このエントリーをはてなブックマークに追加

リアルマネー ポーカースターズの面白さ

こんにちはヨハンです。

ポーカーはスキルのゲームだと言われますが、プレイに結構個性も出ると思いませんか?

私はリアルマネーだと本当に個性が出ると思います。

ブラフばかりかけてくる人、自分のカードが弱いと相手に少し強く出られるとすぐに降りれしまう人、ストーリーを作って上手くブラフをかけてくる人とか、その人の性格や人生が反映される感じです。

オンライン越しにも相手はどんな人なのかな?と想像してしまいます。

やはりリアルマネーだと大きく失うと痛いものがありますから、それぞれの価値観で尺度が測れてしまうのですね。

半分だけ情報が与えらるテキサスホールデムというのは、リアルマネープレイによく合っているゲームだと思います。

世界最大のオンラインポーカーユーザーをかかえるポーカースターズでのリアルマネープレイは、味を分かってしまうと止められないものがあります。

 

ではプレイ日記です。

先週は$3000保証のトーナメントに参加してみました。

私はトーナメントは基本的にリバイとアドオンなしの方が好みです。

またレベルがゆっくり上がっていく方がいいです。

その方が実力が反映されやすいからです。

このトーナメントは1位だと$1350も貰える低額バイインのトーナメントです。

 

プレイ1、ホールデム ノーリミット (20/40)

プリフロップ(60)

シート1(2765)

シート2(2790)

シート3(3463)(SB)(私)8♣、8♠

シート4(4356)(BB)

シート5(5340)

大体平均スタックぐらいのトーナメントの序盤。

シート5は80へレイズしてきました。

シート1、2がフォールドしアクションは私に回ってきました。

セットがヒットしなければ負けかねない8のポケットハンドで、トーナメントの序盤ということもあり、ポットを大きくしたくなかったので私は60をコールしてリンプインしました。

するとシート4は200へレイズしてきました。

シート5がこれにコールし、アクションは再び私に回ってきました。

インプライドオッズは既に合わなくなっています。

ここでフォールドも十分考えられそうですが、このトーナメントできた初めてのペアハンドにフォールドするのが惜しくなってしまい、未熟にもオールインしてしまいました。

これだったらフォールドするだろうという見込みだったのですが、考えが甘かったです。

二人にコールされてしまいました。

 

ショーダウン(12175)

シート4がK♥、K♣を、シート5がJ♣、A♦を開きました。

やってしまった。と思いました。

フロップでは5♥、7♣、9♥が、ターンではA♠が、リバーでは6♥が落ちました。

奇跡としかいいようがありません。

ガットショットストレートドローを完成させた私がメインポットの10389を、Aのワンペアを完成させたシート5がサイド ポットの1786を獲得し、シート4はトーナメントから脱落しました。

これで私は大きくリードすることができたのですが、とても褒められたプレイではありません。

ポーカーは粘り強さが必要なので、通常はプリフロップで3ベットされた時点でフォールドするのが正しいプレイだと思います。

Card Playerで見てみますと私の勝率は一番低く19%しかありませんでした。

シート4にとってはバッドビートでした。

シート5はブロードウェイハンドとは言えよく二人にコールしたと思いますが、これも正しいプレイではないと思います。

スキルより運が出てしまったハンドでした。

 

 

プレイ2、ホールデム ノーリミット (25/50)

プリフロップ(75)

シート1(3434)(BB)

シート2(2890)

シート3(10234)(私)3♠、3♦

シート4(2195)

シート5(4210)

シート6(2406)(SB)

シート2がフォールドしてアクションは私に回ってきました。

トーナメントの序盤ではプレイ1と同じ理由より、3のポケットハンドを持つ私は50を払ってリンプインしました。

シート4、5はフォールドし、シート6は25をコールしてブラインドを守りにきました。

シート1はチェックし、3人でフロプを見に行きます。

 

フロップ(150)J♣、A♥4♦

シート6、1はチェックしました。

ベットが入ったらフォールドするつもりでいましたが、勝負を半ば諦めていた私は有り難くターンをタダで見にいく権利を得ました。

私もチェックします。

 

ターン(150)K♥

さすがにもうダメだろうと思っていましたが、ここでも二人はチェックしてきたので私もチェックで回しました。

 

リバー(150)5♥

なんとここでも二人はチェックしてきました。

私はフロップから一回でもベットが入ったらすぐにフォールドするつもりでしたが、とうとう最後までベットは入りませんでした。

ここでベットすることもできますが、どちらかがワンペアもヒットしていないとは考えにくく、その場合コールされても負けなので私はショーダウンする方を選びました。

 

ショーダウン(150)

シート6は9♥、6♠を、シート1はT♦8♦を開きました。

どちらもノーペアです。

私が少ないポットを獲得しました。

これでは確かにポットが大きくなりようがありませんが、3人もいて誰もボードにヒットしないというのも珍しいと思いました。

 

 

プレイ3、ホールデム ノーリミット (75/150、アンティ20)

プリフロップ(345)

シート1(22562)

シート2(2824)

シート3(6082)(私)7♠、6♣

シート4(4337)(SB)

シート5(11925)(BB)

シート6(2374)

シート6、1、2とフォールドしアクションは私に回ってきました。

トーナメントも中盤に差し掛かり、スティールも重要になってくるため、私は2.5BBを少し上回る400へレイズしました。

シート4は650へ3ベットし、シート5はフォールドしました。

シート4はブラファーのような感じのプレイが多かったので、ヘッズアップということもあり私は250をコールしました。

 

フロップ(1570)8♠、6♦、8♥

相手はチェックしてきました。

これは悪いカードではありません。

私はポットの半分を少し下回る600をベットしました。

相手はコールしtきました。

 

ターン(2770)4♠

相手はここでもチェックしてきました。

現状は勝っていそうですが、相手はオーバーペアかもしれないので私も慎重にチェックしました。

 

リバー(2770)K♦

ここで相手は間髪入れずにオールインしてきました。

いきなりポットに全額を入れてしまったのです。

もし本当に強い手なら相手にポットにたくさんのチップを入れてほしいため、このように付いてこれないような金額をベットするとは思えません。

また相手がKを持っていたとしてもワンペアでいきなりオールインするプレイヤーも少ないと思います。

そうなるとこれはブラフの可能性が高いです。

私はコールしました。

 

ショーダウン(8904)

相手は5♣、Q♣を開きました。

やはりブラフでした。

私がポットを獲得し、相手をトーナメントから脱落させました。

ちなみにもし相手がポットの8割くらいのベットでしたら、多分私はフォールドしていたと思います。

 

 

プレイ4、ホールデム ノーリミット (150/300、アンティ40)

プリフロップ(690)

シート1(35379)

シート2(15480) (SB)

シート3(4820)(BB)(私)T♥、6♠

シート4(8743)

シート5(9255)

シート6(24029)

ブラフのミスにより大分スタックを狭くしてしまったトーナメントの中終盤です。

シート4、5がフォールド、シート6がリンプインしてきました。

シート1がフォールド、シート2がコンプリート(BBにコールすること。)してきました。

ジャンクカードの私は有り難くチェックしてフリーカードを見にいきます。

 

フロップ(1140)7♦、4♠、T♦

シート2はチェックしてきました。

二人のハンドレンジを考えるとオーバーペアは考えにくいです。

なぜならオーバーペアならプリフロップでリンプインするとは考えにくいからです。

下のカードのペアかスーテッドコネクタ、ブロードウェイカード等が考えられそうですが、現状ではトップヒットの私が上回っていそうです。

私はここでオールインの勝負に出ました。

スタックが少なくなった私としては、フォールドしてくれるなら悪くないですし、レースに持ち込んでもいいと思ったからです。

シート6がコールしてきました。

シート2はフォールドしました。

 

ショーダウン(10100)

相手は9♦K♦を開きました。

ターンで8♠、リバーでQ♦が落ちフラシュドローを完成させた相手がポットを獲得しました。

相手にとってはアウツが9枚(ダイヤとK)あります。

勝率は私の方が僅かにいいですが、レースで負けてしまいました。

こうして私はトーナメントを脱落することになりました。

 

コメントを残す