このエントリーをはてなブックマークに追加

リバーでのオールインはブラフか本物か?

最近毎日のようにポーカースターズに入り浸っています。

オンラインポーカーが面白くてしょうがないのです。

2013.9.3    -$15
2013.9.4    -$20
2013.9.5    -$35
2.13.9.6    $30
2013.9.7    -$28
2013.9.9    $18
2013.9.10    -$33
2013.9.11    -$12
2013.9.15    $9
2013.9.17    -$14
2013.9.18    $21
2013.9.19    -$12
2013.9.20   -$4

$0.08/$0.16のステークスで、こんな感じの収支です。

相変わらず下手糞ですね。

 

今年の7月3日に発売されたフィル・ゴードンのデジタルポーカーという本に出会ってから、テキサスホールデムの奥の深さが分かるようになってきてどんどん飲めり込むようになってきました。

こういう本は何度も繰り返し読みながら実践で試してみないと理解できないので、今度ゆっくりレビューしようと思います。

この本を読んで一番重要だと思ったことは、HUD(ヘッズアップ・ディスプレイ)を使うことの必要性です。

これはオンラインポーカーの統計ツールで、相手のプレイを細かくデーターベース化してくれるソフトです。

 

2013.9.18

Holdem manager 2の30日間無料お試し版を使っています。

こんな感じで表示されカスタマイズもできます。

 

しかし上手く起動してくれないのです。

画像のようにプレイヤー名とHUDに表示されるプレイヤー名が異なっていたり、ワンハンド毎に更新されなかったりとなんだか分からないです。

いろいろと質問しているのですが、英語だから厄介です。

これを使わないと使っている相手に比べて深刻なまでに不利と書かれていたので、なんとか使える状態にしたいです。

 

さてプレイ日記ですが、今回は私のミスプレイからリバーのオールインにはどうやって対処するべきなのか考えてみようと思います。

 

プレイ、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1(SB)

シート2(BB)

シート3

シート4

シート5(私)3♠、3♣

シート6(D)

シート3がフォールド、シート4がリンプインしてアクションは私に回ってきました。

リンプインするのは大体下手なプレイヤーのすることで私はまずやりませんが、この場合は下手に刺激してスリーベットが返ってくると3♠、3♣ではフォーベットは勿論コールもしにくいので、私もシート3にならって$0.16でコールしました。

少し意外でしたが、案の定シート6、1、がコールして、シート2がチェックして5人でフロップを見にいくことになりました。

 

フロップ($0.80)K♥、4♠、3♦

これは素晴らしいフロップです。

シート1、2、4はチェックしてアクションは私に回ってきました。

ここは相手のハンドを限定させる意味でもポットの半分の$0.4をベットしました。

シート6がフォールド、シート1がコール、シート2、シート4はフォールドしました。

 

ターン($1.60)A♥

シート1はチェックしました。

シート1は非常にタイトなプレイヤーです。

このA♥は少しいやと言えばいやですので私は$0.8をベットしましたが、これはミスでした。

プリフロップのアクションから相手がAA、KK、QQ、AKを持っているとは思えませんが、コンプリートで参加しているのでレンジは非常に広いです。

 

特にこのボードではストレートもフラッシュの目も見えており、ここは思い切ってオールインするべきでした。

私にはまだ$16.9ものスタックがあり、相手も$20.59のスタックサイズです。

Q♥J♥ならコールしてくるかもしれませんが、それ以外ならフォールドせざるを得なかったと思います。

タイトなプレイスタイルからほぼ間違いなくフォールドしてたと思います。

相手は$0.8をコールしました。

 

リバー($3.20)2♠

恐れてたことが起こりました。

相手は$20.59をオールインしました。

私は迷いました。

相手が5を持っている可能性は濃厚です。

ストレートドローでここまでついてきたというのは十分ストーリーに合致します。

しかしストレートならこのボードではナッツです。

わざと相手をフォールドさせるような$20.59をいきなりオールインするかな?と思いました。

私ならポットの2倍くらいのベットを打っていたと思います。

それで相手のリレイズやコールを誘う方が、ストレートの見えているボードでは自然ですからね。

相手は恐らくKQで、ストレートにカモフラージュさせてブラフ気味にオールインしたのではないかと思ってしまいました。

ただここで私はあることを見落としていました。

決断の時間が迫られましたが、私はオールインコールの選択を選びました。

 

ショーダウン($37.00)

相手は5♠、6♠を開きストレートを完成させ、$35.5(レーキ$1.5)を獲得しました。

2013.9.19

非常に後悔して私はルームを後にしました。

 

相手はタイトプレイヤーです。

私はこのテーブルでは少しルースにプレイしていましたが相手の立場になって考えて見ますと、リバーのボードではストレートが見えており相手にとっても危険なボードです。

もし相手がKQならオールインできたでしょうか?

絶対にできなかったと思います。

タイトプレイヤーなら尚更です。

リバーでは相手の立場に立って考えるという思考が抜け落ちていました。

 

翌日やはりポーカースターズにログインしている自分がいましたが、Kのセットをヒットさせターンで相手の参加ハンドレンジに合致しそうなストレートドローの目が出てきた時、オールインして自分の手をプロテクトしました。

 

自分の手がそそそこいいとリバーでオールインされてもフォールドしにくいものです。

これは逆の立場になっても言えそうです。

相手が良さそうなカードで自分の方が更に良さそうな時はリバーでいきなりオールインするなはかなり有効だと思いました。

オールイン勝負

今晩は、仗助です。

昨日もエベレストポーカーでプレイしました。

まだ、Maxバイイン$5のテーブルでしかやっていませんが、それでもオールイン勝負の時は心臓がバクバクです。

まだポーカーに対して免疫ができてない証拠だと思います。

麻雀の場合は、負ける時はある程度覚悟はできていますがポーカーの場合は自分のハンドに自信があり、相手が降りないと一気にオールイン勝負になってしまいます。

シークレットキャッシュポイントによれば、ポーカーは確率とまくり目だけだと書かれていますが実際にやっている感覚からすると相手がどれくらいの力量か読むこともかなり重要な気がします。

相手の上手さとプレイがタイトかルーズかの観察もかなり重要な感じです。

またスタックの広さも影響しそうです。

 

ステークス: 0.03/0.05

配られた最初の2枚のカードはQc Kc でした。

プリフロップでMIDが$1.42の強気のレイズをしてきました。

ブラインドの私は少し考えましたが、これにコールします。

残りは皆フォールドです。

 

フロップはKs 7c 8cでした。

ここで相手がオールインするから、結局私もオールインしました。

結果は


危ないところでしたが勝ち切ることができました。

 

この場合は相手のスタックを考慮に入れベストプレイだったと思います。

しかし、もし相手のスタックが広くてタイトなプレイヤーだったらフロップの段階でかなり考えなくてはなりません。

なぜなら下位の数字でセットを作られている可能性もあるからです。

しかし、それでもこちらもフラッシュドローなので勝負にいった可能性が濃厚です。

プリフロップオールインハンドで負ける。

先日、初めてエベレストポーカールームに入りました。

ステークスが$0.03/$0.05(最大持込金額$5)のテーブルです。

その前に無料プレイで十分に練習したつもりだったのですが、操作になれてないこともありオールインすることができずに負けてしまいました。

 

どういうことかと言いますと、プリフロップの段階でAAが入り本来ならここでオールインしなければいけなかったのですが操作が分からず、レイズしかできなかったということです。

このゲームは結局、相手にドローハンドを引かれてしまい負けてしまいました。

 

以下ハンド履歴です。

 

Everest Poker — ハンド詳細
ハンドID: 7728760347
テーブルID: -173781907
プレーモード: リアルマネー
テーブル名: Karun-0
ゲームのタイプ: ホールデム
ブラインド: 0.03/0.05
ステークス: 0.03/0.05
貨幣:
開始日: 2012-08-28 GMT
開始時間: 06:40:28 GMT

座席の配置:

free_willieは1に15.48を持って着席しています。
ffgm2011は2に3.23を持って着席しています。
Schwabe01は3に1.01を持って着席しています。
xixicocoは4に15.12を持って着席しています。
jyousukeは5に5.07を持って着席しています。

ブラインドを置く:

ボタンは1にあります。
ffgm2011は0.03のスモールブラインドを置きます。
Schwabe01は0.05のビッグブラインドを置きます。

ポケットカードをディールする:

free_willie: — —
ffgm2011: — —
Schwabe01: — —
xixicoco: — —
jyousuke: As Ah

プレフロップ:
xixicocoは0.18レイズします
jyousukeは0.62レイズします
free_willieは0.62をコールします
ffgm2011はフォールドします
Schwabe01はフォールドします
xixicocoはフォールドします

フロップ (Jd 4d 9d):
jyousukeは0.05レイズします
free_willieは0.05をコールします

ターン (Jd 4d 9d 5h):
jyousukeはチェックします
free_willieは1.60レイズします
jyousukeは1.60をコールします

リバー (Jd 4d 9d 5h 8h):
jyousukeはチェックします
free_willieは4.80レイズします
jyousukeは2.80をコールします

ショーダウン:
free_willieはQh 10sを見せます
free_willieは8h 9d 10s Jd Qhを持っています: ストレート
jyousukeはAs Ahを見せます
jyousukeは8h 9d Jd As Ahを持っています: ペア

ポット概略:
2.00がfree_willieへ戻されました(コールしなかったため)
ポット合計: 10.40
free_willieは9.72獲得しました
ハウスレーキ: 0.68

 

$0.62レイズしたところで本来ならオールインしなければいけません。

これはシークレットキャッシュポイントにも書かれています。

そうすれば、オフスーツのQと10でコールできたでしょうか?

よほどのFishプレイヤーでない限りできなかったと思います。

 

実戦はドローハンドで$0.62にコールされリバーでストレートを作られてしまいました。

結果は$-5です><

 

結局後になって、レイズ額はバーで調節できることも知りました。