テキサスホールデム

テキサスホールデムについてのルールを説明します。

エベレストポーカーでは、テキサスホールデムにはノーリミットホールデムとリミットホールデムがありますが、前者は1回のベット額に上限がないということです。

つまり1回でテーブルに持ち込んだ金額全てを賭けることもできます。

これを特にオールインといいます。

 

一方、リミットホールデムでは1回でベットする金額に上限があります。

 

テキサスホールデムではビッグブラインドとスモールブラインドがそれぞれブラインドを置いた後、全員に先に2枚のカードが配られます。

これをポケットカードといい、自分だけ見ることができます。

これを見て、いくか降りるか決めるわけです。

 

最初に行動を起こさなければならないのは、スモールブラインドの左横のプレイヤーです。

ゲームに参加するなら最低、ビッグブラインドの金額を払わねばなりません。

 

それから時計回りに行動を起こしていきます。

フォールドというのは降りることで、コールというのはゲーム参加に必要な最低限の金額を払うということで、レイズというのは上乗せするということです。

 

誰かがレイズしたら、そのレイザーの賭け金がゲーム参加に必要な最低限の参加料となります。

つまり残ったプレイヤーが最後のレイザーにコールかフォールドするまでベッティングラウンドは続きます。

これをプリフロップといいます。

 

プリフロップが終了すると中央に3枚のカードが開かれます。

そしてまたベッティングラウンドが始まるのですが、今度最初に行動を起こさなければならないのはビッグブラインド(勿論それまでフォールドしてなければ)です。

以降のラウンドも必ずビッグブラインドから行動を起こすことになります。

それからまた時計回りに行動を起こしていきます。

今度はチェックという選択しも出てきますが、これはレイズしないでそのままゲームに残るということです。

このラウンドをフロップといます。

 

フロップが終了しますとさらに1枚中央にカードがオープンし、またベッティングラウンドが始まります。

これをターンといいます。

 

ターンが終了しますと最後の1枚のカードがオープンされます。

そして最後のベッティングラウンドが始まります。

これをリバーといいます。

 

リバーが終わったらショーダウンとなりどちらが強いか勝負になります。

 

以上がテキサスホールデムの説明となります。

フリーチップで遊びながらプレイしてみるとすぐに飲み込めると思います。

エベレストポーカーのルール

エベレストポーカーのルールについて説明します。

エベレストポーカーではテキサスホールデムのノーリミットホールデム、リミットホールデム、オマハホールデムのポットリミットオマハが楽しめますが、いずれも日本で一般的なファイブカードポーカーではありません。

それぞれのルールは確認しておいて下さい。

 

エベレストポーカーでは基本的にリアルマネーを使ったプレイ(通貨は$)とフリーチップを使った無料プレイが楽しめます。

特殊なものとしてサミットポイントを使ったトーナメントもありますがこれは後述します。

 

無料プレイは最初に150のフリーチップが与えられておりこれを使ってプレイをすることができますが、これがなくなってもすぐに取得(何度も取得可能)することができます。

エベレストポーカー初心者の方は無料プレイから始めて感覚を掴んでみて下さい。

 

リアルマネープレイですが、テーブルに着く時にテーブルに持ち込む金額を設定します。

ステークスというのがレートにあたります。

例えば$0.03/$0.05のレートでプレイするとします。

左側の数字がSB(スモールブラインド)、右側の数字がBB(ビッグブラインド)です。

 

それぞれのテーブルには最低バイインと最高バイインというのが決められており、バイインとはテーブルに持ち込む金額のことです。

つまり最低持込金額、最高持込金額ということです。

この場合は$1.75~$5の範囲で持ち込み金額を決められます。

ただしエベレストポーカーへの預金額が最低バイインを下回ったときそのテーブルでプレイをすることはできません。

 

ノーリミットホールデムではオールインで一気に全額を賭けることもできますが、これはテーブルに持ち込んだ金額ということになります。

 

またエベレストポーカーでは多面打ちも可能です。

ハウスレーキ

オンラインポーカーでは1ゲーム毎にお金のやり取りがなされるため、信頼ある健全なサイトの運営費としてささやかなショバ代が徴収されます。

これをレーキといいます。

エベレストポーカーのハウスレーキは以下のようになります。

 

もう少し具体例を出します。

 
ブラインド: 0.15/0.25
ステークス: 0.15/0.25

ポット概略:
ポット合計: 39.85
jyousukeは37.90獲得しました
ハウスレーキ: 1.95

 

これは私が勝った履歴の一部になりますが、ポットの合計$ 39.85に対して$1.95のレーキが徴収されています。

1.95/39.85×100≒4.89%

大体ポットの5%くらいが相場となっています。

これはエベレストポーカーに限らず他のポーカールームでも平均的な値です。

これがそのゲームの勝者だけから取られます。

このようにレーキを引かれた$37.90が勝者の私の元に入ってきます。

 

ここで注意する点がありますが、レーキには上限があります。

上の表を見ても分かる通り、1ゲーム$3が上限でそれ以上に取られることはありません。

これはハイステークスプレイヤーにとっては有難い条件となります。

オンラインポーカーの違法性

オンラインポーカーは位置付け的にみたらオンラインカジノに当たります。

オンラインカジノを運営するためには国が許可したライセンスを獲得する必要があり、その後も監査を受けねばなりません。

エベレストポーカーとはも参考にして下さい。

エベレストポーカーはジブラルタル政府によって発行されたライセンスを取得しているため合法企業となりますが、賭博禁止国の日本でこのサイトを利用して賭けポーカーをやるのは違法かどうかという問題に突き当たります。

 

結論から言ってしまえば今日2012.9.22時点では問題ありません。

取り締まる法律がないというのが現状です。

つまり、オンラインギャンブルサイトを利用するかどうかは個人の責任で後は運営されてる国の法律に従うというのが現状です。

これは日本人がラスベガスに行ってカジノをやっても、日本の法律で罰せられないのと一緒です。

実際にオンラインカジノやオンラインポーカー、ブックメーカーを利用して逮捕されたという例はまだありません。

 

しかし今後どうなるかは分かりません。

実際にアメリカでは法改正によりオンラインギャンブルに対して規制がかかり、オンラインポーカーも違法になりました。

 

日本では去年の末からカジノ法案が通るかどうかが問題となっていますが、国の財源を考えると通さざるを得ないような感じで、これが通るとオンラインにも波及するのは火を見るよりも明らかです。

日本ではむしろ普及していくのではないかと考えています。

実際にオンラインゲーミング利用者も年々増えており市場も拡大しています。

 

 

オンラインポーカーは一応グレーゾーンではあるけれどOKという認識で今後の動向を伺っておいて下さい。

エベレストポーカーとは

 

エベレストポーカーとはオンラインポーカーに特化したポーカールームのことです。

エベレストポーカーは世界有数のオンラインゲーミング、Everest Gaming (Gibraltar) Ltd.の一員で、Everest Gaming (Gibraltar) Ltd.はジブラルタルに登録された合法企業です。

ジブラルタル政府によるライセンスを受け、ジブラルタルギャンブル委員により監督されています。

またエベレストポーカーで使用するソフトウェアは独自開発系で、アメリカ合衆国とカナダの宝くじの監査を実施している Technical Systems Testing (TST) 社により検証済みです。

 

オンラインポーカーとは、オンラインカジノのビデオポーカーとは違い、対戦は人対人になります。

そこには当然ポーカー特有の駆け引きも出てきてスキルによる差が出やすいのが特徴です。

 

エベレストポーカーはJBETポーカー等の他のポーカールームにはない独特な特徴があります。

この特徴は日本人ユーザーにとっては有利な方向に働いています。

 

1、15カ国語(ドイツ語、ギリシア語、英語、スペイン語、日本語、ポルトガル語、ポーランド語、ハンガリー語、イタリア語、オランダ語、ノルウェー語、フランス語、フィンランド語、スウェーデン語)に対応された多言語対応である。

2、毎週日曜、日本人を限定とした無料トーナメントが開催されている。

3、新規入金$500ボーナスやサテライトトーナメント参加権のスパーチケットが4枚貰える等、プロモーションがとても充実している。

 

15カ国語対応というのは独自開発系ならではのものです。これによって多くの国のプレイヤーの参加を可能にしました。また完全日本語対応ですから、チャットを使う時でもヘルプを使う時でも心強いものです。

また、日本人を限定としたイベントがわざわざ定期的に開催されているというのも有難いです。私はこれに毎週参加しており賞金をゲットしています。

私は他のポーカールームでもプレイしますが、エベレストポーカーはどこのポーカールームよりもプロモーションが充実しています。

 

その他にプレイヤー同士でチャットを交わすこともできるというのも臨場感があります。(ただしマナーは守って下さい。)

 

エベレストポーカーを利用しようと考えている人は、当サイトで疑問を解決してからご利用下さい。

エベレストポーカートーナメント攻略

こんにちは、仗助です。

昨日は全日本$300フリーロール、ビッグプライムフリーロールサテライトという2つのトーナメントに参加しました。

全日本$300フリーロールはお馴染みの毎週日曜9:00から開催されている日本人限定イベントで、無料で参加できることもあって大変人気があります。

ビッグプライムフリーロールの方は参加にスーパーチケットというのが必要ですが、エベレストポーカーのプロモーションとして最初に4枚頂けます。

これは10位以内に入ると、賞金総額$500のビッグプライムフリーロールに参加できるというものです。

 

結果は全日本$300フリーロールの方は21位で$1.8の賞金を獲得できましたが、ビッグプライムフリーロールサテライトの方は気持ちが切れてしまいすぐに負けてしまいました。

 

トーナメントには経時的にブラインドが上がっていく他に、強制的に支払わされる参加料というのも高くなっていきます。

ここら辺が一般のテーブルポーカーとは違うところです。

よってどこかで定期的に勝負をかけていかないとどんどんジリ貧になってしまいます。

問題はどこで勝負をかけるかですが、これがまた難しいところです。

感覚的には一般のテーブルポーカーより運による要素も大きいと思います。

参加するごとにどんどんチップが減っていきますので、時間が経てば経つほどスターティングハンドも広げねばいけない感じです。

経時的にプレイスタイルを変化させねばならないというのがトーナメントだと思いました。

トーナメントの性質が少し飲み込めた感じですので、今週の週末もまた参加してみようと思っています。