いくらポットに入れようとフォールドが最善

ポーカースターズでトーナメントをやっていると、まともなハンドがこないとどうしても降りることが多く暇になります。私はその時ネットサーフィンや動画を見ているのですが、本当は相手のプレイを観察しなければいけないのです。私の見たところ、勝っている人は皆そうやっています。私も終盤はそうしますが、序盤は面白くなく苦痛でできていません。

 

ポケットK

$4.5K保証トーナメント 9人テーブル ブラインド$250/500 ポット1020(アンティ30)

プリフロップ:MID1(私) $12009 ♠K,♦K BB $6739

トーナメントの中盤ポケットKという素晴らしい手が入りました。私は2.5BBの$1250でオープンしました。始めの段階でブラインドが低い時は3BBでオープンしますが、これぐらい大きくなると2.5BBくらいに下げるようにしています。これに対してBBだけがコールしてきました。

 

フロップ:♦8,♠A,♥6 ポット3020

Aが落ちたのは少し面白くないところですが、BBのコールのレンジに占める割合に対してAを含むのはそれほど多くないため悪いフロップではないと考えています。相手はチェックしてきました。私は相手を罠にはめるためにスロープレイを選びチェックで返しました。

 

ターン:♠7 ポット3020

相手は$1500をベットしてきました。

負けているとしたら6か8のセット或いはTJのストレートだろうと考えていました。しかしブラフでポットを取りにきた感も諫めません。私はコールしました。

 

リバー:♠T ポット6020

かなり大きなポットになってしまいました。ここで相手は何と$4489をオールインしてきました。私の残りスタックは$9259です。ストレートも見えているボードで、相手はタイトなプレイヤーです。ここはフォールドが妥当だったと思いますが、負けてもまだ$4770のチップが残ると思いコールで応じてしまいました。

 

ショーダウン

相手は♠8,♦8を開きフロップでセットをヒットさせていた相手がポットを獲得しました。

これぐらいのスタックの相手にフロップで勝っていると思えばスロープレイしたくなります。ターンのコールも応じるところだと思います。しかしターンのオールインはセットやストレートと一致するアクションですので、Kのワンペアでコールはさすがに拙かったと思います。ポケットKはボードの絡み合いを無視してしまうくらい強そうに見えるハンドですので、ついオーバープレイをしがちになってしまいます。肝に銘じておかないといけませんね。

 

ポットに入れた者勝ち

$4.5K保証トーナメント 8人テーブル ブラインド$300/600 ポット1220(アンティ40)

プリフロップ:MID1(私) $17280 ♣K,♣Q HJ $49978 BTN $23497 BB $39729

♣K,♣Qを貰った私は$1500でオープンしました。これに対してHJ、BTN、BBがコールしてきました。

 

フロップ:♠8,♠7,♥3 ポット6620

BBはチェックしてきました。後に二人のアクションを控えており、このボードはコールのレンジによく絡み合っています。ここはチェックするのが妥当なのですが、こちらにはプリフロップでオープンした強みがありコンティニュエーションベットもありそうです。私は後者を試してみることにし$4000をベットしました。相手は3人ともフォールドし、私がポットを獲得しました。

 

本来このボードでコンティニュエーションベットは控えた方が良さそうなのですが、自分のスタックサイズを考えてポットがどうしても欲しい時はやってみるのも良さそうです。ポットがそこそこ大きく、相手が何もヒットしなかった場合は、大体コンティニュエーションベットは成功するからです。

 

いくらポットに入れようとフォールドが最善

$4.5K保証トーナメント 9人テーブル ブラインド$1000/2000 ポット4575(アンティ175)

プリフロップ:UTG1 $32220 SB(私) $75795 ♦Q,♦K BB $81717

またしてもK,Qスーテッドです。UTG1が$4490でオープンしました。この手はどちらかというとフロップを見てみたい手ですので私はコールしました。BBもコールしてきました。

 

フロップ:♠3,♥9,♣6 ポット15045

何とも言えないフロップです。しかしポットがそこそこ大きく、相手が何もヒットしなかった場合は、先にベットした者勝ちという上の例からここはベットしてみることにしました。

コールのレンジから9のヒットをリプレゼントし$12000をベットしました。BBがコールしUTG1はフォールドしました。

 

ターン:♠6 ポット39045

これ以上のブラフはもう無いと思いここはチェックしました。相手もチェックしてきました。

 

リバー:♣T ポット39045

ポットは欲しいくらいに大きくなっています。しかしここはもう諦めるより無かったと思います。私は$18000を神頼みでベットしましたが相手にコールされてしまいました。

 

ショーダウン

相手は♠9,♠Tを開き相手がポットを獲得しました。

フロップで$12000をコールされたのなら、スタックサイズから考えてもリバーの$18000のベットに降りるとは思えず、リバーのブラフベットは拙かったと思います。いくら途中までベットしてもフォールドするのが最善という場面もあるということです。

 

ポーカースターズ

スクイーズ

ポーカーをやった次の日は大体寝不足になります。トーナメントが大体深夜までかかるからです。そして大体予期せぬところで突然負け、一気に疲労感が出てきます。長くやるには体調管理も大切だなっと思う今日この頃です。これを毎日やったらさすがにしんどいです。面白いのですけどね。

 

トップセカンドツーペア

$4.5K保証トーナメント 9人テーブル ブラインド$15/30 ポット81(アンティ4)

プリフロップ:UTG1 $4996 UTG2(私) $4996 ♥A,♦T BB $4966

トーナメントの最初のハンドでA,Tオフスーツが配られるのは決して悪い気はしません。トーナメントの最序盤は始まったばかりで誰もとびたくないため、全体的に割とタイトにプレイしすぎるきらいがあり、そこに付け込んでいきたいといつも思っているのですが、そこそこのハンドがないとやはりためらってしまいます。A,Tオフスーツくらい強ければ何も問題はありません。

UTG1がリンプし、私のアクションの番です。決してフロップを見に行きたいという手でもないので、私は$120へレイズしました。それに対してBBとUTG1がコールしてきました。

 

フロップ:♥T,♣A,♦4 ポット411

トップツーペアでスートもバラバラです。負けてるとしたらセットですがレンジに占めるその割合は低いです。ほぼ勝ちを確信している私は如何にポットを大きくするかだけを考えています。二人はチェックしてきました。ここはベットしたいところですが、あまり大き過ぎてはいけませんのでポットのハーフサイズを打ちました。

するとBBは$570へチェックレイズし、UTG1はフォールドしました。これは少し意外でしたが望むところです。私は$1500までリレイズしました。UTG1はコールしてきました。

 

ターン:♣J ポット3411

相手はチェックしてきました。セットならフロップで更にレイズしたと思いますので、Aと強いキッカー辺りを想定しました。だとしたら降りにくいだろうと思い、私は全額ポットへ入れるよう$3376をオールインしました。相手は少し時間をおきコールで応じてきました。

 

ショーダウン

相手は予想通りA,Kを開いてきました。リバーでは♦6が落ちて私がポットを勝ち取りました。

1ハンド目でダブルアップに成功し大きなアドバンテージを得ることができました。相手のベストのプレイは、Aのトップヒットトップキッカーでは降りにくいかもしれませんが、それでもフロップでリレイズされたところでフォールドすることだったと思います。

 

ポットを小さく保つ

$4.5K保証トーナメント 9人テーブル ブラインド$25/50 ポット129(アンティ6)

プリフロップ:MID2(私) $10918 ♠J,♦A BTN $7122 SB $5309

A,Jオフスーツは必ずどのポジションからもオープンしますが、Aがヒットした時はキッカーが決して強いとは言えないため用心しなくてはいけません。私は$150でオープンしました。これに対してBTNとSBがコールしてきました。

 

フロップ:♥4,♣A,♠6 ポット554

SBがチェックしました。いよいよAがヒットし用心しなければいけなくなりました。ここでスロープレイはあり得ず、必ずベットしなければいけないところです。このまま相手にリードを与えて、それについていくのは危険だからです。

私は$400をベットしました。BTNはコールし、SBはフォールドしました。

 

ターン:♠7 ポット1354

私はこれ以上ポットを大きくするつもりはなく、安くショーダウンしたいところです。私はチェックしました。すると相手は$550をベットしてきました。この額はポットの4割程度しかなく、コールで応じざるを得ませんでした。

 

リバー:♦7 ポット2454

このカードでは状況は何も変わっていないはずです。私はチェックし、相手もチェクしました。

 

ショーダウン

相手は♠A,♦Kを開き相手がポットを獲得しました。

私はターン以降弱みを見せていますので、相手がリバーでベットすればもう少し私から巻き上げることができたと思います。

 

スクイーズ

$4.5K保証トーナメント 9人テーブル ブラインド$25/50 ポット129(アンティ6)

プリフロップ:MID1 $9273 MID2 $8079 BTN(私) $10639 ♣A,♠Q

MID1が$400でオープン、MID2がコールしてきました。MID1はVPIPが43ととても高くオープンレンジはとても広いと言えます。私の方にはポジションがありA,Qオフスーツという強いハンドです。ここはスクイーズするタイミングだと思いませんか。私は$1600へレイズしました。これに対してMID1だけがコールしてきました。

 

フロップ:♥9,♣3,♣9 ポット4062

相手はチェックしてきました。恐らく噛み合わなかったのだろうと思い、オーバーカード2枚とバックドアの私は引き続き$2800をコンティニューエーションベットしました。

相手はフォールドし私がポットを獲得しました。スクイーズ失敗しても強気なプレイを継続すれば、相手はフロップで何もできない限りプレイをするのは難しいと思います。スクイーズはコールされた時ポットが大きくなりますので、フロップ後のポジションは特に大きいと思います。

 

ポーカースターズ

クワッズ

ポーカートーナメントをこなしていくうちにつれて気づいたのですが、相手も私も割とターンでのミスプレイが目立ちます。ターンでのベットが大き過ぎたり、ルーズにコールしてしまったりするためチップを大きく削がれていく傾向があることに気づきました。今度からターンでのプレイは注意していきたいと思います。オンラインポーカーで稼ぐ技術(下)を読んでいるのですが、中々ファイナルテーブルには行き着かず、(上)を何度も読む方が今はいい気がしますね。

 

ポジションの無いフロート

$4.5K保証トーナメント 9人テーブル ブラインド$25/50 ポット129(アンティ6)

プリフロップ:UTG1(私) $4669 ♥K,♣A MID2 $6542

A,Kオフスーツはどこからでもオープンできるほど強いハンドです。ブラインドが低い場合は3BBでオープンすることが多く、これも$150でオープンしました。これに対してMID2は$325へレイズしてきました。スタックがお互いディ―プな時はこれ以上リレイズせずコールに留めるようにしています。私はコールしました。

 

フロップ:♦9,♦T,♠7 ポット779

絡み合いが強いボードで、相手のレンジにヒットしてる可能性は低いためここはベットも有力だと思いますが、私は安く逃げれるチェックを選びました。トーナメントの早い段階ではあまりブラフはしたくないのです。すると相手は$195をベットしてきました。これだけ小さな値を付けられてはオーバーカード2枚ありますので、さすがにコールしないわけにはいきません。ポジションはありませんがフロートすることにしました。

 

ターン:♦5 ポット1169

ターンでも外したのでまたチェックしますと、今度は相手もチェックしてきました。

 

リバー:♣7 ポット1169

♣7では状況は何も変わっていないと思いましたので、弱みを見せている相手に$750をベットし、相手はフォールドしました。

フロップのベット額が$500くらいでしたら、このポットは取れていなかったと思います。

 

ターンでの大き過ぎたレイズ

$4.5K保証トーナメント 9人テーブル ブラインド$50/100 ポット240(アンティ10)

プリフロップ:MID2 $5781 HJ $4790 BTN $4670 BB(私) $10322 ♦Q,♠A

MID2が$220でオープンしますと、HJとBTNがコールしました。悪くないオッズなのでA,Qオフスーツで私もコールしました。

 

フロップ:♣Q,♥9,♠2 ポット1020

トップヒットトプキッカーがヒットし、悪いフロップではありません。多人数参加なのでここはバリューベットを打ちたいところです。私は$750をベットしました。これに対してHJだけがついてきました。

 

ターン:♥T ポット2520

ボードのカードの結びつきを強くし、あまりいいカードではありません。私はチェックしました。すると相手は$700をベットしてきました。

ベットの金額にしては小さいです。誘っていそうにも見え、レイズされたらプレイできるほどのスタックを残したまま逃げる余地を残しているようにも見えます。私は迷いましたが$4620をレイズし、相手へオールインを突きつけました。すると相手はコールしてきました。

 

ショーダウン

相手は♠T,♥Qを開きリバーでは♥6が落ちて相手がポットを獲得しました。

これはミスプレイでした。ターンで♥Tが落ちてどちらが勝っているのか分からなくなり、最初にチェックしたのはいいのですが、以降はポットをできるだけ小さく保ち安くショーダウンする方向でプレイするところだったと思います。

 

クワッズ

$4.5K保証トーナメント 9人テーブル ブラインド$75/150 ポット360(アンティ15)

プリフロップ:SB(私) $3979 ♣J,♣3 BB $2190

ブラインドまでフォールドで回り、私は2.5BBの$375へレイズしました。BBはコールしてきました。

 

フロップ:♠J,♠5,♥J ポット885

Jのトリップスがヒットしました。フラシュドローは見えているもののスタックサイズから考えて、ここは全額勝負したいところです。私はスロープレイでチェックを選びました。相手もチェックしました。

 

ターン:♣4 ポット885

さすがにここでポットを大きくしないわけにはいかないので私は$550をベットしました。すると相手は$1965をレイズオールインしてきました。負けているとしたら相手が55、44くらいですが、ここはコールしないわけにはいきません。

 

ショーダウン

相手は♦8,♦4を開きリバーでは♦Jが落ちてクワッズ(フォーカード)に昇格した私がポットを勝ち取りました。

上手くいったスロープレイだったと思います。逆に考えるとフロップでチェック、ターンでポットを大きくしたがるような適正サイズのベットは要注意ということですね。

 

ポーカースターズ

ガットショットストレートドロー

ポーカーにはバッドビートというのがありますが、最近この負け方は決して悪くないと思うようになりました。なぜなら元々勝っていたのに確率の低い目が出てしまい、逆転されてしまったということで、アクション自体は正しかったということですからね。

今までのポーカーのトーナメントの半分くらいの負けは大体このケースで、チップを大きく失ってしまい、無謀なオールインをせざるを得なるというパターンです。しかし当然逆のケースもありますので、運はやはり大きいと改めて思いました。

ポーカーのトーナメントは長いので、時間を作るのも大変ですが、コツコツ学びながら楽しみやっていこうと思います。

 

ガットショットストレートドロー

$1.5K保証トーナメント 9人テーブル ブラインド$30/60 ポット153(アンティ7)

プリフロップ:MID2(私) $1234 ♣4,♣A SB $8862

A,4スーテッドはブラインドの低い段階ではエクイティのあるハンドで、プリフロップで降ろすよりもむしろフロップを見に行きたいハンドです。私はややショートスタックになってしまいましたが、それでもまだ20BB以上はあるため、標準額の3BBに相当する$180でオープンしました。これに対してSBだけがついてきました。

 

フロップ:♠5,♣J,♥3 ポット483

こういうボードはお互いに噛み合っている可能性が低いため、ポジションが大きくものをいう展開になりやすいです。相手はチェックし、ガットショットストレートドローの私もチェックしてフリーカードを貰いにいきました。

 

ターン:♦5 ポット483

♦5ではお互いに状況は変わっていないと思います。しかし相手は$360をベットしてきました。

どうもブラフの可能性が高いです。私のスタックはオールインで被せるのに丁度いいサイズです。そしてガットショットのエクイティもあるため、ここはオールインが妥当だと思いました。私がオールインすると相手はフォールドしました。

 

フロップ後を上手くプレイできたと思います。私はスタックを少しばかり回復しトーナメントの生き残りに賭けることができました。

 

セカンドヒット

$1.5K保証トーナメント 8人テーブル ブラインド$75/150 ポット385(アンティ20)

プリフロップ:HJ(私) $3191 ♣A,♦T BTN $12233

A,Tオフスーツはハイジャックからオープンするには十分なハンドです。私は$400でオープンしました。これに対してBTNだけがコールしました。BTNはスタックがディ―プで、VPIPが48ととても高いので、広いレンジでオープンしてきてると言えます。

 

フロップ:♣Q,♥5,♠T ポット1185

セカンドヒットトップキッカーですが、相手のレンジは広いため大体勝っていそうです。相手がQやセットを持っていたら仕方のないところですが、私はここで全額ポットへ入れてしまっても構わないと思いました。私はポットの半分の$593をベットし、相手はコールしてきました。

 

ターン:♥7 ポット2371

コールによってほぼ勝っているだろうと思いました。私はここでチェックし、相手にベットを促ながしてみました。すると相手は$1186とポットの半分をベットしてきました。私は予定通り$2198をチェックレイズオールインしました。相手はコールしてきました。

 

ショーダウン

相手は♠8,♥Tをめくりリバーでは♥Jが落ちて、キッカー勝ちの私がポットを獲得しました。

普通ならセカンドヒットでここまでやりませんが、相手のオープンレンジが広いため賭けてみました。

 

ポットオッズという概念

$1.5K保証トーナメント 9人テーブル ブラインド$250/500 ポット1290(アンティ60)

プリフロップ:UTG2(私) $17629 ♣T,♣8 SB $3072

このテーブルはショートスタックが4人もいます。リレイズオールインされる可能性が高いため、アーリーポジションから8,Tスーテッドは降りた方が良かったと思います。しかしここ10ハンドほど手が入らなかった私は$1250でオープンしてしまいました。これに対してSBだけがオールインしてきました。

この状況どうでしょうか。現在ポットの合計は$5612で、コールに必要な額は$2072です。ポットオッズは2072/(5612+2072)≒0.27で大体4回に1回勝てれば見合う計算になります。ハンドでは負けているのではと思いましたが、ポットオッズが悪くないためコールすることにしました。

 

ショーダウン

相手は♦7,♦8を開き、ターンとリバーで♥5,♠2が落ちて私がポットを獲得しました。

 

SBのレンジとして考えられそうなのが下位のペア、上位のスーテッドコネクター辺りでしたが、それでもこれぐらいの勝率はあるのです。多少負けていると思ってもポットオッズが見合っていれば、コールが妥当になりそうです。

 

ポーカースターズ

フロップフラッシュ

ポーカーのトーナメントというのは勝ち残ると時間をくうため、入賞付近間際で脱落したりすると何とも言えない疲労感がありますよね。3~4時間くらい粘って脱落するのと、20分程度で脱落するのでは、賞金が0なら後者の方が消耗が少ない分全然いいです。しかしそれはあくまで結果論で、やっている時は少しでも長く生き延びてやろうと一生懸命やってしまうがポーカーの醍醐味だと思います。

 

フロップフラッシュ

$1.5K保証トーナメント 9人テーブル ブラインド$250/500 ポット1290(アンティ60)

プリフロップ:MID1 $37380 BB(私) $4111 ♥T,♥9

私には8ビッグブラインドしか残されていなく、オールインの機会を伺っていました。MID1が$1500でオープンし、私までフォールドで回りました。ここでオールインも悪くないと思いますが、MID1からのオープンレンジには勝っていそうもないので、ここはコールに留めておいてフロップで何かがヒットしたらオールインしようと思いました。

 

フロップ:♥4,♥Q,♥2 ポット3790

ビンゴです。フロップでフラッシュがヒットしました。ここでやてはいけないのがスーロープレイで、ターンでが落ちると相手のアクションを止めてしまいます。私は予定通り$3111をオールインしました。

この額はポットに比しても丁度いいです。相手はコールしました。

 

ショーダウン

相手は♠A,♦Qを開き、ボードには♦A,♣Jが落ちて私がポットを獲得し、ダブルアップに成功しました。

もしスロープレイして、ターンでが落ちたら恐らく$3790しか獲得できていなかったと思います。

 

トラブル

$1K保証トーナメント 9人テーブル ブラインド$15/30 ポット81(アンティ4)

プリフロップ:MID1 $4441 BTN $2834 SB(私) $2939 ♠J,♥J BB $3042

トーナメント開始から4ハンド目でした。J,Jは見た目はど強くは無く、セットがヒットしなければフロップ後にプレイするのは案外難しいハンドです。MID1が$90でオープン、BTNがコールし、私のアクションの番です。

ポジションが無いためここでスクイーズするのも有効だと思いますが、トーナメントの早い段階でディ―プスタックですので、コールでセットを引きにいくプレイの方が良さそうです。私もコールし、BBもコールし4人でフロップを見にいくことになりました。

 

フロップ:♠7,♠9,♣4 ポット396

4人参加の上いろいろなドローが見えており、セット或いはオーバーペアもありますので、自分が勝っているのか負けているのか全然分かりません。最初にアクションをしなければならない私は、何かしらの情報を得たいためポットの3/4を超える$300をベットしました。これに対してBBがコールし、MID1は$600へミニマムレイズしました。

ミニマムレイズというのは相手についてきてほしいというアクションに思え、嫌な予感はしたのですが額が安いためコールせざるを得ませんでした。これに対してBBは$2982へリレイズオールイン、MID1も$4351へオールインしました。

この手で全額突っ込むのはやり過ぎで、どちらかに負けていればいいので、ポットコミットしていないこの段階では容易にフォールドできます。

 

ショーダウン

MID1は♥A,♣Aを開き、BBは♣9,♣5を開き、ターンとリバーで♣7,♦3が落ちてMID1がポットを獲得しました。

BBは脱落です。私はまだ十分にスタックを残して生き残ることができました。

 

ブラインド対決

$1K保証トーナメント 9人テーブル ブラインド$20/40 ポット105(アンティ6)

プリフロップ:SB(私) $4678 ♥9,♣7 BB $2071

アクションは私のところまでフォールドで回ってきました。9,7オフスーツなんてとても参加に値するハンドではありませんが、ブラインド対決となれば話は変わります。私はこのような状況でハンドに関わらず、よく3BBへレイズします。私は$120へレイズしますとBBはコールしてきました。

 

フロップ:♦K,♥Q,♥K ポット285

全くヒットしていませんが、これだけブロードウェイカードが落ちれば十分なブラフボードとなります。私は$200をベットし、相手はフォールドしました。

 

ポーカースターズ