このエントリーをはてなブックマークに追加

コンティニュエーションベット

テキサスホールデムでは中々いいカードが揃ってくれることは少なく、勝つ上でブラフは重要なテクニックになてきます。

今回はブラフの一つコンティニュエーションベットを取り上げてみようと思います。

コンティニュエーションベットとはその名の如く連続でベットして相手をフォールドさせる作戦です。

これはかなり有効だと思いますが毎回やっていてはばれますし、相手が本物のカードであれば大きな損失を出しますし使うタイミングが重要です。

状況としましてはなんとなくコールでついてくるようなプレイヤーに有効な感じがします。

またセミブラフ気味にやるとこちらにも多少の強みはありますのでやりやすいです。

 

それではポーカースターズプレイ日記です。

今週は二つのプレイを見てみます。

 

プレイ1、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1(SB)(私)Q♦8♦

シート2(BB)

シート3

シート4

シート5

シート6

シート3がフォールド、シート4が$0.48でレイズイン、シート5、6がフォールドしてアクションは私に回ってきました。

私はQを含んだスーテッドカードでここはスチールを狙おうと$1.5へレイズしました。

シート2がフォールド、シート4がコールしてきました。

 

フロップ($3.16)7♦、8♣、A♣

セカンドヒットですが、私は$2をベットしました。

相手はコールしてきました。

 

ターン($7.16)6♠

フロップのベットについてくることは相手はA持ちの可能性が高く、ここはチェックせざるを得ませんでした。

相手は$4.51をベットしてきて私はフォールドしました。

相手は$6.84(レーキ$0.32)を獲得しました。

ラグだったらコンティニュエーションベットを試みたかったのですが、フロップでAが見えてコールでついてくる相手にコンティニュエーションベットはやりにくかったです。

 

 

プレイ2、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1

シート2

シート3

シート4(SB)(私)5♣、5♥

シート5(BB)

シート1がフォールド、シート2が$0.48へレイズ、シート3がフォールドでアクションは私に回ってきました。

5のペアハンドではフロップ以降弱くなりかねないので相手にフォールドを促すべく$1.5でレイズインしました。

シート5がフォールド、シート2がコールしました。

 

フロップ($3.16)Q♥、3♠、4♣

ここで私はやはり$2をブラフベットしました。

相手はコールでついてきました。

 

ターン($7.16)A♣

全然ヒットしませんが私は更にポットの6割近い$4をベットしました。

ここで相手はフォールドしました。

私は$6.84(レーキ$0.32)を獲得しました。

これはほとんど賭けでしたがフロップのコールについてくるということは相手はQ持ちの可能性は高いですが、Aを持っていなければコンティニュエーションベットとなるこの額はついてきにくいだろうと考えたからです。

結果的には上手くいきましたがここでもコールされてたらリバーのブラフベットはさすがにやりにくかったと思います。

 

ブラフは相手が本物のカードだった場合は通用しません。

どこまでブラフをするかは経験を積んでみなければ分からないところだと思います。

コメントを残す