このエントリーをはてなブックマークに追加

フルハウスでも負けることはある

しばらくブログを更新していませんでしたので今日更新しようと思います。

とは言うもののポーカースターズでは時間を見つけてはプレイしていました。

今年の1月の半ば頃からポーカースターズをやり始めましたが、勝ったり負けたりを繰り返して$110入金したのが$50くらい増えたとうところです。

$0.08/$0.16 (Maxバイイン$16)のステークスで2面でプレイしています。

やっていて思うことは、ポーカーは結構波があるなということです。

調子がいい時は連続してダブルアップに成功したり、負けてるカードでもまくり目が良くて勝ってしまったりするのですが、調子が悪いといいハンドでも相手の強すぎるアクションの前にフォールドせざるを得なかったり、勝ちを確信して全額を突っ込んでバッドビートを喰らったりします。

相手にポーカーの知識があれば、そんなに簡単に勝たせて貰えるゲームではありません。

それでは反省のプレイを紹介します。

 

プレイ1、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16 USD)

プリフロップ($0.24)

シート1

シート2(SB)

シート3(BB)(私)3♦、3♣

シート4

シート5

シート6

シート4、5、6、1が$0.16でリンプインしました。

シート2がフォールドしました。

多人数参加なので私はチェックして5人でフロップを見にいきます。

 

フロップ($0.88)4♦、4♣、3♥

この上ないハンドです。

フロプの段階でフルハウスができて、後はいかに相手にポットを入れて貰うかだけの問題だと思いました。

多人数参加ゆえに私はスロープレイをすることに決めました。

最初のアクションをチェックで回します。

シート4が$0.32をベット、シート5、シート6がフォールド、シート1が$1.29へレイズしました。

これに対して私とシート4がコールしました。

 

ターン($4.75)5♦

これでボードにはストレートも見えてきました。

これは有り難い傾向で、私はここでもスロープレイをしました。

私のチェックに対してシート4は$2.72へレイズしてきました。

シート1がフォールド、私はコールしました。

 

リバー($10.19)T♠

私はプレイを一貫させるためにここでもチェックしました。

相手は$3.52をベットしてきました。

勝利を信じて疑っていない私は$7.02へレイズしました。

これに対して相手は残りの$4.55をオールインしてきました。

私も当然コールします。

 

ショーダウン($33.37)

相手は5♣、5♠を開きました。

ファイブとフォーのフルハウスです。

私はスリーとフォーのフルハウスです。

こうして相手はポット(レーキ$1.5)を獲得しました。

 

私は正直唖然としました。

こんなにポットに突っ込んでしまった言い訳を見つけようと「フルハウスでは仕方ないよな。」なんて考えようとしましたが、フロップの段階で5人も残っていれば、私の他に誰かペアハンドでも不思議はありません。

4のペアは共通なので同じフルハウスだとすれば、セットの勝負と同然です。

そうすれば私の3のスリーカードはボードの見える範囲では一番弱いです。

フロップの段階で勝ちを確信してしまった自分の過信が招いたミスです。

フルハウスでも負けることがあるということを認識していなければなりませんでした。

いくら何でもフルハウスではさすがにフォールドするわけにもいかないので、リバーの最初のベットに対してはコールに止めておけば良かったです。

 

このプレイの他にもボードにペアがない状態で、フラッシュAハイがストレートフラッシュに負けたりと何かとバッドビートが多かったです。

大分バンクロールを減らしてしまいましたが、「フルハウスやフラッシュAハイのようなほとんど負けることがないハンドでも負けることはある。」ということを覚えておこうと思います。

コメントを残す