ポーカースターズの様々なトーナメント

記事編集日2018.12.27 記事作成日2017.11.3

ポーカーをリアルマネーでプレイする場合、キャッシュゲームとトーナメントがあります。

キャッシュゲームはそのままキャッシュをバイインしてプレイするもので、トーナメントは定額の料金を払って参加し、チップを賭けてプレイし、参加者の上位のものがプールされたキャッシュを割り当てられるという形になります。

ここではポーカースターズのトーナメントについて説明します。

 

 

トーナメントロビー

トーナメントは開始時刻が決まっており基本的には事前予約という形になります。勿論キャンセルも可能です。

トーナメントロビーはこんな感じになります。

ゲームの種類、バイイン(マイクロ、ロー、ミドル、ハイ)、速度(普通、ターボ、ハイパーターボ、スロー)、タイプ(普通、サテライト、等)で、自分に合ったトーナメントを探し出すためフィルター設定をすることができます。速度とはレベル(ブラインドやアンティ)の上がる上昇速度で、普通が10分毎、ターボが5分毎、ハイパーターボが3分毎、スローが15分毎となっています。

トーナメントによく保証という言葉が出てきますが、これは最低賞金総額のことで、参加者が少なかった場合はポーカースターズ側が最低はこの金額を保証するという意味です。

トーナメントにはいくつかのタイプがありますのでここれ代表的なものを紹介しておきます。

 

Time Tourney

定められた時間にトーナメントは終了し、残ったプレイヤーにチップが割り振られる短期決戦型のトーナメントです。15分、25分、45分で終了するタイプのものがあります。速度はターボで5分毎にブラインドとアンティが上がっていきます。以下例です。

$7.5 NLHE [Time Tourney: 15分] $300保証

バイイン$7.5($6.82がプール、$0.68がレーキ)、最低賞金総額$300、レベル3の15分で終了するトーナメントで、残ったプレイヤーがチップの量に応じて賞金が割り当てられます。

テーブル最大プレイヤーは9人、ターボ型で、開始から5分まで途中参加が認められます。

結局自分が参加した時は55人の参加になり、賞金プールは$375.1までになりました。($37.4 がポーカースターズの利益)

定額バイインで15分で終わるということもあり、プリフロップからのオールインなど、ブラフ含みの過激なプレイが目立ちます。トーナメントというと普通は1時間~2時間くらいは見なければならなく、苦痛といえば苦痛ですが、15分で終わるというのはとても魅力的で緊張感のあるプレイが楽しめます。

レベル3でボタンがリンプしてSBはフォールド、BBの私は5♦8♦で2520をオールインしました。ブラインドスチールを狙ったような弱そうなアクションだったので、フォールドしてくれるかと思いきや、9♥、J♣でコールされ結果は負けてしまいました。24位に終わり、獲得賞金額$0でした。(2017.11.3)

 

保証トーナメント

トーナメントと言えば普通はこのトーナメントを意味し、優勝者が決まるまで長時間を要します。フリーズアウトのもの(負けたら再エントリーできないもの)と再エントリーできるものに分かれており、速度もまちまちです。以下例です。

$5.5 NLHE [6-Max,Hyper-Turbo], $5K保証

バイイン$5.5($5.24がプール、$0.26がレーキ)、最低賞金総額$5000、上位入賞者に賞金額が割り当てられ、アドオンもリバイもないフリーズアウトのものです。

テーブル最大プレイヤーは6人、ハイパー型で、開始から35分まで途中参加が認められます。

結局自分が参加した時は1016人の参加になり、賞金プールは$5323.84までになりました。($264.16 がポーカースターズの利益)

これが賞金になります。

最期はバックドアフラッシュドローを捲くられ負けることになりました。307位に終わり、獲得賞金額$0でした。(2017.11.4)

 

ノックアウトトーナメント

普通の保証トーナメントに加え、相手をとばす毎に所定の金額が貰えるトーナメントです。KOと表記されています。以下例です。

$5.5 NLHE [プログレッシブKO],  $5K保証

バイイン$5.5($2.5がプール、$2.5がバウンティプール、$0.5がレーキ)、最低賞金額$5000、上位入賞者に割り当てられ、アドオンもリバイもありません。

テーブル最大プレイヤーは9人、普通型で、開始から2時間まで途中参加が認められます。

私は1時間を経過した頃にとんでしまいましたが、その時は652人が参加しており、まだ参加するだろうと思われます。

このトーナメントの面白いところは、とばした相手のバウンティの半分がキャッシュとして受け取れ、残りの半分は自分のバウンティに加わるという要素があります。最初のバウンティは$2.5から始まります。

こんな感じで中々演出が派手です。

結果は焦った私がプリフロップでポケット7で、相手のオールインにコールしてしまい、相手のポケットTに負けてしまいました。獲得賞金額$0でした。(2017.11.4)

 

サテライトトーナメント

大きなトーナメントの予選です。大きなトーナメントは参加するのにそれなりのバイインが必要ですが、そのサテライトトーナメントにはより低額で参加でき、それに勝ち残れば大きなトーナメントの参加資格を得ます。以下例です。

Big $82 サテライト:$7.5 NLHE [Hyper-Turbo, Deep], 2席保証

バイイン$7.5($6.95がプール、$0.55がレーキ)、2席保証です。

テーブル最大プレイヤーは9人、ターボ型で、開始から30分まで途中参加が認められます。

この時の最終参加者は28人でプールは$194.6でした。($15.4がポーカースターズの利益)

本戦のバイインは$82ですので$194.6-$82×2=$30.6分は3位以下の上位者に与えられます。

これがエントリー資格と賞金になります。(2018.12.27)

 

ポーカースターズ

コメントを残す