このエントリーをはてなブックマークに追加

ポーカースターズの様々なトーナメント

ポーカーをリアルマネーでプレイする場合、キャッシュゲームとトーナメントがあります。

キャッシュゲームはそのままキャッシュをバイインしてプレイするもので、トーナメントは定額の料金でチップを購入して、参加者で上位のものがプールされたキャッシュを割り当てられるという形になります。

ここではポーカースターズのトーナメントについて説明します。

 

トーナメントは開始時刻が決まっており基本的には事前予約という形になります。

こんな感じになります。

ゲームの種類、バイイン、速度、タイプ(普通、サテライト、等)で、自分に合ったトーナメントを探し出すためフィルター設定をすることができます。

毎日物凄い数のトーナメントが開催されております。

その中でいくつか紹介しておきます。

 

$7.5 NLHE [Time Tourney: 15分] $300保証

バイイン$7.5($6.82がプール、$0.68がレーキ)、最低賞金総額$300、レベル3の15分で終了するトーナメントで、残ったプレイヤーがチップの量に応じて賞金が割り当てられます。

テーブル最大プレイヤーは9人、ターボ型で、開始から5分まで途中参加が認められます。

結局自分が参加した時は55人の参加になり、賞金プールは$37.51までになりました。

定額バイインで15分で終わるということもあり、プリフロップからのオールインなど、ブラフ含みの過激なプレイが目立ちます。トーナメントというと普通は1時間~2時間くらいは見なければならなく、苦痛といえば苦痛ですが、15分で終わるというのはとても魅力的で緊張感のあるプレイが楽しめます。

 

レベル3でボタンがリンプしてSBはフォールド、BBの私は5♦8♦で2520をオールインしました。ブラインドスチールを狙ったような弱そうなアクションだったので、フォールドしてくれるかと思いきや、9♥、J♣でコールされ結果は負けてしまいました。24位に終わり、獲得賞金額$0でした。(2017.11.3)

 

$5.5 NLHE [6-Max,Hyper-Turbo], $5K保証

バイイン$5.5($5.24がプール、$0.26がレーキ)、最低賞金総額$5000、上位入賞者に賞金額が割り当てられ、アドオンもリバイもありません。

テーブル最大プレイヤーは6人、ハイパー型で、開始から35分まで途中参加が認められます。

結局自分が参加した時は1016人の参加になり、賞金プールは$5323.84までになりました。

これが賞金になります。

 

最期はバックドアフラッシュドローを捲くられ負けることになりました。307位に終わり、獲得賞金額$0でした。(2017.11.4)

 

$5.5 NLHE [プログレッシブKO],  $5K保証

バイイン$5.5($2.5がプール、$2.5がバウンティプール、$0.5がレーキ)、最低賞金額$5000、上位入賞者に割り当てられ、アドオンもリバイもありません。

テーブル最大プレイヤーは9人、普通型で、開始から2時間まで途中参加が認められます。

私は1時間を経過した頃にとんでしまいましたが、その時は652人が参加しており、まだ参加するだろうと思われます。

このトーナメントの面白いところは、とばした相手のバウンティの半分がキャッシュとして受け取れ、残りの半分は自分のバウンティに加わるという要素があります。最初のバウンティは$2.5から始まります。

 

こんな感じで中々演出が派手です。

結果は焦った私がプリフロップでポケット7で、相手のオールインにコールしてしまい、相手のポケットTに負けてしまいました。獲得賞金額$0でした。(2017.11.4)

MicroMillioms

ポーカースターズでMicroMilliomsというトーナメントが開催されています。

1日に2時間おきくらいに毎日開催されています。

これは小額バイイン参加できる、数万ドル保証のトーナメントになります。

バイインも賞金も様々です。

3月25日までの期間限定トーナメントなので試してみて下さい。

トーナメント、全てを選び、検索窓にMicroMilliomsと入力するとでできます。

 

私も今日試してみました。

バイインが$5.5で$40000保証のトーナメントに参加しました。

リバイもアドオンもなしで途中参加は開始2時間まで認められます。

ちなみに以前にも書きましたが、この画面はプレイの進行状況がリアルタイム分かりますのでとても便利です。

 

ブラインドも時間の経過と共に上がっていき、途中からアンティも支払わねばならないのがトーナメント特有の厳しいところです。

トーナメントは途中からスチールも重要になってきます。

 

最初はブラインドも低額なので、リングゲームの感覚でタイトにプレイして好調でした。

 

凄いプレイも観られました。

フラッシュドローでフロップでオールインし、ポケットAがそれにコールし、リバーで見事にフラッシュを引き当てたシーンです。

 

1時間毎に5分くらいの休憩があります。

私は2回の休憩を挟み2時間15分くらいはプレイしたのですが、2回大きなミスを犯してしまいチップを全部失ってしまいました。

1回目のミスです。

Q♦、K♠でプリフロップで、相手のオールインにコールしてしまったら相手はA♠、K♥でした。

リングゲームならやらないプレイなのですが、バイインとアンティが上がってきてたのと、相手より倍以上のチップが残っていたのでついやってしまいました。

 

そして同じミスを繰り返し、チップが無くなってしまいました。

 

時間と共にバイインとアンティが上がっていくので、結構切迫感がありますがいくらなんでも少し慌て過ぎでした。

結局5000位くらいでしたが、この段階ではもう少しタイトにプレイするべきでした。

また今度挑戦しようと思います。

トーナメントはリングゲームとはまた違った味があります。

ポーカースターズで試してみて下さい。

ポーカースターズの代表的なトーナメント紹介

ポーカースターズには無料から有料まで様々なトーナメントが毎日開催されています。

FPPを使って参加できるものもあります。

トーナメントは勝ち抜き制でテーブルがどんどん合流していきます。

ステークスやアンティも時間と共に上がっていきます。

また時間設定していない方は日本時間に合わせると分かりやすくなります。

お好みのトーナメントだけ表示させるには、トーナメントフィルターで設定するといいです。

 

ここではポーカースターズの代表的なトーナメントについて幾つか説明しようと思います。

 

フリーロール

フリーロールは無料で参加できる賞金の掛かったトーナメントで大変人気があります。

トーナメントフィルターの設定を以下のように調節すればフリーロールのトーナメントだけが表示されます。

入金ボーナスで一ヶ月間有効となる$100k Privilege Freerollもあります。

トーナメント初心者の方はまずはフリーロールで慣れて下さい。

 

サテライト

保証賞金の出る高額賞金トーナメント(Gtd)への参加権を掛けたトーナメントです。

有料ですがGtdへ参加するよりは大分安くなります。

しかしその分勝ち抜かなければなりません。

Gtdの参加権が$200だとすれば、そのサテライトの参加総額が$200になれば1チケットが発行されます。

$400になれば2チケットが発行され勝ち残った2名に与えられます。

$440になれば2チケットが発行され上位2名に与えられ$40は3着の者に与えられます。

これもやはりトーナメントフィルターにより設定することができます。

 

Gtd(Guaranteed)

保証トーナメントです。

中には$100万保証といった超高額のトーナメントもあります。

 

トーナメントに参加する時に絶対に確認しておきたい点があります。

それはスタートチップ、ブラインド・アンティが上がっていく時間の間隔、リバイの有無、アドオンの有無、何位まで入賞できるかです。

これはトーナメント情報のところで必ず確認しておいて下さい。

 

The Bigger $11 $120K Gtdを例にとってみます。

The Bigger $11 $120K Gtdをクリックします。

 

バイイン$10+$1というのは、このトーナメントの参加料は$11という意味で、内わけは$10が賞金ポット、$1がポーカースターズへの手数料ということになります。

現在の登録プレイヤー数もここで確認できます。

このトーナメントにはサテライトもあり、そちらで予選を勝ち抜いて参加権を得ることもできます。

その場合はサテライトへ行って登録して下さい。

直接登録しようと思うなら、まずはトーナメント情報をクリックして下さい。

 

ここでトーナメントの詳細な情報が確認できます。

スタートチップは3000、ブラインドとアンティは12分毎に上がっていくのが分かります。

参加人数によって入賞順位と賞金配分も異なりますがそれも確認できます。

またこのトーナメントはリバイとアドオンがないというのも分かるかと思います。

確認しましたら一つ前の画面に戻って登録をクリックします。

 

OKをクリックしましたら登録が終了になります。

 

 

トーナメントは全て参加受付中でしたらキャンセルすることもできます。

その場合は登録を取り消すをクリックして下さい。

 

参加料は全額返金されます。

 

最後にリバイアドオンについて説明します。

リバイとはトーナメントの途中でチップを買うことです。

アドオンとはリバイ可能な時間が過ぎた後、もう一回チップを勝ってトーナメントに参加することです。

リバイとアドオンに関してはトーナメントによって可能な回数が異なります。

こんな感じで記載されます。