このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラフにやられる。

こんにちは、仗助です。

大分涼しくなってきました。

ところでエベレストポーカーを利用されている皆さんはご存知ですか?

今度、エベレストポーカーのソフトウェアがiPoker(プレイテック系)のものに置き換わるらしいです。

プレイティク社と言えばジパングカジノやワイルドジャングルカジノで有名ですがグラフィックがとても綺麗なオンラインカジノです。

しかしiPokerソフトウェアにはまだ日本語がない状態で今のところその予定はないそうです。

しかも急遽ということでここ1~3週間の間に行われるそうです。

 

さすがにこれには困惑しましたが、私はこのまま引き続きエベレストポーカーを利用しようと思います。

もう大分操作は慣れたし、対戦相手が変わるわけでもないし、ただ言語が英語になるくらいなら「まあいっか」というところです。

勿論分かりにくいところはこのブログで情報を共有しようと思います。

 

さてプレイ日記です。

先週は比較的好調でした。

Fishと思われるプレイヤーに上手いベット額でレイズしていき、私のポケットKにプリフロップオールインさせることができし、

 

ワンペアの勝負ではちょうどいい金額で勝負することができました。

この場合はコミュニティーカードから考えて相手にツーペアはなさそうですがオーバーペアやトリップスの可能性を考えると、いくらトップペアと言えどワンペアで全額勝負はできません。

 

振り返ってみたいのが以下のプレイです。

私にK♥、A♠が配られました。

カットオフの位置だった私は前のプレイヤーの$0.25のレイズインに対して$2.4の3ベットでレイズインします。

これに対して前のプレイヤー2人だけがコールしてきました。

 

フロップでは8♥9♦J♥が現れます。

ここで前のニ人はチェックしました。

ここで私もチェックしました。

 

ターンで現れたカードは8♦でした。

私はこれに対しても前のプレイヤーはチェックで回すのかと思いきや一人が$3をレイズしてきました。

「おや」と思ったのですが私もシブシブコールします。

もう一人はここでフォールドしました。

 

リバーで現れたカードはQ♣でした。

ここで相手はさらに$5レイズしてきます。

私はノーペアだったのでフォールドしました。

 

相手が最後に見せたカードは6♠、A♣でした。

どうやらブラフだったみたいです。

やられました。

この私のプレイはどこが変だったか分かりますか?

 

まず最初におかしいのはフロップをチェックで回しているところところです。

相手は何もヒットしてなさそうだったのでここは$4くらいはベットするべきでした。

そうすればプリフロップの3ベットレイズインの強気な姿勢と一貫性があります。

相手のフォールドエクィティも十分に期待できます。

 

次におかしいのはターンでコールしていることです。

K♥、A♠の強さになんとなくコールしてしまいましたがもう相手に主導権は移っています。

ここで何も揃わなかったのならフォールドするべきでした。

 

K♥、A♠はいくら強いポケットカードとは言え何も揃わなければただのハイカードです。

ポーカーで勝ちにいくためにはある程度はリスクを犯さねばなりません。

半端なプレイは一貫性がなく相手につけ込まれる隙を与えるだけです。

今回はそのような例でした。

コメントを残す