このエントリーをはてなブックマークに追加

ポーカースターズのドローゲーム

今回はポーカースターズのドローゲームについて説明します。

ポーカースターズのドローゲームは5カードドロー、2-7トリプルドロー、2-7シングルドローがあり、その他のドローから選ぶことができます。

 

まずは5カードドローから説明します。

5カードドローは日本の5カードポーカーに当たります。

テキサスホールデムが世界ではメジャーとは言え、5カードポーカーも人気があり、ポーカースターズでもローステークスではテーブルが立っています。

SBとBBを置いた後プレイヤーにそれぞれ5枚ずつカードを配り、最初のベッティングラウンドが始まります。

その後いらないカードを好きな枚数分交換します。(全部必要なカードなら交換する必要はありません。)

その後に2回目のベッティングラウンドが始まり、最後にショーダウンとなります。

日本人にとってはテキサスホールデムよりかは馴染みがあると思います。

 

 

次に2-7トリプルドローについて説明します。

2-7トリプルドローは少し変わったルールで、ローゲームになります。

Aはハイカード扱いで一番低い役を競うゲームです。

AはハイカードよりA,2,3,4,5のストレートはありません。

一番強い役は2,3,4,5,7になります。

ドローというのはカードを交換するという意味で、トリプルドローとはカードを3回交換するということになります。

 

SBとBBを置いた後プレイヤーにそれぞれ5枚ずつカードを配り、最初のベッティングラウンドが始まります。

その後いらないカードを好きな枚数分交換します。(全部必要なカードなら交換する必要はありません。)

そして2回目のベッティングラウンドが始まります。

その後更にいらないカードを好きな枚数分交換します。(全部必要なカードなら交換する必要はありません。)

そして3回目のベッティングラウンドが始まります。

その後最後にいらないカードを好きな枚数分交換します。(全部必要なカードなら交換する必要はありません。)

そして最後のベッティングラウンドが始まりショーダウンとなります。

 

 

最後に2-7シングルドローですが、これは2-7トリプルドローの3回のドロー(カード交換)が1回になっただけで、後は一緒です。

コメントを残す