さい。HUDが表示されればOKです。

 

HUDの編集

HUDはキャッシュゲームとトーナメント別にデフォルトタイプのものから様々なものが組み込まれていますが、HUDエディターより、編集したりオリジナルのものを作ったりすることができます。HUDのタイプはプレイ画面の上中央のHUDよりプレイ中に変えることができます。

 

HUDで取り扱える代表的なデータ

VPIP:VPIPとはMoney voluntary put in potの略で、プリフロップで自主的にポットに入れてくる割合のことです。要は参加率のことで、リンプにしろコールにしろレイズにしろブラインドポット以外は全てが計算の対象になります。0~15:非常にタイトで参加してくる時は大体いいハンド

15~20:タイトで堅実なプレイヤー

20~27:堅実なプレイヤーでいろいろなハンドお織り交ぜてくる

27~35:大目に参加しているややルーズなプレイヤー

35~:非常にルーズなプレイヤーでフィッシュの可能性が高い

 

PFR:プリフロップレイズ率で、どれくらいレイズで参加しているかを表します。例えばVPIPが22でPFRが18だとすると、ハンドの22%を参加していてそのうち18%はレイズで参加しているという意味になります。残りの4%はリンプやコールで参加しているということになります。大体ほとんどのプレイヤーでVPIPとPFRのギャップは5%ぐらいになります。

0~18:リンプを多様しすぎている

18~25:堅実なプレイヤー

25~30:アグレッシブでスリーベットやスティールを試みてプレッシャーをかけてくるプレイヤー

30~:ルーズすぎなプレイヤー

 

AGG:アグレッシブ係数のことで、フロップ後の(ベット総数+レイズ総数)/コール総数を現し、高くなればなるほどフロップ以後アグレッシブにプレイしていることになります。上手いプレイヤーは大体2.0~2.5の間に収まり、それはつまりコールの2倍くらいの割合でベットやレイズを仕掛けていることになります。

 

3Bet:スリーベット率で、プリフロップでスリーベットする機会が訪れた時にスリーベットする割合のことです。上手いプレイヤーは大体5~9%に収まります。それ以上であればし過ぎているし、それ以下であればしな過ぎと考えて下さい。

 

Fold to 3Bet:プリフロプでレイズして、スリーベットを返せれた時のフォールドする割合です。

0~60:スリーベットにフォールドしなさすぎている

60~70:標準的な上手いプレイヤー

70~:フォールドしすぎているのでこういう相手には3Betが有力

 

Flop CBet:プリフロップでベットのリードを持っているプレイヤーが、フロップでコンティニュエーションベット(コールも含む)を打ってくる割合です。

0~55:アグレッシブに攻めきれておらず、フロップでヒットしなかったら消極的になるか、或いはスロープレイをしすぎているかのどちら

55~75:標準的な上手いプレイヤー

75~:コンティニュエーションベットをしすぎなのでチェックレイズか、ポジションがある時はフロートが有力

 

Flop Check Raise:フロップでチェックレイズ(相手が最初にチェックし、こちらがベットしたらレイズ)する割合です。

~5:チェックレイズをほとんどしないプレイヤーですのでコンティニュエーションベットが有力

5~15:標準的な上手いプレイヤー

15~:ブラフでチェックレイズをしすぎているのでバリューベットが有力

 

Flpo Fold to CBet:コンティニュエーションベットを喰らった時フォールドする割合のことです。

0~50:ルースすぎるのでバリューベットが有力でセカンド、サードヒットくらいでもベットが有力

50~65:標準的な上手いプレイヤー

65~タイトすぎるのでブラフの頻度を増やすのが有力

 

Steal:カットオフ、ボタン、スモールブラインドのポジションで、スチールする(最初にアクションを起こせる)機会があって、どれくらいの割合でスチールしているかです。トータルで見ることもポジション毎に見ることもできます。

 

他にもたくさんありますが、何が何を意味するのかは英語になってしまいますが、統計ピッカーより見ることができます。

 

グラフィカルHUD

HUDをグラフィカルHUDにすればデータを円グラフで可視化してくれます。1週を100と見なし、VIP、PFR、AGGがバロメータで分かります。これはHM3の一番目の大きな目玉で、上の画像はSB(私)までフォールドで回り、BBのVPIPバロメータが高かったので、参加ハンドレンジは広いだろうと思いレイズして、案の定BBがコールして、フロップは外したもののコンティニュエーションベットが成功した例です。数字よりも見やすいです。

 

ライブプレイ

ライブでプレイを再生することも可能ですが、ショーダウンまで相手のハンドはおろか自分のハンドも見れないので、この機能はHM2の方がいいと感じました。デザイン的にもHM2の方が好みです。

 

レポート

HM3ではストックされたハンドデータから様々なレポートを見ることができます。これがHM3の二番目の大きな目玉といってもいいでしょう。

 

例えばこれはポジション別の統計ですが、BTNで一番多く勝ち、SBで一番大きく負けているのが分かります。

 

これはフロップに応じたコンティニュエーションベットの成功ハンドです。これでどのようなボードでコンティニュエーションが成功するのか傾向が掴めます。

 

サポート

購入後のサポートは最悪です。最初は上手く起動しなかたりといろいろ質問したのですが、返答はありませんでした。この製品には1年間の購入後のサポートがついており、メールは24時間以内に返答とありますが、それは守られませんでした。しかしいろいろ試したら分かりましたのでサポート無しでも平気だと思います。分からないことがあれば、このページを見ながら試してみて下さい。

 

購入後の一年後のサポート契約解除

購入後は一年間のサポートとメンテナンスがついていますが、一年後には自動更新となっています。ここは解除した方がいいと思います。ただですら返信が無くてサポートを受けていませんからね。

 

感想

HUDツールは基本的にはオンラインポーカーサイトからデータをインポートして、プレイウィンドに数値化して表示させたり、ハンドを再生させたり、レポート別に傾向を掴んだりと一緒なのですが、使い勝っての良さが最新版になるに従ってやはり進化してくる感じです。特にHM3はグラフィカルHUDが見やすく、レポートも充実していますので悪い買い物では無かったと思います。実際に使えるツールだと思います。

 

ホールデムマネージャー3

ホールデムマネージャー2

 

ホールデムマネージャー2とは

ホールデムマネージャー2とは、プレイから相手がどんなアクションをしてきたのかをカウントしてくれ、それを数字として表示させてくれる、アメリカのシカゴのMax Value Software LLC社が提供するツールです。これらのツールを総称してヘッズアップディスプレイ(HUD)といいます。

この数字はプレイ毎に積み重ねられ、ホールデムマネージャーのサーバーにデータベースとして蓄えられていきます。数字はハンド毎に変わりリアルタイムで表示されます。

ある程度プレイが積み重ねられますと数字が収束していき、そのプレイヤーがどんなスタイルでプレイしてきたのか傾向を掴むことができ、こちらのアクションの判断に役に立つというわけです。

 

各プレイヤーのデータはホールデムマネージャー2によるものです。青い数字はそれまでのハンド総数で、上のプレイヤーだけ113と高いのは以前にも当たったことがあるからです。

 

相手のプレイ傾向という大切な情報を与えてくれますので、これを使っているプレイヤーは使っていないプレイヤーに比べてはるかに有利な立場でプレイできます。勿論ポーカースターズを含むほとんどのサイトで使用が認められており利用規約にも反していません。

他にもプレイの再現機能や自分のプレイ傾向も見ることができます。

ポーカーで勝っているプレイヤーや長くプレイしているプレイヤーは、ほぼみんなHUDを使っています。

 

ホールデムマネージャー2の仕組み

ホールデムマネージャー(HM)は独自にポーカースターズから情報を汲み取って、HMのデータベースサーバーへ蓄えます。その中からあなたのものだけをピックアップしてあなたのパソコンへ送信するといった形になります。

以前はポーカースターズのハンド履歴をあなたのパソコンに送信して、それを読み込んであなたのデータベースを作っていくという方法でしたが、新化したようです。

 

購入の仕方

ホールデムマネージャーの公式ホームページよりクレジットカードにて購入することになります。

まずは30日間の無料お試しからダウンロードして使い勝ってを見るといいと思います。機能は一緒です。

 

賞品は全てのステークスで使えるProバージョン、スモールステークス用のバージョン、オマハでも使えるComboバージョンがあります。私の場合はオマハはやらないのですが、やることがあるかもしれませんのでComboバージョンを購入しました。尚購入の際にはアカウントを作ることになります。

 

使い方と主な機能

これがソフトウェアの画面となります。一番最初はライセンスキーが必要ですが、分からなければHM2の公式ホームパージからログインしてみれば分かります。

 

テーブルで相手のデータを表示させる

HM2を立ち上げポーカースターズにログインしてテーブルに着きますと、最初はこんな感じです。どのタイプを表示させるか選ぶことができます。

 

HM2をActive Sessionにしていただき、今やっているゲームがCash(キャッシュゲーム)かTournament(トーナメント)かを選びます。するとオープンテーブルが表示されますのでTable Finderをクリックします。

 

Table Finderのアイコンを左クリックしたままドラッグしてテーブルで離して下さい。

 

このように表示されます。被っていて見づらければ右クリックで好きな所へ移動させることができます。

 

移動させている時はこのように暗くなります。こんな感じでしょうか。

 

後は1ハンド進む毎に数字が更新されていきます。

 

HM2で取り扱える統計

HM2のHUD Settingsにて表示させる統計をアレンジしたり新しく作ったりすることができます。主に使うものを以下に説明します。

 

VPIP:VPIPとはMoney voluntary put in potの略で、プリフロップで自主的にポットに入れてくる割合のことです。要は参加率のことで、リンプにしろコールにしろレイズにしろブラインドポット以外は全てが計算の対象になります。

0~15:非常にタイトで参加してくる時は大体いいハンド

15~20:タイトで堅実なプレイヤー

20~27:堅実なプレイヤーでいろいろなハンドお織り交ぜてくる

27~35:大目に参加しているややルーズなプレイヤー

35~:非常にルーズなプレイヤーでフィッシュの可能性が高い

 

PFR:プリフロップレイズ率で、どれくらいレイズで参加しているかを表します。例えばVPIPが22でPFRが18だとすると、ハンドの22%を参加していてそのうち18%はレイズで参加しているという意味になります。残りの4%はリンプやコールで参加しているということになります。大体ほとんどのプレイヤーでVPIPとPFRのギャップは5%ぐらいになります。

0~18:リンプを多様しすぎている

18~25:堅実なプレイヤー

25~30:アグレッシブでスリーベットやスティールを試みてプレッシャーをかけてくるプレイヤー

30~:ルーズすぎなプレイヤー

 

AF:アグレッシブ係数のことでHM2ではPostflop Aggression Factorとなっています。フロップ後の(ベット総数+レイズ総数)/コール総数を現し、高くなればなるほどフロップ以後アグレッシブにプレイしていることになります。上手いプレイヤーは大体2~2.5の間に収まり、それはつまりコールの2倍くらいの割合でベットやレイズを仕掛けていることになります。

 

3Bet:スリーベット率で、プリフロップでスリーベットする機会が訪れた時にスリーベットする割合のことです。HM2ではTOT 3Betとなっています。上手いプレイヤーは大体5~9%に収まります。それ以上であればし過ぎているし、それ以下であればしな過ぎと考えて下さい。

 

Fold to 3Bet:プリフロプでレイズして、スリーベットを返せれた時のフォールドする割合です。HM2ではTOT Fold to 3Betとなっています。

0~60:スリーベットにフォールドしなさすぎている

60~70:標準的な上手いプレイヤー

70~:フォールドしすぎているのでこういう相手には3Betが有力

 

Flop CBet:プリフロップでベットのリードを持っているプレイヤーが、フロップでコンティニュエーションベット(コールも含む)を打ってくる割合です。

0~55:アグレッシブに攻めきれておらず、フロップでヒットしなかったら消極的になるか、或いはスロープレイをしすぎているかのどちら

55~75:標準的な上手いプレイヤー

75~:コンティニュエーションベットをしすぎなのでチェックレイズか、ポジションがある時はフロートが有力

 

Flop Check Raise:フロップでチェックレイズ(相手が最初にチェックし、こちらがベットしたらレイズ)する割合です。HM2ではFlop Check-Raise OOPとあります。OOPとはOut of Positionの略で先にあるプレイヤーに対して先にアクションするポジションのことです。

~5:チェックレイズをほとんどしないプレイヤーですのでコンティニュエーションベットが有力

5~15:標準的な上手いプレイヤー

15~:ブラフでチェックレイズをしすぎているのでバリューベットが有力

 

Flpo Fold to CBet:コンティニュエーションベットを喰らった時フォールドする割合のことです。HM2ではFlpo Fold to CBとあります。

0~50:ルースすぎるのでバリューベットが有力でセカンド、サードヒットくらいでもベットが有力

50~65:標準的な上手いプレイヤー

65~タイトすぎるのでブラフの頻度を増やすのが有力

 

Steal:カットオフ、ボタン、スモールブラインドのポジションで、スチールする(最初にアクションを起こせる)機会があって、どれくらいの割合でスチールしているかです。トータルで見ることもポジション毎に見ることもできます。

 

表示データのパターンは最初からいくつかありますが、pre-configured HUDsよりダウンロードすることもできます。

 

ハンドを再生させる

Active Sessionより過去のハンドを振り返ることができます。日付けと時間よりハンドを選びます。

 

こんな感じでリプレイできます。

 

キューブのようなアイコンをクリックすれば、どんなハンドで勝って、どんなハンドで負けたのかを色分けされて見ることができます。

 

感想

非常に使い勝手のいいツールで、統計表示もハンド再生も重宝しています。数字は嘘をつかないため自分で思っている相手のイメージを正しいものへ修正或いは確かなものしてくれますし、反省する時はリプレイして振り返っています。オンラインポーカーをやるのにこれほど便利なツールはなく、上達には必須のアイテムだと思っています。

 

ホールデムマネージャー2