このエントリーをはてなブックマークに追加

相手のベットの意味を見抜いたオールイン勝負

ホールデム ノーリミット ($0.05/$0.10 USD)

プリフロップ($0.15)

シート1

シート2

シート3(私)5♠、5♣

シート4

シート5(SB)

シート6(BB)

シート1が$0.3へレイズし、シート2がフォールドしてアクションは私に回ってきます。

私はこのハンドではフロップを見てセットを作りたいため$0.3をコールしました。

シート4はフォールドしシート5は$0.9へ3ベットレイズしました。

シート6は$0.9へコールし、シート1はフォールドしてアクションは私に戻ってきます。

ここでフォールドするのも癪ですから私も仕方なく$0.9へコールし、3人でフロップを見にいきます。

 

フロップ($3.0)J♦、J♠、4♣

シート5がフォールドしシート6が$7.54をオールインしアクションは私に回ってきます。

シート5は恐らくヒットしなかったのだろうと思いました。

シート6のオーバーアクションの意味を考えました。

私なら手にJがあるとすればトリップスで最強ハンドの可能性が高くスロープレイするはずです。

そうなるとまあまあ強いハンドだけどターン、リバーのカードによっては負ける可能性もありこれ以降のカードを引かせたくないのでオールインしたという信号に受け取れます。

ボードから考えて恐らく手に4があるのだろうと思いました。

私は$7.54へコールしシート5はフォールドしました。

 

相手はA♥4♥を開きます。

ターン、リバーで7♠、6♣が落ちます。

私は$18.08(レーキ$0.81)のポットを勝ち取ることができました。

 

このように相手の立場に立って考えてみるとオーバーアクションの意図も見えてきます。

ノーリミットホールデムハイのステークス

ノーリミットホールデムハイのステークスを説明します。

 

 

ステークスの左側の数字がスモールブラインド、右側の数字がビッグブラインドになります。

$5/$10 (テーブル持ち込み金額$40~$1000)

$5/$10 CAP(テーブル持ち込み金額$20~$500、ベットの上限は$20)

$5/$10 DeepAnte(テーブル持ち込み金額$1000~$2500)

$10/$20 (テーブル持ち込み金額$800~$2000)

$10/$20 CAP(テーブル持ち込み金額$400~$1000、ベットの上限は$400)

$10/$20 DeepAnte(テーブル持ち込み金額$2000~$5000)

$25/$50 (テーブル持ち込み金額$2000~$5000)

$25/$50 CAP(テーブル持ち込み金額$1000~$2500、ベットの上限は$1000)

$25/$50 DeepAnte(テーブル持ち込み金額$5000~$12500)

$50/$100 (テーブル持ち込み金額$4000~$10000)

$50/$100 CAP(テーブル持ち込み金額$2000~$5000、ベットの上限は$2000)

$50/$100 DeepAnte(テーブル持ち込み金額$10000~$25000)

$100/$200 (テーブル持ち込み金額$8000~$20000)

$100/$200 Deep(テーブル持ち込み金額$20000~$50000)

$200/$400 (テーブル持ち込み金額$16000~$40000)

$200/$400 Deep(テーブル持ち込み金額$40000~$100000)

 

※CPAとはそのゲームにおけるプレイヤーの最大ベット額になり、この額に達するとオールイン扱いになります。また$100/$200以上は規制がありポーカースターズへ連絡する必要があります。

ノーリミットホールデムミドルのステークス

ノーリミットホールデムミドルのステークスを説明します。

 

 

ステークスの左側の数字がスモールブラインド、右側の数字がビッグブラインドになります。

$1/$2 (テーブル持ち込み金額$80~$200)

$1/$2 CAP(テーブル持ち込み金額$40~$100、ベットの上限は$40)

$1/$2 DeepAnte(テーブル持ち込み金額$20~$500)

$2/$4 (テーブル持ち込み金額$160~$400)

$2/$4 CAP(テーブル持ち込み金額$80~$200、ベットの上限は$80)

$2/$4 DeepAnte(テーブル持ち込み金額$400~$1000)

$3/$6 (テーブル持ち込み金額$240~$600)

$3/$6 CAP(テーブル持ち込み金額$120~$300、ベットの上限は$120)

$3/$6 DeepAnte(テーブル持ち込み金額$600~$1500)

 

※CPAとはそのゲームにおけるプレイヤーの最大ベット額になり、この額に達するとオールイン扱いになります。

ノーリミットホールデムローのステークス

ノーリミットホールデムローのステークスを説明します。

 

 

ステークスの左側の数字がスモールブラインド、右側の数字がビッグブラインドになります。

$0.25/$0.50 (テーブル持ち込み金額$20~$50)

$0.25/$0.50 CAP(テーブル持ち込み金額$10~$25、ベットの上限は$10)

$0.25/$0.50 DeepAnte(テーブル持ち込み金額$50~$125)

$0.50/$1 (テーブル持ち込み金額$40~$100)

$0.50/$1 CAP(テーブル持ち込み金額$20~$50、ベットの上限は$20)

$0.50/$1 DeepAnte(テーブル持ち込み金額$100~$250)

 

※CPAとはそのゲームにおけるプレイヤーの最大ベット額になり、この額に達するとオールイン扱いになります。

ノーリミットホールデムマイクロのステークス

今日はポーカースターズのノーリミットホールデムマイクロのステークスを調べてみようと思います。

ステークスにはハイ、中、ロー、マイクロとありマイクロは一番低いステークスになります。

 

 

ステークスの左側の数字がスモールブラインド、右側の数字がビッグブラインドになります。

$0.01/$0.02 (テーブル持ち込み金額$0.08~$5)

$0.02/$0.05 (テーブル持ち込み金額$2~$12.5)

$0.05/$0.10 (テーブル持ち込み金額$4~$10)

$0.05/$0.10 DeepAnte(テーブル持ち込み金額$10~$20)

$0.08/$0.16 (テーブル持ち込み金額$6.4~$16)

$0.08/$0.16 DeepAnte(テーブル持ち込み金額$16~$40)

$0.10/$0.25 (テーブル持ち込み金額$10~$25)

$0.10/$0.25 DeepAnte(テーブル持ち込み金額$25~$62.5)

 

以上がポーカースターズのマイクロステークスのバイインになります。

オールイン勝負で負ける

昨日はポーカースターズでプレイして痛い目をみました。

プリフロップのオールイン勝負です。

ポケットAであるため前のプレイヤーのベットに対してオールインで返しました。

するとボタン(ディーラー)もコールしてきました。

お互いのカードを開いたとたん「勝った!」「バカが!そんなカードでオールインするかよ!間抜け!」って思ったのもつかの間でした。

一瞬にしてバイインを失いました。

 

しかしこれはしかたがないと言えます。

って言うか7のペアくらいでオールイン勝負挑んでくる方が無謀で相手は間違いなくFishです。

相手はたまたま運良く勝っただけです。

ポーカーにはこういうこともありますが、運による要素もありますのでしょうがないかな?と言ったところです。

 

ではプリフロップオールイン勝負で上位のペアが下位のペアに勝つ確率を考えてみようと思います。

カード52枚中オープンされているカードは4枚なので、残り48枚の中から5枚を取る組み合わせで、その5枚の中に相手のカードが含まれていなければいいのです。

仮に含まれていたとしても上位のペアカードの数が相手のカードの数よりも多く枚数が出ればいいことになりますが計算を簡単にするためここでは省略します。

計算式は46C5/48C5=301/376>0.8となり5回に4回以上は勝てるということになります。

 

つまりその確率で負けてしまったのであれば仕方が無いとしか言いようがありません。

長期的に見れば5回に4回は勝てますので割り切るしかありませんね。

フォーカードで最大のバリューを引き出す

昨日はポーカースターズでフォーカードを上がり、最大のバリューを引き出すことに成功しました。

そのプレイを紹介したいと思います。

 

ホールデム ノーリミット ($0.05/$0.10 USD)

 

プリフロップ($0.25)

シート1(私)6♠、6♥

シート2($0.1をポスト)

シート3

シート4

シート5(SB)

シート6(BB)

 

プリフロップでポケット6を得た私は取り合えず$0.3へレイズします。

これに対してシート2とシート6がコールしてきました。

 

フロップ($0.95)6♦、8♠ 、2♠

シート6は$0.6をベットしてきました。

私の方はこれで6のセットが揃い恐らくベストハンドだと思いました。

前のプレイヤーがリードしてくれたので私はスロープレイ気味にコールしました。

シート2はフォールドです。

 

ターン($2.15)T♠

シート6はチェックしました。

ここは少し迷いましたが相手をフォールドさせないくらいのポットの約1/4相当の$0.5をベットしました。

シート6はコールしました。

 

リバー($3.15)6♣

シート6はチェックしました。

私は6のフォーカードが揃いナッツです。

後はいかに相手からチップを引き出すかです。

私はポットの半分よりやや多い$2をベットしました。

すると相手は$8.6でオールインしてきました。

「やった。」と思いました。

私はこれにコールします。

シート6のカードは2♦、2♣でデュースとシックスのフルハウスでした。

シックスのフォーカードの私がポットの$19.43(レーキ$0.92)を獲得できました。

 

フルハウスで負けることはあまりないだけに相手にとっては不運だったと思います。

ストレートドローを引かれる

ホールデム ノーリミット ($0.05/$0.10 USD)

プリフロップ($0.15)

シート1(私)A♦、Q♣

シート2

シート4

シート5(SB)

シート6(BB)

カードが良かった私は$0.3へレイズし、シート2がコールし後は全員フォールドしました。

 

フロップ($0.75)J♥、 8♠ 、A♠

フロップでトップペアを引き当てた私はほぼポット相当の$0.7をベットしシート2がコールしました。

 

ターン($2.15)6♦

正直このカードはほとんどラグだと思いました。

そこでポットの約半分相当の$1をレイズします。

ここでフォールドしてくれることを願いましたが相手はコールしてきました。

 

リバー($4.15)Q♥

これでAとQのツーペアです。

ほとんど勝ちだと思いました。

そこで$2をベットします。

すると相手はさらに$3.9をレイズしてきました。

私はこれにコールしました。

 

ショーダウン

シート2はT♦9♦を開きQハイのストレートを完成させ$15.23(レーキ$0.72)を獲得しました。

 

このプレイで反省しなければいけないのはリバーでのプレイです。

相手がプリフロップ、フロップ、ターンでコールしてきたということはドローハンドの可能性が高く、当然ストレートは警戒しなければいけないところでした。

リバーでは取り合えずチェックで様子を見ておくのが良かったと思います。

 

AとQのツーペアに過信してしまいましたが、ポーカーは相手のハンドより強いか弱いかだけなので、場合によってはこれでもフォールドする覚悟が必要です。

ポーカーとは強いハンドを持ってプレイしているとき、状況によってはフォールドできるかどうかが強さを表す尺度になりそうです。

 

私はイマイチツーペア地獄(ツーペアで負けること)からぬけだすことができません。

ツーペアはそこそこいい役だけにポットの額もついつい大きくしてしまい痛い目見るパターンが多いです。

ポーカースターズへの入金とボーナス

ポーカースターズへの入金と初回入金ボーナスの受け取り方について説明します。

 

まずはポーカースターズのソフトウェアにログインしてキャッシャーをクリックしまず。

その後チップを購入するをクリックします。

すると以下の中から入金手段を選ぶことができます。

nyuukin1

NETELLER、VISA、MasterCard、SKRILL、WebMoney、entropayがあります。

ここではNETELLERを使って入金したいと思います。

 

 

NETELLERを選びますとこのような画面が表示されますので、NETELLERのアカウントIDとセキュアIDを入力し、入金したい金額を入力します。

pokerStarsのボーナスコードには「STARS600」と入力して下さい。

最後に送信をクリックします。

 

OKをクリックします。

 

入金が完了します。

 

キャッシャーへいってみると正しく反映されていました。

プレイマネーとはフリーチップのことで、無料ゲームをするのに使い、無くなると何度でも補充ができます。

ポーカースターズのロビー

ポーカースターズのロビーはこのようになっています。

この場合はホールデムでノーリミット、ステークスはローとなります。

この中からやりたいステークスのテーブルを選ぶことになります。

オマハやスタッド、トーナメントも選ぶことができます。

 

ログインするとこのようになりキャッシャーにいって入出金できるようになります。