このエントリーをはてなブックマークに追加

ポーカースターズのZoom

ポーカースターズのZoomについて説明します。

Zoomとはフォールドすると、すぐに違う相手で新しいゲームが始まるテーブになります。

ポーカースターズのZooomにはホールデムとオマハ、その他があります。

ホールデムはノーリミットとリミットがあります。

オマハはオマハとオマハハイローがあります。

その他は5カードドローがあります。

 

自分のアクションがくる前にフォールドすることもできるため、いいハンドがくるまでゲームを先送りすることができるのが特徴です。ポジションも上手い具合に一周してくれます。中々面白いです。

但し相手が毎回変わるため、相手の癖を見抜けないのが弱点になります。

ポーカースターズではノーリミットホールデムとオマハのZoomが人気です。

個人的には普通のテーブルで2面で指す方が好みですが、1面でプレイしたい方にはZoomはいいのかもしれません。

ポーカースターズのバドージ

バドージについて説明します。

ポーカースターズでは、その他のバドージよりプレイできます。

 

バドージは4枚でプレイするローポーカーで、異なるスーツで異なる数字を揃え、一番大きな数字から数の小ささを競うゲームです。

Aはローカードとして扱われ、ストレートは考慮されません。

4、3、2、A(それぞれ異なるスーツ)がベストハンドになります。

7、5、2、A(それぞれ異なるスーツ)と8、4、2、A(それぞれ異なるスーツ)では前者が勝ちになります。

7、5、2、A(それぞれ異なるスーツ)と7、4、3、A(それぞれ異なるスーツ)では後者が勝ちになります。

 

4枚の異なるスーツで異なる数字が揃わなかった場合は3枚のカードの勝負となります。

この場合はどんなに強くても、4枚で異なるスーツで異なる数字の組み合わせには負けます。

7♠、6♥4♥、2♣なら7、4、2で「スリーカードの7」になります。

7♣、5♦、4♣、2♥なら5、4、2で「スリーカードの5」になり「スリーカードの7」よりかは強いです。

 

2♠、2♥、A♣、A♠なら2、Aで「ツーカードのデュース」になり、ツーカードの中では最強ですがどんなスリーカードにも負けてしまいます。

 

ポーカースターズでは少数派になりますが、バドージをプレイしている方もいます。

ポーカースターズのミックスゲーム

ポーカースターズのミックスゲームについて説明します。

ミックスゲームはその他のカテゴリーより選ぶことができます。

8-ゲーム、HORSE、ホールデム/オマハ、トリプルスタッドがあります。

 

まずは8-ゲームから説明します。

8-ゲームは6人でプレイするゲームで、リミット2-7トリプルドロー、リミットホールデム、リミットオマハ エイト・オア・ベター(ハイ/ロー)、ラズ、リミットセブンカードスタッド、リミットスタッド エイト・オア・ベター(ハイ/ロー)、ノーリミットホールデム、ポットリミットオマハをこの順に6ハンドずつ交互にプレイするゲームです。ノーリミットとリミットが混合しているのが特徴です。

8種類のポーカーを覚えなければならなく、まるでトライアスロンのようです。

ポーカースターズではそれほどプレイヤー数が多くありませんが、それでもぼちぼちプレイされています。

 

次はHORSEです。

HORSEはHoldem (ホールデム)、Omaha (オマハ)、Razz (ラズ)、Seven Card Stud (セブンカードスタッド)、Seven Card Stud Eight or Better (セブンカードスタッド エイトオアベター)の頭文字をとったもので、この順に8ハンドずつプレイします。かなりのポーカースキルを要求されるもので、ポーカースターズではあまりプレイする人を見かけません。

 

ホールデム/オマハはホールデムとオマハを6人用のテーブルなら6ハンドずつ、9人用のテーブルなら9ハンドずつ交互にプレイします。ポーカースターズは、プレイマネー(フリーチップ)を使ったテーブルでしかプレイされていませんでした。

 

トリプルスタッドに関してはスタッドをご参照下さい。

ポーカースターズのスタッド

ポーカースターズのスタッドについて説明します。

スタッドとは、各プレーヤーが伏せたカードを受け取り、残りは表向きにして配られるポーカーです。

ポーカースターズのスタッドには7カードスタッド、7カードスタッドハイロー、ラズ、トリプルスタッドがあります。

 

 

7カードスタッドについてはセブンカード・スタッドのルール で説明しましたのでそちらをご参照下さい。

JBETポーカーではほとんどプレイする人を見かけませんでしたが、ポーカースターズでは結構プレイヤー数がいます。

ハイステークスでもプレイされていますので、7カードスタッドを楽しもうという方にもポーカースターズはおすすめです。

 

 

次に7カードスタッドハイローについて説明します。

7カードスタッドハイローは基本的には7カードスタッドと同じですが、違うところはハイとローの勝者がいてそれぞれポットを分け合う形になります。

ハイの部分は7カードスタッドと一緒です。普通に強い役を揃えた人が勝ちとなります。

ローの部分はローハンドで一番強いカードを揃えた人が勝ちとなります。

但しローは8以下の5枚のカードを揃えなければいけません。

Aは2の下にくるローカード扱いとなります。

同じ数字ならそれは1枚分にしかみなされません。

この条件が満たなければローの勝者はいません。

ストレートとフラッシュは考えません。

ローは5枚のカードの一番高い数字を比べていき同じなら次に高い数字カードと順々に比べていきます。

つまり一番強いローハンドは5、4、3、2、Aとなります。

7、6、4、3、Aと7、5、4、3、2なら後者がローの勝者となります。

ポーカースターズでも7カードスタッドに比べると、それほどプレイヤー数はいません。

それだけ難しくマイナーな部類に属します。

しかし、7カードスタッドと7カードスタッドハイローはプレイマネー(フリーチップ)では結構プレイされている方が多いです。

今後流行ってくる予感はしますが、まだ皆試されてるといった感じです。

 

 

ラズは7カードスタッドのローハンドを競うポーカーです。

7カードスタッドハイローのローの部分です。

別の見方をすると7カードスタッドとラズを掛け合わせたものが、7カードスタッドハイローと見なすこともできます。

ラズはスタッドの中でもかなりマイナーな部類で、ポーカースターズでもプレイされている方はかなり少ないです。

 

 

最後にトリプルスタッドですがこれはミックスゲームになります。

7カードスタッド、ラズ、7カードスタッドハイローをこの順で8ハンドずつ交互にプレイすることになります。

これはポーカースターズでもプレイされている方はほとんど見かけません。

ポーカースターズのドローゲーム

今回はポーカースターズのドローゲームについて説明します。

ポーカースターズのドローゲームは5カードドロー、2-7トリプルドロー、2-7シングルドローがあり、その他のドローから選ぶことができます。

 

まずは5カードドローから説明します。

5カードドローは日本の5カードポーカーに当たります。

テキサスホールデムが世界ではメジャーとは言え、5カードポーカーも人気があり、ポーカースターズでもローステークスではテーブルが立っています。

SBとBBを置いた後プレイヤーにそれぞれ5枚ずつカードを配り、最初のベッティングラウンドが始まります。

その後いらないカードを好きな枚数分交換します。(全部必要なカードなら交換する必要はありません。)

その後に2回目のベッティングラウンドが始まり、最後にショーダウンとなります。

日本人にとってはテキサスホールデムよりかは馴染みがあると思います。

 

 

次に2-7トリプルドローについて説明します。

2-7トリプルドローは少し変わったルールで、ローゲームになります。

Aはハイカード扱いで一番低い役を競うゲームです。

AはハイカードよりA,2,3,4,5のストレートはありません。

一番強い役は2,3,4,5,7になります。

ドローというのはカードを交換するという意味で、トリプルドローとはカードを3回交換するということになります。

 

SBとBBを置いた後プレイヤーにそれぞれ5枚ずつカードを配り、最初のベッティングラウンドが始まります。

その後いらないカードを好きな枚数分交換します。(全部必要なカードなら交換する必要はありません。)

そして2回目のベッティングラウンドが始まります。

その後更にいらないカードを好きな枚数分交換します。(全部必要なカードなら交換する必要はありません。)

そして3回目のベッティングラウンドが始まります。

その後最後にいらないカードを好きな枚数分交換します。(全部必要なカードなら交換する必要はありません。)

そして最後のベッティングラウンドが始まりショーダウンとなります。

 

 

最後に2-7シングルドローですが、これは2-7トリプルドローの3回のドロー(カード交換)が1回になっただけで、後は一緒です。

ポーカースターズのオマハの説明

ポーカースターズのオマハについて説明します。

オマハはオマハオマハハイ・ローがあります。

プレイマネーというのが無料ゲームのことで、オマハとオマハハイ・ローをフリーチップでプレイすることができます。

見方は基本的にはテキサスホールデムと一緒です。

ただオマハのプレイヤーはテキサスホールデムのプレイヤーよりは大分少ないです。

オマハハイ・ローに関してはさらに少なくなります。

とは言うもののどこのポーカールームよりもプレイヤーは多いです。

オマハのプレイヤーにとってもポーカースターズは利用しやすい環境です。

リミット、ノーリミット、ポットリミットホールデムの違い

テキサスホールデムの中には大きく分けてリミットホールデム、ノーリミットホールデム、ポットリミットホールデムの3種類に分けることができます。

ポーカースターズのテキサスホールデムもこの3種類なのは前回書いた通りです。

テキサスホールデムのルールに関しましては初心者でも分かるテキサスホールデムのルールをご参照下さい。

今回はこの3つのルールについて分かりやすく解説します。

一言で済ませてしまえばベットできる金額の上限が異なるということになります。

 

まずはノーリミットですが、この場合は自分のアクションが回ってきた時、テーブルに持ち込んだ金額を上限に好きな額をベットすることができます。

nolimit

allin

その気になれば全額ベット(オールイン)することもできます。

 

一方、リミットホールデムですがこれはベットできる単位が決まっています。

プリフロップ、フロップはビッグブラインド、ターン、リバーは2ビッグブラインドの単位でしかベットできません。

しかも1ラウンドでレイズできる回数も決まっていて3回までです。

4回目にはフォールドかコールの選択しかありません。

ステークスが$0.1/0.25のテーブルです。

リバーのベッティングラウンドですから2ビッグブラインドの$0.5の単位でベットしています。

尚画面上部の$0.25/$0.5というのは$0.25が前半(プリフロップとフロップ)のベット単位、$0.5が後半(ターンとリバー)のベット単位となります。

 

最後にポットリミットですがこれはベットできる上限が、自分がコールする金額+コールした後のポット分の金額が上限となります。

例えば今pich420さんのアクションの番ですが、ベットできる範囲は$0.5(コール)~$2.75(コール$0.5の分+コール後のポット相当$2.25の分)となります。

尚画面上部の$0.1/$0.25というのはステークスになります。これはノーリミットも一緒でリミットのベット単位とは異なりますので勘違いしないで下さい。

 

一番プレイヤー数が多いのがノーリミットで、次がリミット、小数派に当たるのがポットリミットです。

リミットホールデムはポットがある一定以上は大きくならないので、ノーリミットよりかはプレイのアグレッシブ度が増すと思います。

ポットリミットは大体その中間ぐらいだと思います。

ルールに応じた最適なプレイを身に付けて下さい。

ポーカースターズのホールデムゲームの説明

ポーカースターズのホールデムゲームにはリミット、ノーリミット、ポットリミット、プレイマネーがあります。

ホールデムのルールに関しては、初心者でも分かるテキサスホールデムのルールを参考にして下さい。

 

プレイマネーというのがフリーゲームになり、リミット、ノーリミット、ポットリミットの中から選ぶことができます。

ステークスというのがスモールブラインド(左の数字)とビッグブラインド(右の数字)ということです。

タイプで何も書かれていないテーブルが9人掛け、が6人掛け、が2人掛けということになります。

バイインはテーブルに持ち込めるフリーチップの範囲になります。

テーブルというのはそのゲームのテーブル数になります。

好みのタイプを選び黒く反転させると右側にその詳細な情報が出てきます。

右上のテーブルというのがテーブル名、着というのがそのテーブルに着席してプレイしている人数、待機というのがそのテーブルの席が空くのを待っている人数です。

その中からテーブルを選び黒く反転させるとさらにそのテーブルの詳細な情報が右下に現れます。

プレイヤーというのがプレイヤー名、ロケーションというのがプレイヤーの出身地、チップというのがそのプレイヤーの持っているフリーチップ数になります。

ここでプレイするテーブルとシートを選ぶことになります。

 

リミット、ノーリミット、ポットリミットというのがリアルマネープレイになります。

それぞれステークスはハイ、中、ロー、マイクロの中から選ぶことができます。

テーブルというのがテーブル名、ステークスというのがスモールブラインド(左の数字)とビッグブラインド(右の数字)になります。

タイプで何も書かれていないテーブルが9人掛け、が6人掛け、が2人掛けということになります。

と出ているのが通貨がユーロということになります。

CAPやDeep Anteに関しましてはポーカースターズのステークスをご参照下さい。

着席というのがそのテーブルに着席してプレイしている人数、待機というのがそのテーブルの席が空くのを待っている人数です。

平均ポットというのがそのテーブルのゲームの平均ポット額、フロップというのがフロップの参加率、時間というのが1時間当たりのハンド数になります。

テーブルを反転させるとそのテーブルのプレイヤーの出身地とチップの情報が出てきます。

 

ポーカースターズはさすがに世界最大のポーカールームだけあって、やりたいステークスとテーブルで相手不足に困るということはありません。

ここら辺がエベレストポーカーやJBETポーカーとは違うところです。