ポーカースターズの違法性と危険性

ポーカースターズをはじめとしたオンラインポーカーで、リアルマネーでプレイすることの違法性と危険性について話します。

日本でポーカーをリアルマネーでプレイするのは勿論違法で、刑法第185条(単純賭博罪に関して)もしくは刑法第186条(常習賭博罪と賭博開帳図利罪に関して)に該当すると思われます。そして逮捕するに当たっては、必ず胴元とユーザーの両方を逮捕しなければいけません。これは賭博行為は一人では行えず必ず胴元が存在するという、必要的共犯(対向犯)という考え方から成立します。

例えば去年の5月11日、警察庁は東京都千代田区のオフィス街でポーカー賭博場を開いたとして、経営者の菅野孝幸容疑者と従業員の男女3人を賭博開張図利容疑で、店内にいた客13人を単純賭博容疑で現行犯逮捕しました。

この例からも分かるように、胴元も賭博をする者も日本にいることが前提となっています。でなければ日本の法律が適用できないからです。しかしポーカースターズのサイトはマルタで運営されています。

 

ポーカースターズサイトの下の方にこのように記載されています。

マルタは地中海のシチリア島南端に位置する島国のミニ国家で、ポーカースターズをはじめとしたリモートギャンブリングが公認されています。そこでマルタ当局の規制を受けながらライセンスを取得して運営しています。

 

これがライセンス証明書です。

つまりポーカースターズはマルタで違法に運営しているわけではなく、ただ日本政府の管轄外なだけです。

さて本題の日本人がこのサイトを利用してリアルマネーポーカーをするのは違法にあたるかですが、海外にサーバーがある以上必要的共犯(対向犯)は成立しません。そもそも同じ賭博罪でも賭博開帳図利罪(胴元)の方が重罪であって、単純賭博罪(ユーザー)は賭博を開帳したものを検挙するための付随的なものでしかありません。つまり胴元の逮捕無く、ユーザーだけ逮捕するわけにはいかないのです。これが現状の日本の法律です。

刑法は改正されてきたとは言え、元々1907年(明治40年)に定められ翌年施行されたものですので、この頃は当然インターネットなど無く、胴元が海外サーバーということは想定できなかったことは容易に想像できます。現在もこの点にはまだ着手していなく、2021.5.24時点ではまだ法の網をかいくぐれています。少なくともポーカースターズでプレイした者の逮捕者は出てきていません。

 

2013年衆議院の質問答弁にて、自宅でプレイするオンラインカジノでも違法なのではないかという質問がなされました。以下質問と回答です。

賭博罪及び富くじ罪に関する質問主意書の一部:国内の自宅からインターネットを通じて海外のカジノに参加する場合であっても刑法第185条の賭博罪に該当するという理解でよいか。

政府の回答:犯罪の成否については捜査機関が収集した証拠に基づいて個々に判断するべき事柄であることから、政府としてお答えすることは差し控えるが、一般論としては賭博行為の一部が日本で行われた場合、刑法第185条の賭博罪が成立するものと考えれれる。

 

オンラインゲーミングとしてポーカースターズもオンラインカジノと同類です。そして政府はそれをすることは一般論的にはダメと言っています。しかしダメとは言うものの法的に確固たる根拠が無く、各々がPCやスマホでやるのを検挙する以前に把握すること自体が困難です。

ポーカースターズでリアルマネープレイをする行為は賭博に何ら変わらないので常識的にはダメですが、法律による規制は無いため違法ということは無く、やりたい人はやっているというのが現状です。言うなればグレーゾーンです。そして多くのユーザーはポーカー好き或いはポーカーに興味を持った者で、お金を賭けたやり取りの裏には、ポーカーのスキルアップを目的とした者が多いです。賭博罪はダメとは言え、ポーカーの性質上リアルマネーでプレイしなければ上達しないのも確かです。自分も相手も本気度が全然違うからです。

危険性に関してですがポーカースターズをやることは違法ではないが、見つかった場合個人的には逮捕はされないものの、略式起訴(起訴されないかわりに100万円以下の罰金)になってもおかしくはないと思います。賭博行為には変わりがないからです。

ポーカースターズのサイトそのものに関しては、世界各国で6500万人以上のユーザー数を抱えており、セキュリティもしっかりしていますので、個人情報の漏洩や入出金のトラブルといったものはありません。また入金した以上の金ではプレイできませんので、負けが込んで借金を作って取り立てられるということもありません。

ポーカースターズは日本で利用できるサービスですが、グレーゾーンですのでやる以上は自己責任でお願いします。

 

ポーカースターズ

コメントは停止中です。