このエントリーをはてなブックマークに追加

やってはいけなかったツーペアのオールイン

こんにちは仗助です。

久しぶりにプレイ日記を更新します。

昨日はJBETポーカーで2~3時間くらい遊びましたが、オールイン勝負で2度も負けてしまいバンクロールを半分も失ってしまいました。

痛かったです。

 

最初のオールインはAKでプリフロップでオールインしたのですが、コールしてきた相手のハンドはAAでした。

フロップ、ターン、リバーでいずれもラグが落ちやはり負けてしまいました。

私のオンラインポーカーのバイブルとも言うべきシークレットキャッシュポイントによればAKはプリフロップオールインハンドと書かれており、「仕方がないのかな」と思いました。

このドミネイトパターンの場合AKがAAに勝つ確率は6.8%しかないそうです。

 

しかし運のいい勝ち方もありました。

アグレッシブなプレイヤーとフロップでオールイン勝負となり相手のカードをみた途端負けたと思いました。

しかしリバーで5♣が落ちて運よくフルハウスになったことです。

この後相手は切断してしまいました。

この気持ちはよくわかります。

 

やてはいけなかったのが以下のプレイです。

ターンで相手の強いベットに対してついオールイン勝負までしてしまいました。

これはやってはいけなかったです。

Q♣A♠でフロップでトップツーペアができて正直「勝った。」と思ってしまいました。

しかしターンでK♥が落ちたのがいけなかったです。

相手が急に強気のベットをしてきて「どうせ勝てるだろう。」と思いついオールインまでしてしまいました。

ターンではもうストレートが見えているのでこれはやってはいけなかったです。

 

絵札2枚のツーペアってとても強く感じてしまいますが、ポーカーは相手より強いか弱いかだけで自分のカードだけで絶対に決まるものではありません。

ストレートやフラッシュが見える状況ではツーペアやスリーカードは決して強いカードではありません。

 

私はなんてバカなのだろうと思いポーカールームを後にしました。

コメントを残す