このエントリーをはてなブックマークに追加

ティルトに陥った日

こんにちは、ヨハンです。

今年も10月に入りました。

まずは最近のオンラインポーカー収支です。

2013.9.23    $12
2013.9.26    $8
2013.9.27    $5
2013.9.28    $12
2013.9.29    $20
2013.9.30    $22
2013.10.1    $36
2013.10.2    $24

9.26から急に勝率が良くなりました。

フィル・ゴードンのデジタルポーカー HUD(統計ツール)でここまで勝てるの影響は大きかったです。

6日連続で黒字の収支でしたが、とうとう7日目にして赤字になってしまいました。

この日は特に運が悪いと感じた日でした。

この日に大きくバイインを減らしたハンドが3つありますが、今回はこのハンドに対して私のプレイは最適だったのか、ピンチから逃れる術は果たして無かったのか回顧してみたいと思います。

今日からプレイ日記のハンドナンバーも記載しておきますので、興味のある方はリクエストのハンド履歴からプレイの詳細を見ることもできます。

handrireki

 

 

プレイ1、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

PokerStars ハンド #104920155122

プリフロップ($0.24)

シート 1:pokersalv684($10.32 チップ)(SB)

シート 2:CypherLou($44.88 チップ)(BB)

シート 3:sp84($17.09 チップ)

シート 4:endeavoor($16 チップ)

シート 5:NagaMorich73($28.24 チップ)

シート 6:jyoutarou($15.36 チップ)(D)(私)5♠、5♣

シート3、4、5とフォールドでアクションは私に回ってきました。

ポケット5のような手はセットにならなければショーダウンバリューはほとんど無いので、私はいつもの2BB($0.32)でレイズインしました。

シート1がコール、シート2はフォールドしました。

シート1のデータは全くありません。

 

フロップ($0.80)4♣、7♠、5♦

相手はチェックしました。

セットになったのはいいでけれど、ストレートも見えるためそんなに喜べたボードではありません。

特に相手のハンドレンジは相当広そうです。

私はポットの5割を少々超える$0.44をベットしました。

相手は6をもっているのかどうかという問い掛けをしているつもりです。

これに対して相手はコールをしてきました。

 

ターン($1.68)K♥

相手はチェックしてきました。

このカードは逆の意味で私にとっては有り難いカードですが、多分相手はヒットしていないのだろうと思い$0.96をベットしました。

これに対して相手はコールしてきました。

 

リバー($3.6)4♥

相手はここでもチェックしてきました。

これでフルハウスになりストレートも警戒する必要はありません。

勝ちを確信して疑っていない私は$2.48をベットしました。

すると意外に相手は$5.76へレイズしてきました。

この意味は正直私には分からなかったです。

多分相手は4を1枚持っているのだろうなと思い、私は$9.04をベットしました。

相手はすぐさま$2.84でオールインコールに応じました。

 

ショーダウン($20.8)

相手はK♣、K♦を開き$19.86を獲得しました。(レーキ$0.94)

2013.10.4p1

これは意外でした。

相手にこのようにスロープレイされたら、フルハウスを作った私にこのハンドを逃れる術は無かったと思います。

一杯喰わされました。

私はすかさずメモを取り、「KKでコール、チェックコール、チェックコール、チェックレイズでスロープレイされて大負け。」と記しました。

今度このプレイヤーとやる時は要注意です。

しかしKKでスロープレイと言うのは私なら少しやりにくいです。

なぜならボードにAが落ちた瞬間に決して強いハンドでは無くなっていますからね。

 

 

プレイ2、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

PokerStars ハンド #104920339434

プリフロップ($0.24)

シート 1:pokersalv684($18.19 チップ)

シート 2:birobib1($7.20 チップ)(D)

シート 3:sp84($18.01 チップ) (SB)

シート 4:endeavoor($17.98 チップ) (BB)

シート 5:NagaMorich73($27.12 チップ)

シート 6:jyoutarou($6.01 チップ) (私)K♣、K♥

シート5はフォールド、私は$0.4でレイズインしました。

私はどんなハンドでも、アンダーザガンかハイジャックでオープンする場合は2.5BBと決めています。

シート1、2、3とフォールド、シート4でコールが入りました。

シート4に関してはサンプル数は23ハンドしかないものの、VPIPが43とやや高くFishマークが表示されています。

endeavoor

 

フロップ($0.88)2♣、A♦、Q♠

相手はチェックしてきました。

典型的なアグレッシブタイプのFishだろうと考え、ポジションのいい状況でプレイできることに感謝しました。

私はポットの半分に相当する$0.44をベットしてみました。

相手はコールしてきました。

 

ターン($1.76)K♦

相手は$1.2をベットしてきました。

Kのセットができたもののボードにはストレートが見えており、これまた前ハンド同様そんなに喜べた状況ではありません。

しかし私は先程のプレイでショートスタックになっており残り$5.17しかなく、ここでコールしたとしてもリバーでのオールインは避けられそうもありません。

私はここでオールインしました。

相手はコールで応じました。

 

ショーダウン($12.10)

リバーでは9♦が落ちました。

相手はJ♥T♥を開き$11.56を獲得しました。(レーキ$0.54)

2013.10.4p2

このハンドもやはり逃れる術は無かったと思います。

ターンでガットショットを完成させたということですが私が相手の立場でも、ショートスタックが相手ならこのようにプレイしたと思います。

 

 

プレイ3、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

PokerStars ハンド #104925174743

プリフロップ($0.24)

シート 1:MastaNicks($6.88 チップ)(D)

シート 2:jyoutarou($15.84 チップ)(SB)A♠、4♥

シート 3:Dantewin($16.88 チップ)(BB)

シート 4:Piscivore($32.71 チップ)

シート 5:IanLin2009($12.36 チップ)

シート 6:elmin1337($16.24 チップ)

シート4、5、6、1とフォールドし、私は$0.32へレイズしました。

シート3はコールしました。

このプレイヤーは非常にタイトなプレイヤーです。

 

フロップ($0.64)4♣、7♦A♦

フロップでツーペアができて「ビンゴ」と言いたいところですが、色々なドローが見えており決して油断できる状況ではありません。

私はポットの半分を少々上回る$0.34をベットしました。

これに対して相手はコールしてきました。

 

ターン($1.32)6♥

少しストレートの結びつきが強くなってしまったので、相手の手を限定させる意味でも$0.86のコンティニュエーションベットを打ちました。

これに対して相手は$2.88へレイズしてきました。

ストレートなら相手は3,5か5,8を持っていることになりますが、このようなカードでゲームに参加してくる相手とは思えません。

そうすると5持ちのストレートドローでセミブラフ、もしくは6がヒットして相手もツーペアになったのかと考えました。

相手がツーぺをヒットさせているとAを持っていない限りは私にとっては返って有り難いです。

A,6のスーテッド、5,6か6,7のスーテッドコネクタが相手のハンドして絞り込めます。

A,6のスーテッドならフロップでのコールは弱いように見えますが、キッカーが6では強くもいきにくいところです。

私はコールしました。

 

リバー($7.08)6♣

これは最悪のカードです。

私はチェックせざるを得ませんでした。

相手は案の定$5.76をベットしました。

相手の手はいずれもトリップス以上で、自分の方が多分負けているだろうなと思いました。

しかしA持ちのツーペアではフォールドできませんでした。

コールしてしまいました。

ここまで読めていながら私はなんてバカなんだろうと思いました。

 

ショーダウン($18.60)

相手は7♣、6♦を開きフルハウスで$17.76を獲得しました。(レーキ$0.84)

2013.10.4p3

ホールデムマネージャー2の再現です。

やはり思った通りでした。

しかしAと4のツーペアではフォールドできませんでした。

ポーカーは相手より強いか弱いかだけで、弱いと読んだらたとえツーペアでもフォールドしなければなりません。

オンラインポーカー始めて1年半も経つのに、未だに自分の手に溺れてしまうのは未熟と言わざるを得ません。

このハンドも不運でしたが、最後のコールだけは余計でした。

 

 

この3ハンドは不運と言えば不運でしたが、それから軽いティルト状態に陥ってしまいました。

チェックレイズされて何もエクイティがないのにコールしてしまったり、普段なら絶対にやらないようなスリーベットをしてフォーベットが返ってきてフォールドせざるを得なかったりと、チップを捲き散らすようなプレイばかりしてしまいました。

そして後になって後悔しました。

 

ポーカーは確率のゲームで負ける時は負けます。

今日のプレイ日記のように不運なことが3回も起こる日だってあります。

しかしこれぐらいの不運さにメンタルが耐えられないようでは、ポーカーで勝ち越すなんて難しいですよね。

フルハウスでも負けることはある

しばらくブログを更新していませんでしたので今日更新しようと思います。

とは言うもののポーカースターズでは時間を見つけてはプレイしていました。

今年の1月の半ば頃からポーカースターズをやり始めましたが、勝ったり負けたりを繰り返して$110入金したのが$50くらい増えたとうところです。

$0.08/$0.16 (Maxバイイン$16)のステークスで2面でプレイしています。

やっていて思うことは、ポーカーは結構波があるなということです。

調子がいい時は連続してダブルアップに成功したり、負けてるカードでもまくり目が良くて勝ってしまったりするのですが、調子が悪いといいハンドでも相手の強すぎるアクションの前にフォールドせざるを得なかったり、勝ちを確信して全額を突っ込んでバッドビートを喰らったりします。

相手にポーカーの知識があれば、そんなに簡単に勝たせて貰えるゲームではありません。

それでは反省のプレイを紹介します。

 

プレイ1、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16 USD)

プリフロップ($0.24)

シート1

シート2(SB)

シート3(BB)(私)3♦、3♣

シート4

シート5

シート6

シート4、5、6、1が$0.16でリンプインしました。

シート2がフォールドしました。

多人数参加なので私はチェックして5人でフロップを見にいきます。

 

フロップ($0.88)4♦、4♣、3♥

この上ないハンドです。

フロプの段階でフルハウスができて、後はいかに相手にポットを入れて貰うかだけの問題だと思いました。

多人数参加ゆえに私はスロープレイをすることに決めました。

最初のアクションをチェックで回します。

シート4が$0.32をベット、シート5、シート6がフォールド、シート1が$1.29へレイズしました。

これに対して私とシート4がコールしました。

 

ターン($4.75)5♦

これでボードにはストレートも見えてきました。

これは有り難い傾向で、私はここでもスロープレイをしました。

私のチェックに対してシート4は$2.72へレイズしてきました。

シート1がフォールド、私はコールしました。

 

リバー($10.19)T♠

私はプレイを一貫させるためにここでもチェックしました。

相手は$3.52をベットしてきました。

勝利を信じて疑っていない私は$7.02へレイズしました。

これに対して相手は残りの$4.55をオールインしてきました。

私も当然コールします。

 

ショーダウン($33.37)

相手は5♣、5♠を開きました。

ファイブとフォーのフルハウスです。

私はスリーとフォーのフルハウスです。

こうして相手はポット(レーキ$1.5)を獲得しました。

 

私は正直唖然としました。

こんなにポットに突っ込んでしまった言い訳を見つけようと「フルハウスでは仕方ないよな。」なんて考えようとしましたが、フロップの段階で5人も残っていれば、私の他に誰かペアハンドでも不思議はありません。

4のペアは共通なので同じフルハウスだとすれば、セットの勝負と同然です。

そうすれば私の3のスリーカードはボードの見える範囲では一番弱いです。

フロップの段階で勝ちを確信してしまった自分の過信が招いたミスです。

フルハウスでも負けることがあるということを認識していなければなりませんでした。

いくら何でもフルハウスではさすがにフォールドするわけにもいかないので、リバーの最初のベットに対してはコールに止めておけば良かったです。

 

このプレイの他にもボードにペアがない状態で、フラッシュAハイがストレートフラッシュに負けたりと何かとバッドビートが多かったです。

大分バンクロールを減らしてしまいましたが、「フルハウスやフラッシュAハイのようなほとんど負けることがないハンドでも負けることはある。」ということを覚えておこうと思います。

ブラフとスロープレイを見破る

プレイ1、ホールデム ノーリミット ($0.05/$0.10 USD)

プリフロップ($0.15)

シート1(BB)

シート2

シート3

シート4

シート5

シート6(SB)(私)T♦、A♣

シート2がフォールド、シート3が$0.1でリンプイン、シート4がフォールド、シート5が$0.4へレイズしてアクションは私に回ってきました。

ポジションが悪いためここはフォールドでもいいかと思いますが、この時は何か参加する気になりました。

$0.4の3倍の$1.2でレイズインしました。

シート1がフォールド、シート3とシート5がコールしてきました。

 

フロップ($3.7)8♣、3♥、A♠

Aがヒットして喜ばしいですが、3ベットの私にコールするぐらいのハンドですから油断はできません。

ポットの半分より少し多い$2をベットしました。

シート3がコールすると、シート5は残りの$9.53をオールインしてきました。

アクションは再び私に回ってきましたが、私のハンドがとても相手のハンドより強いとは思えずフォールドすることにしました。

シート3は$2.91でオールインコールをしてきました。

 

ショーダウン

シート3が開いたカードは3♣,3♦、シート5が開いたカードはA♥、K♣。

ターンで3♠、リバーでT♠が落ち、フォーカードを作ったシート3がポットの$15.52(レーキ$0.7)を勝ち取りました。

少し損失を出してしまいましたが、それでもフォールドしたのは正しい判断でした。

ここで注目したいのがプリフロップでのシート5の2回目のアクションです。

A、Kがプリフロップオールインハンドなのは前回書いた通りです。

ここでもしオールインしていれば、私はフォールドせざるを得ませんし、シート3が果たして3のペアでコールできたかです。

下位のペアが上位のペアに勝てる確率は18%しまありません。

多分シート3もフォールドせざるを得なかったのではないかと思います。

 

 

プレイ2、ホールデム ノーリミット ($0.05/$0.10 USD)

プリフロップ($0.15)

シート1(SB)

シート2(BB)

シート3

シート4

シート5

シート6(私)Q♥、K♠

シート3、シート4、シート5はフォールドしアクションは私に回ってきました。

私は通常の$0.3でレイズインします。

シート1がコール、シート2はフォールドしました。

 

フロップ7♠、Q♣、4♠

シート1はチェックしました。

トップヒットの私は$0.4をベットしました。

相手はコールします。

 

ターン($1.5)K♣

相手はチェックしてきました。

これも嬉しいカードですが中々油断できません。

相手はドローハンドかもしれませんし、セットを作ってわざとスロープレイしているかもしれないからです。

私は$0.8をベットすると、相手はコールしてきました。

 

リバー($3.1)2♣

ここで相手はいきなり$6.35をオールインしてきました。

このオーバーアクションは一見ブラフっぽいと感じました。

もし自信のあるハンドなら少しずつ上げていってリードする方がいいからです。

このオールインは「フォールドしてくれ。」というサインに取れたのでコールしました。

 

ショーダウン($15.8)

相手はT♥、T♣を開き私はポット(レーキ$0.71)を勝ち取りました。

見え透いたブラフでしたが、よくコールできたと思います。

 

 

プレイ3、ホールデム ノーリミット ($0.05/$0.10 USD)

プリフロップ($0.15)

シート1

シート2(私)J♣、J♦

シート3(SB)

シート4(BB)

シート5

シート5、シート1がフォールド、私が$0.3をレイズしました。

シート3がフォールド、シート4が$1へレイズしました。

これに対して私は$1.7へレイズしました。

相手はコールします。

 

フロップ($3.45)2♥、4♣、9♥

これは私にとってはいい傾向です。

これに対して相手はチェックしてきました。

フッラシュドローも考えられるのと相手のハンドを絞る意味でここは$2をベットしました。

相手はコールしてきました。

 

ターン($7.45)6♦

相手はチェックしてきました。

フラッシュードローの可能性が濃厚なのですが、私は何か厭な予感を感じました。

相手にフリーカードを与えることになりますが、私もチェックで回します。

 

リバー($7.45)4♠

相手はここでもチェックしてきました。

私もチェックで回しました。

 

ショーダウン

相手は9♣、9♦を開き9と4のフルハウスを作りポット$7.45(レーキ$0.34)を獲得しました。

 

相手はスロープレイをしてたことになります。ターン以降チェックで回し被害は最小限に喰い止めたと思います。

 

 

プレイ4、ホールデム ノーリミット ($0.05/$0.10 USD)

プリフロップ($0.15)

シート1(SB)(私)A♥、A♠

シート2(BB)

シート3

シート4

シート5

シート3がフォールド、シート4が$0.3でレイズイン、シート5がフォールドしたのに対して私は$0.9へリレイズしました。

シート2がコール、シート4もコールしました。

3人でフロップを見に行きます。

 

フロップ($2.7)Q♥、J♠、3♣

私は$1.8をベットしました。

シート2はフォールド、シート4がコールしました。

 

ターン($6.3)8♠

私は$4をベットしました。

これに対してシート4がコールしてきました。

 

リバー($14.3)9♦

私のアクションですがここは迷いました。

このボードではストレートが見えているからです。

相手が10を持っていたら私の負けです。

また相手がセットを作ってわざとスロープレイをしているかもしれません。

結局はチェックで回すよりありませんでした。

これに対して相手もチェックしてきました。

 

ショーダウンで私はA♥、A♠を開きポット$14.3(レーキ$0.64)を獲得しました。

相手はマックしました。

恐らくQがヒットしてたのではないかと思います。

最後もし相手がオールインしてきたら私はどうしていいか分かりませんでした。

見た目以上に際どい勝負だったと思います。