このエントリーをはてなブックマークに追加

ティルトに陥った日

こんにちは、ヨハンです。

今年も10月に入りました。

まずは最近のオンラインポーカー収支です。

2013.9.23    $12
2013.9.26    $8
2013.9.27    $5
2013.9.28    $12
2013.9.29    $20
2013.9.30    $22
2013.10.1    $36
2013.10.2    $24

9.26から急に勝率が良くなりました。

フィル・ゴードンのデジタルポーカー HUD(統計ツール)でここまで勝てるの影響は大きかったです。

6日連続で黒字の収支でしたが、とうとう7日目にして赤字になってしまいました。

この日は特に運が悪いと感じた日でした。

この日に大きくバイインを減らしたハンドが3つありますが、今回はこのハンドに対して私のプレイは最適だったのか、ピンチから逃れる術は果たして無かったのか回顧してみたいと思います。

今日からプレイ日記のハンドナンバーも記載しておきますので、興味のある方はリクエストのハンド履歴からプレイの詳細を見ることもできます。

handrireki

 

 

プレイ1、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

PokerStars ハンド #104920155122

プリフロップ($0.24)

シート 1:pokersalv684($10.32 チップ)(SB)

シート 2:CypherLou($44.88 チップ)(BB)

シート 3:sp84($17.09 チップ)

シート 4:endeavoor($16 チップ)

シート 5:NagaMorich73($28.24 チップ)

シート 6:jyoutarou($15.36 チップ)(D)(私)5♠、5♣

シート3、4、5とフォールドでアクションは私に回ってきました。

ポケット5のような手はセットにならなければショーダウンバリューはほとんど無いので、私はいつもの2BB($0.32)でレイズインしました。

シート1がコール、シート2はフォールドしました。

シート1のデータは全くありません。

 

フロップ($0.80)4♣、7♠、5♦

相手はチェックしました。

セットになったのはいいでけれど、ストレートも見えるためそんなに喜べたボードではありません。

特に相手のハンドレンジは相当広そうです。

私はポットの5割を少々超える$0.44をベットしました。

相手は6をもっているのかどうかという問い掛けをしているつもりです。

これに対して相手はコールをしてきました。

 

ターン($1.68)K♥

相手はチェックしてきました。

このカードは逆の意味で私にとっては有り難いカードですが、多分相手はヒットしていないのだろうと思い$0.96をベットしました。

これに対して相手はコールしてきました。

 

リバー($3.6)4♥

相手はここでもチェックしてきました。

これでフルハウスになりストレートも警戒する必要はありません。

勝ちを確信して疑っていない私は$2.48をベットしました。

すると意外に相手は$5.76へレイズしてきました。

この意味は正直私には分からなかったです。

多分相手は4を1枚持っているのだろうなと思い、私は$9.04をベットしました。

相手はすぐさま$2.84でオールインコールに応じました。

 

ショーダウン($20.8)

相手はK♣、K♦を開き$19.86を獲得しました。(レーキ$0.94)

2013.10.4p1

これは意外でした。

相手にこのようにスロープレイされたら、フルハウスを作った私にこのハンドを逃れる術は無かったと思います。

一杯喰わされました。

私はすかさずメモを取り、「KKでコール、チェックコール、チェックコール、チェックレイズでスロープレイされて大負け。」と記しました。

今度このプレイヤーとやる時は要注意です。

しかしKKでスロープレイと言うのは私なら少しやりにくいです。

なぜならボードにAが落ちた瞬間に決して強いハンドでは無くなっていますからね。

 

 

プレイ2、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

PokerStars ハンド #104920339434

プリフロップ($0.24)

シート 1:pokersalv684($18.19 チップ)

シート 2:birobib1($7.20 チップ)(D)

シート 3:sp84($18.01 チップ) (SB)

シート 4:endeavoor($17.98 チップ) (BB)

シート 5:NagaMorich73($27.12 チップ)

シート 6:jyoutarou($6.01 チップ) (私)K♣、K♥

シート5はフォールド、私は$0.4でレイズインしました。

私はどんなハンドでも、アンダーザガンかハイジャックでオープンする場合は2.5BBと決めています。

シート1、2、3とフォールド、シート4でコールが入りました。

シート4に関してはサンプル数は23ハンドしかないものの、VPIPが43とやや高くFishマークが表示されています。

endeavoor

 

フロップ($0.88)2♣、A♦、Q♠

相手はチェックしてきました。

典型的なアグレッシブタイプのFishだろうと考え、ポジションのいい状況でプレイできることに感謝しました。

私はポットの半分に相当する$0.44をベットしてみました。

相手はコールしてきました。

 

ターン($1.76)K♦

相手は$1.2をベットしてきました。

Kのセットができたもののボードにはストレートが見えており、これまた前ハンド同様そんなに喜べた状況ではありません。

しかし私は先程のプレイでショートスタックになっており残り$5.17しかなく、ここでコールしたとしてもリバーでのオールインは避けられそうもありません。

私はここでオールインしました。

相手はコールで応じました。

 

ショーダウン($12.10)

リバーでは9♦が落ちました。

相手はJ♥T♥を開き$11.56を獲得しました。(レーキ$0.54)

2013.10.4p2

このハンドもやはり逃れる術は無かったと思います。

ターンでガットショットを完成させたということですが私が相手の立場でも、ショートスタックが相手ならこのようにプレイしたと思います。

 

 

プレイ3、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

PokerStars ハンド #104925174743

プリフロップ($0.24)

シート 1:MastaNicks($6.88 チップ)(D)

シート 2:jyoutarou($15.84 チップ)(SB)A♠、4♥

シート 3:Dantewin($16.88 チップ)(BB)

シート 4:Piscivore($32.71 チップ)

シート 5:IanLin2009($12.36 チップ)

シート 6:elmin1337($16.24 チップ)

シート4、5、6、1とフォールドし、私は$0.32へレイズしました。

シート3はコールしました。

このプレイヤーは非常にタイトなプレイヤーです。

 

フロップ($0.64)4♣、7♦A♦

フロップでツーペアができて「ビンゴ」と言いたいところですが、色々なドローが見えており決して油断できる状況ではありません。

私はポットの半分を少々上回る$0.34をベットしました。

これに対して相手はコールしてきました。

 

ターン($1.32)6♥

少しストレートの結びつきが強くなってしまったので、相手の手を限定させる意味でも$0.86のコンティニュエーションベットを打ちました。

これに対して相手は$2.88へレイズしてきました。

ストレートなら相手は3,5か5,8を持っていることになりますが、このようなカードでゲームに参加してくる相手とは思えません。

そうすると5持ちのストレートドローでセミブラフ、もしくは6がヒットして相手もツーペアになったのかと考えました。

相手がツーぺをヒットさせているとAを持っていない限りは私にとっては返って有り難いです。

A,6のスーテッド、5,6か6,7のスーテッドコネクタが相手のハンドして絞り込めます。

A,6のスーテッドならフロップでのコールは弱いように見えますが、キッカーが6では強くもいきにくいところです。

私はコールしました。

 

リバー($7.08)6♣

これは最悪のカードです。

私はチェックせざるを得ませんでした。

相手は案の定$5.76をベットしました。

相手の手はいずれもトリップス以上で、自分の方が多分負けているだろうなと思いました。

しかしA持ちのツーペアではフォールドできませんでした。

コールしてしまいました。

ここまで読めていながら私はなんてバカなんだろうと思いました。

 

ショーダウン($18.60)

相手は7♣、6♦を開きフルハウスで$17.76を獲得しました。(レーキ$0.84)

2013.10.4p3

ホールデムマネージャー2の再現です。

やはり思った通りでした。

しかしAと4のツーペアではフォールドできませんでした。

ポーカーは相手より強いか弱いかだけで、弱いと読んだらたとえツーペアでもフォールドしなければなりません。

オンラインポーカー始めて1年半も経つのに、未だに自分の手に溺れてしまうのは未熟と言わざるを得ません。

このハンドも不運でしたが、最後のコールだけは余計でした。

 

 

この3ハンドは不運と言えば不運でしたが、それから軽いティルト状態に陥ってしまいました。

チェックレイズされて何もエクイティがないのにコールしてしまったり、普段なら絶対にやらないようなスリーベットをしてフォーベットが返ってきてフォールドせざるを得なかったりと、チップを捲き散らすようなプレイばかりしてしまいました。

そして後になって後悔しました。

 

ポーカーは確率のゲームで負ける時は負けます。

今日のプレイ日記のように不運なことが3回も起こる日だってあります。

しかしこれぐらいの不運さにメンタルが耐えられないようでは、ポーカーで勝ち越すなんて難しいですよね。

トリップスのキッカー負け

先月はポーカースターズとエベレストポーカーで合わせて$150近く負けてしまいました。

エベレストポーカーは去年ソフトウェアが入れ替わってから英語になってしまいましたが、それでもたまに利用しています。

しかしポーカースターズに比べると圧倒的に人が少ないですね。

エベレストポーカーのポーカースターズにないメリットはi-BANQが利用できることです。

口座開設が数分でできますのですぐに入金して遊ぶことができます。

気分転換には丁度良いです。

 

先月の赤字になった理由を自分なりに考えてみましたが、ベット金額が少し高いのではないかと思いました。

最初にレイズインする時は大体3BB、3ベットする時は相手のベット額の3倍以上、フロップ以降ベットする時は大体ポットの7割くらいにしていました。

基本的にはベット額を高めにすることで相手をフォールドさせる狙いですが、相手にターン、リバーまでコールされてしまったり、逆にリレイズが掛かるとフォールドせざるを得なくなってしまったりと、とにかく損失の方が大きく利益が出ませんでした。

この点を修正して今月からは、UTG、MIDの位置なら2.5BB、CUT、BTNの位置なら2BBからレイズインすることにしました。

また下位~中位のペアに関してはコールでリンプインして安くフロップを見に行く戦略にしました。

 

これでどうなるか分かりませんが、1カ月くらいこのプレイスタイルでいってみようと思います。

ただ勝っている人のプレイもよく観察するのですが、こういうプレイではないのが気掛かりです。

しかし勝ちパターンは一つとは限らないし、いろいろ試行錯誤して試してみるよりなさそうですね。

 

以前シークレットキャッシュポイントという商材がありましたが、これはあくまでFishを相手にすると効果があるということで、実際にはそのようなFishもあまりいない感じがします。

時間帯もよくないのかもしれませんが・・・・

 

私の独自の攻略法としては面数を少なくして、相手をよく観察し、プレイに特徴のあるプレイヤーからそれを逆手に取って逆に奪い取るというものです。

観察するポイントとしては、相手の参加頻度とハンドレンジ、どれくらいベットしているかということです。

ショーダウンまでいき、相手のカードが見れた時はそれまでのストーリーを見返して、どれくらいの手でどれくらいベットしているのかが分かります。

例えばフォールドさせることを目的にオフスーツコネクターで強いベットをしてくるプレイヤーには、それ以上に強いベットをするとフォールドして貰える可能性が濃厚です。

普段あまり参加しないタイトプレイヤーがリレイズしてきた時は大体本物の手が入っていそうです。

また手が揃わなかった時はブラフ気味のベットを打ち、手が揃うとスロープレイしてくる相手もいます。

人によってプレイに特徴がありますので、プレイヤーメモを存分に活用してデータベースを作って、それを逆手に取ったアクションをしてみようと思います。

基本はブラフになるためリスキーですが、千差万別の人を相手にするには相手をよく観察してそれに応じた対策が必要だと思っています。

 

 

プレイ、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1(BB)

シート2

シート3(私)9♠、T♠

シート4

シート5

シート6(SB)

シート2は$0.48でレイズインしてアクションは私に回ってきました。

このハンドなら今までだったら$1.5でリレイズするところでしたが、コールに止めました。

後は全員がフォールドしてシート2とのヘッズアップになりました。

 

フロップ($1.2)9♥9♦7♦

素晴らしいフロップです。

この晩は一回もチャンスがなく漸くチャンスが巡ってきたと思いました。

相手は$0.48ベットしてきました。

ポットに対して随分と少な目のベットです。

このプレイヤーの情報は特に無く、この小額ベットをブラフベットと読みました。

それならば大目のベットをしてしまえばフォールドしてしまいそうです。

私はコールに止め、相手のブラフを誘う作戦を取りました。

 

ターン($2.16)J♥

これもそんなに悪いカードではありません。

相手がJを持っていれば突っ込んできてくれそうですし、私の方もガットショットストレートドローの完成です。

これに対して相手はチェックしてきました。

ここはバリューベットを打つのが正しいプレイだと思いますが、今回はスロープレイをするつもでしたので私もチェックで回しました。

 

リバー($2.16)A♦

このカードでフラッシュの目ができてしまったため、ターンではやはりベットを打つべきだったと思いました。

相手は$1.6をベットしてきました。

今までのストーリーから決してフラッシュは否定しきれません。

しかし私としても手のバリューは引き出したいので、2倍の$3.2をベットしました。

相手はコールしてきました。

 

ショーダウン($8.56)

相手は9♣、Q♦を開き$8.56(レーキ$0.39)を獲得しました。

 

同じ9のトリップスでQのキッカーが効いたということです。

まさか相手も9持ちだとは思ってもみませんでした。

負けたというよりも寧ろこれくらいの損失で済んだことにホットしています。

相手がもしリバーで私のリレイズに対してオールインしてきたら、多分コールして大きな損失を出していたと思います。

多分相手はフラッシュを警戒したのだと思いますが、リバーでA♦が落ちたのは不幸中の幸いでした。