このエントリーをはてなブックマークに追加

ポーカースターズの様々なトーナメント

ポーカーをリアルマネーでプレイする場合、キャッシュゲームとトーナメントがあります。

キャッシュゲームはそのままキャッシュをバイインしてプレイするもので、トーナメントは定額の料金でチップを購入して、参加者で上位のものがプールされたキャッシュを割り当てられるという形になります。

ここではポーカースターズのトーナメントについて説明します。

 

トーナメントは開始時刻が決まっており基本的には事前予約という形になります。

こんな感じになります。

ゲームの種類、バイイン、速度、タイプ(普通、サテライト、等)で、自分に合ったトーナメントを探し出すためフィルター設定をすることができます。

毎日物凄い数のトーナメントが開催されております。

その中でいくつか紹介しておきます。

 

$7.5 NLHE [Time Tourney: 15分] $300保証

バイイン$7.5($6.82がプール、$0.68がレーキ)、最低賞金総額$300、レベル3の15分で終了するトーナメントで、残ったプレイヤーがチップの量に応じて賞金が割り当てられます。

テーブル最大プレイヤーは9人、ターボ型で、開始から5分まで途中参加が認められます。

結局自分が参加した時は55人の参加になり、賞金プールは$37.51までになりました。

定額バイインで15分で終わるということもあり、プリフロップからのオールインなど、ブラフ含みの過激なプレイが目立ちます。トーナメントというと普通は1時間~2時間くらいは見なければならなく、苦痛といえば苦痛ですが、15分で終わるというのはとても魅力的で緊張感のあるプレイが楽しめます。

 

レベル3でボタンがリンプしてSBはフォールド、BBの私は5♦8♦で2520をオールインしました。ブラインドスチールを狙ったような弱そうなアクションだったので、フォールドしてくれるかと思いきや、9♥、J♣でコールされ結果は負けてしまいました。24位に終わり、獲得賞金額$0でした。(2017.11.3)

 

$5.5 NLHE [6-Max,Hyper-Turbo], $5K保証

バイイン$5.5($5.24がプール、$0.26がレーキ)、最低賞金総額$5000、上位入賞者に賞金額が割り当てられ、アドオンもリバイもありません。

テーブル最大プレイヤーは6人、ハイパー型で、開始から35分まで途中参加が認められます。

結局自分が参加した時は1016人の参加になり、賞金プールは$5323.84までになりました。

これが賞金になります。

 

最期はバックドアフラッシュドローを捲くられ負けることになりました。307位に終わり、獲得賞金額$0でした。(2017.11.4)

 

$5.5 NLHE [プログレッシブKO],  $5K保証

バイイン$5.5($2.5がプール、$2.5がバウンティプール、$0.5がレーキ)、最低賞金額$5000、上位入賞者に割り当てられ、アドオンもリバイもありません。

テーブル最大プレイヤーは9人、普通型で、開始から2時間まで途中参加が認められます。

私は1時間を経過した頃にとんでしまいましたが、その時は652人が参加しており、まだ参加するだろうと思われます。

このトーナメントの面白いところは、とばした相手のバウンティの半分がキャッシュとして受け取れ、残りの半分は自分のバウンティに加わるという要素があります。最初のバウンティは$2.5から始まります。

 

こんな感じで中々演出が派手です。

結果は焦った私がプリフロップでポケット7で、相手のオールインにコールしてしまい、相手のポケットTに負けてしまいました。獲得賞金額$0でした。(2017.11.4)

コメントを残す