このエントリーをはてなブックマークに追加

スーテッドコネクタのプリフロップの扱い方

今回のテーマはスーテッドコネクタの扱い方になります。

では早速見ていきます。

プレイ、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1(D)(私)9♥8♥

シート2(SB)

シート3(BB)

シート4

シート5

シート6

シート4、5がフォールド、シート6が$0.4でレイズインしてアクションは私に回ってきました。

私はポジションを利用して相手をフォールドさせようとして$1.2へ3ベットしました。

シート2、3はフォールドしてシート6は$3へレイズしました。

シート6の情報はありませんが、ここまでのプレイを見ていますと堅実でタイトなプレイヤーです。

普通に考えれば、上位のペアかA、Kあたりを持っていそうです。

私の方としては取り敢えずはフロップを見てみたいところです。

相手の4ベットに対して私は$1.8をコールしました。

 

フロップ($6.24)10♦J♥、6♣

これは私にとっては悪いフロップではありません。

オープンエンドストレートドローとバックドアフラッシュドローです。

相手は$3.2をベットしてきました。

いよいよ上位のペアかA、K或いはJのセット辺りが濃厚です。

私にとっては決断の難しいところです。

残りは$11.4でここでコールすれば$8.2になってしまいます。

ターンでもベットしてくることを予想すると、それにコールすればほとんど手元に金額は残りません。

フロップでポットを大きくしておいて、狙い通りのストレートドローになってフォールドするわけにもいかず一か八かのセミブラフに勝負を託しました。

私は$6.4でリレイズしました。

相手は間髪入れずにオールインしました。

既にポットコミットしている状態なので$5でオールインコールに応じます。

 

ショーダウン($29.04)

相手はQ♦、Q♣を開きました。

ターンで4♦、リバーで9♠が落ち相手が$27.73を獲得しました。

2013.8.27

 

すごく後悔したプレイです。

ターンかリバーでQか7を引けば勝ちそうですが見事にQがドミネイトされていました。

そしてQ、Qは十分相手のハンドレンジに入っていました。

これによりアウツはたった6枚しかありません。

4倍の法則より勝率は大体24%です。

 

2013.8.27c

Card Playerで見ても勝率は26.77%しかありませんでした。

フロップでのプレイは咎められないと思います。

問題はプリフロップにあった感じがします。

前に2.5BBのレイザーがいた場合は9♥8♥ではコールで、安くフロップをみにいくべきだったと思います。

また$1.2の3ベットも無い手ではなさそうですが、この例のようにリレイズされると非常に困ります。

そしてコールをするとポットが大きくなってしまうため、フォールドがしにくくなってしまいます。

結局はフロップでドローになったとしても、勝率の悪い勝負を強いられることになりそうです。

やはり前のポジションで2.5BBくらいのレイザーがいた場合、スーテッドコネクタで参加するならリレイズよりもコールの方が良さそうです。

 

折角ですので、ドミネイトに関してもう一つ面白い数値をお見せします。

2013.8.27c1

今回の例でプリフロップでオールインした場合のQ♦、Q♣の勝率は78.27%あります。

Q♦、Q♣よりも強いA♦、A♣で見てみます。

2013.8.27c2

なんとたった58.41%しかありません。

これは9♥8♥側がQ絡みのストレートをできにくくしていることを意味します。

ドミネイトされるとA、AよりもQ、Qの方が強くなってしまうところが面白いところです。

やってはいけなかったツーペアのオールイン

こんにちは仗助です。

久しぶりにプレイ日記を更新します。

昨日はJBETポーカーで2~3時間くらい遊びましたが、オールイン勝負で2度も負けてしまいバンクロールを半分も失ってしまいました。

痛かったです。

 

最初のオールインはAKでプリフロップでオールインしたのですが、コールしてきた相手のハンドはAAでした。

フロップ、ターン、リバーでいずれもラグが落ちやはり負けてしまいました。

私のオンラインポーカーのバイブルとも言うべきシークレットキャッシュポイントによればAKはプリフロップオールインハンドと書かれており、「仕方がないのかな」と思いました。

このドミネイトパターンの場合AKがAAに勝つ確率は6.8%しかないそうです。

 

しかし運のいい勝ち方もありました。

アグレッシブなプレイヤーとフロップでオールイン勝負となり相手のカードをみた途端負けたと思いました。

しかしリバーで5♣が落ちて運よくフルハウスになったことです。

この後相手は切断してしまいました。

この気持ちはよくわかります。

 

やてはいけなかったのが以下のプレイです。

ターンで相手の強いベットに対してついオールイン勝負までしてしまいました。

これはやってはいけなかったです。

Q♣A♠でフロップでトップツーペアができて正直「勝った。」と思ってしまいました。

しかしターンでK♥が落ちたのがいけなかったです。

相手が急に強気のベットをしてきて「どうせ勝てるだろう。」と思いついオールインまでしてしまいました。

ターンではもうストレートが見えているのでこれはやってはいけなかったです。

 

絵札2枚のツーペアってとても強く感じてしまいますが、ポーカーは相手より強いか弱いかだけで自分のカードだけで絶対に決まるものではありません。

ストレートやフラッシュが見える状況ではツーペアやスリーカードは決して強いカードではありません。

 

私はなんてバカなのだろうと思いポーカールームを後にしました。

AKでオールイン

今晩は、仗助です。

今日はポーカーの国別強さ比較から見ていきたいと思います。

これを見ると明らかに偏りがあることが分かります。

東南アジア、南米、アフリカなどの発展途上国ほど強く、ヨーロッパやアメリカなどの先進国は以外に強くありません。

解釈しますと発展途上国の人にとってはポーカーは遊びではなく、先進国の人は裕福な分遊びでやりやすいということです。

当然、負けると生活に影響が出やすい発展途上国の人は真剣にやらざるを得ません。

逆に言うと、このように所得を得ているとも言えます。

これはとても有難いデータで、ポーカーはやはり運ではなくスキルによるゲームであることが裏付けられるのではないかと思います。

 

さてプレイ日記ですがようやくプラスの収支が出ました。

大きく勝ったハンド履歴を見てみます。

 

Everest Poker — ハンド詳細
ハンドID: 7749451981
テーブルID: -174096032
プレーモード: リアルマネー
テーブル名: Karun-8
ゲームのタイプ: ホールデム
ブラインド: 0.03/0.05
ステークス: 0.03/0.05
貨幣:
開始日: 2012-09-11 GMT
開始時間: 14:52:57 GMT

座席の配置:

ninelandは1に5.09を持って着席しています。
CoffeBreakは2に5.92を持って着席しています。
texsas1955は3に8.19を持って着席しています。
Paapyyは4に5.92を持って着席しています。
jyousukeは5に4.11を持って着席しています。
agentkaは6に5.00を持って着席しています。

ブラインドを置く:

ボタンは3にあります。
Paapyyは0.03のスモールブラインドを置きます。
jyousukeは0.05のビッグブラインドを置きます。

ポケットカードをディールする:

nineland: — —
CoffeBreak: — —
texsas1955: — —
Paapyy: — —
jyousuke: Kc Ah
agentka: — —

プレフロップ:
agentkaは0.18レイズします
ninelandはフォールドします
CoffeBreakはフォールドします
texsas1955は0.18をコールします
Paapyyはフォールドします
jyousukeは4.06レイズします
agentkaはフォールドします
texsas1955は3.93をコールします

フロップ (4s 9c 4d 5h 3h):

ショーダウン:
jyousukeはKc Ahを見せます
jyousukeは4s 4d 9c Kc Ahを持っています: ペア
texsas1955はKh Jhを見せます
texsas1955は4s 4d 9c Jh Khを持っています: ペア

ポット概略:
ポット合計: 8.43
jyousukeは7.87獲得しました
ハウスレーキ: 0.56

 

最初の2枚のカードはKc Ah だったので、プリフロップの段階で3ベットでいきなりオールインから入りました。

突っ込んできたプレイヤーがいました。

Kh Jhのワンギャップスーテッドコネクターです。

しかしシークレットキャッシュポイントによればこれはオールインするカードではありません。

見事にKもドミネイトしています。

ショーダウンでコミュニティーカードが4s 9c 4d 5h 3hで勝つことができました^^

相手はどうもFishだったみたいです。

やたらと参加率が高く、アグレッシブにプレイしていましたがやはりダメだったみたいです。

私の方はシークレットキャッシュポイントに基づいてタイトにプレイして良かったと思います。

ちなみにプリフロップ勝率表によれば、ドミネイトでは優勢な側が72%勝つようです。

今日の収支は$+3.27でした。

今週はもう少しシークレットキャッシュポイントを学びながらプレイし、来週あたりからは2面でやってみたいと思っています。