スマホアプリも使用できます。

初回入金ボーナスは$30分の無料プレイか、最大$600かを選択できます。

フィル・ゴードンのポーカー攻略法

 

フィル・ゴードン(Phil Gordon)

WSOP(ワールドシリーズオブポーカー)4位、WPO(ワールドポーカーツアー)優勝2回を含め、生涯獲得賞金額は230万ドル超えの一流プロです。フルフィルトと契約してた時期もありました。セレブリティ・ポーカー・ショーダウンの司会者も務め、その鋭い洞察力は視聴者を魅了しました。

著者にはフィル・ゴードンのポーカー攻略法入門編、実践編、デジタルポーカーHUDでここまで勝てるがあります。ポーカー攻略法入門編が出た当時は、自分の戦略を包み隠さずオープンしてくれる数少ないプロで、世界的に一般人のポーカースキルを上げてくれた立役者です。

私を含め多くの人がフィル・ゴードンには感謝していることだと思います。

 

入門編 ノーリミットホールデムの戦略

定価:2500円

初版:2010年7月3日

著者:フィル・ゴードン

監修者:百方恵二

訳者:佐藤友香、松山宗彦

ポーカーの基本的な事柄を忠実に述べた教科書的な名著です。多少独自論的なところはありますが、完成されたポーカーの戦術など有り得ませんので十分受け入れられる範疇です。

内容はポーカーの真理から始まり、プリフロップ戦術~リバー戦術、テル(癖)、トーナメント戦略、確率、心理学と、基本的にはライブポーカーを対象とした戦略が多方面に渡って書かれています。

この本の素晴らしいところは、著者が包み隠さず読者の理解を助けてくれるように書かれているため、大変分かりやすいことです。難しい部分もありますが、ポーカー自体が難しいゲームですので、それも当然かと思います。何度も読めば理解できます。基本的には初心者が対象ですが、上級者が読んでも何らかの発見はあると思います。

ゆっくりゆっくり繰り返し読んで、忘れた頃にはまた読んでと一生傍らにおいて置きたい本です。基本っていうものが如何に大切か教えてくれる名著です。

 

実践編 ノーリミットホールデムのレッスンとハンド分析

定価:2500円

初版:2011年2月3日

著者:フィル・ゴードン

監修者:百方恵二

訳者:松山宗彦、若杉美奈子、吉田正憲

この本では入門編で書かれたことを元に著者がプレイされたハンドが考察されています。キャッシュゲーム、トーナメント序盤、中盤、終盤、ファイナルテーブル、シットアンドゴー、サテライト、と章があり、それぞれの場面でプレイされたハンドの仔細が載っています。リアルポーカーもオンラインポーカーも扱われています。

対戦相手にはよく有名プロポーカープレイヤーも出てきますので、そのやり取りや会話などもちょっとしたドラマになっており面白いです。

著者が何を考えどうプレイされたのか分かりますので、同じようなハンドが配られ迷った時は参考になります。同じようなアクションをすれば心強いですからね。

この本の素晴らしいところは、ハンドを復習できるようにそのハンドで出てきた概念が、入門編で説明されているページに照らし合わされていることです。言わば入門編とセットのような感じです。

 

デジタルポーカーHUDでここまで勝てる

定価:2300円

初版:2013年7月3日

著者:フィル・ゴードン

監修者:百方恵二

訳者:松山宗彦

入門編が出てから6年の間にオンラインポーカーが普及して、ポーカーが大きく進化しました。レンジ対レンジという概念が出てきたり、ハイステークスの場はポットリミットオマハが選ばれたり、戦い方が大きく変わったのです。それまではプリフロップができていれば勝てていたのですが、現代ではそうはいかずプリフロップはできて当たり前、勝負はフロップ以降となったのです。

この本ではHUD(ヘッズアップ・ディスプレイ)を使って統計的に相手を分析し、どういうタイプならこういうふうに戦えばいいと、現代のオンラインポーカーの戦い方が書かれています。ノーリミットホールデムは勿論のこと、ポットリミットオマハの戦い方についても書かれています。

ポーカーの神童達(フィルギャルフォンド、アネットオブレスタッド、ダニエルケイツ)が出てきて著者にレスンを与える描写はとても興味深い内容でした。

非常に読み応えがあって私のポーカーレベルでは少し難しい本でした。しかしオンラインポーカーで本当に勝ちたいならそれなりの努力もしなければなりません。この本はその時の教科書に最適だと思います。

コメントは停止中です。