このエントリーをはてなブックマークに追加

100 Billion Hands Celebration

久しぶりの更新となります。

ポーカースターズでは今月中に1000億ハンドを突破するそうで、それを祝って合計500万ドルもの特別プロモーションを用意しているそうです。

こうしている間にもどんどんカウントダウンが始まっています。

それにしても凄いハンド数ですね。

プロモーションも楽しみです。

 

では早速プレイ日記です。

 

プレイ1、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1

シート2

シート3(私)K♠、A♥

シート4

シート5(SB)

シート6(BB)

シート1、シート2がフォールドしてアクションは私に回ってきました。

私は通常の2.5BBの$0.4をベットしてレイズインしました。

シート4がフォールド、シート5は$1.92へ3ベットしてきました。

シート6がフォールドし再びアクションは私のところに戻ってきました。

スタックは広いですが、このバイインならAA、KK、QQ、AKはオールインすることにしていますので躊躇わずにオールインしました。

シート5はこれにコールしてきました。

 

ショーダウン($32.64)

フロップでK♥、3♣、J♠、ターンでT♠、リバーで5♥が落ちました。

相手はQ♠、Q♣を開きました。

Kのワンペアを作った私がダブルアップに成功しポット(レーキ$1.47)を獲得しました。

 

K♠、A♥がQ♠、Q♣にプリフロップでオールインして勝てる確率をCard Playerというサイトで見てみます。

43.03%もありました。

今回は相手にとって不運にもプリフロップオールインカードでしたが、もし下位のペアだったらまともなプレイヤーはオールインしにくいと思います。

実際には下位のペアにもA、Kハンドの勝率は少し下回りますが、それをフォールドさせるところにA、Kハンドのプリフロップオールインの妙があるところだと思います。

 

 

プレイ2、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1

シート2

シート3(私)9♥T♥

シート4

シート5(SB)

シート6(BB)

シート1と2がフォールドしてアクションは私に回ってきました。

中上位のスーテッドコネクタなのでフロップを見に行きたいハンドです。

私は通常の2.5BBに相当する$0.4でレイズインしました。

とてもアグレッシブなシート4がコール、シート5、6がフォールドしました。

 

フロップ($1.04)5♠、K♠、T♣

セカンドヒットですが相手のアグレッシブさを考えここはチェックで回しました。

もし相手がベットしてきたらフォールドする覚悟でしたが、相手もチェックしてきましった。

 

ターン($1.04)9♠

これは素晴らしいカードです。

ツーペアで現状では勝っていそうなので$0.7ほどバリューベットを打ちました。

これに対して相手はコールしてきました。

 

リバー($2.44)J♣

このカードで状況は一変し、私にとって都合の悪いものとなりました。

いくらツーペアでもQを持たれてたらストレートで負けだからです。

ここはいろんな選択の余地があると思いますが、私は勝負を諦めていました。

チェックで回すと、相手は$2.4をベットしてきました。

私はツーペアをフォールドせざるを得ませんでした。

こうして相手はポット(レーキ$0.11)を獲得しました。

ポット相当のベットということはフォールドしてくれとのサインにも取れますが、こうなるとポジションが非常に大きいです。

 

 

プレイ3、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1

シート2(SB)

シート3(BB)(私)8♣、A♠

シート4

シート5

先程のシート4がリンプインしてきました。

後は全員フォールドし、私は有り難くジャンクカードでフロップを見に行きました。

 

フロップ($0.40)Q♣、5♣、6♣

これでフラッシュドローになりましたが、大喜びできる状況でもありません。

私がチェックすると相手は$0.48をベットしてきました。

仕方無くこれにはコールしました。

 

ターン($1.36)8♥

これでワンペアと強いキッカーができましたが、相手がアグレッシブなことを考えまたチェックしました。

これに対して相手もチェックしてきました。

 

リバー($1.36)3♥

これはさすがにラグっぽいです。

私はこのままショーダウンしたかったのでチェックで回しました。

すると相手は$1.28をベットしてきました。

ターンではチェックだったため、これはブラフの可能性の方が高いと思いました。

相手がQを持っていないことに賭けコールしました。

 

ショーダウン($3.92)

相手はT♦4♦を開き、どうやらブラフだったみたいです。

私がポット(レーキ$0.18)を獲得しました。

T♦4♦でUTGからリンプインするのは相当なfishプレイヤーだと思われます。

 

 

プレイ4、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1(SB)

シート2(BB)(私)A♠、Q♦

シート3

シート4

シート5

今回も例によって上のプレイヤーに当たるシート3がリンプインしてきました。

シート4がフォールド、シート5がリンプインしてきました。

シート1がフォールドしてアクションは私に回ってきました。

ここは当然レイズしたいところですが、いつものアグレッシブプレイヤーがいるためただでフロップを見に行く順を選びました。

 

フロップ($0.56)3♣、2♣、T♥

あまり面白いフロップではありません。

私はチェックで回して誰かがレイズしてきたらそのままフォールドするつもりでした。

しかし幸いにも他の二人もチェックしてきました。

 

ターン($0.56)Q♠

このカードは私にとっては有り難いです。

現状では3人の中で一番強いと思われますが、参加ハンドレンジの広いアグレッシブプレイヤーには着いてきてほしいと思ったので小額の$0.16をベットしました。

シート3は案の定コールしてきましたが、シート5はフォールドしました。

 

リバー($0.88)7♠

これもラグです。

私はポットの半分より少し多い$0.48をベットしました。

すると相手は$0.96へレイズしてきました。

どうせいつものブラフだろうと思い私は更に$1.44へリレイズしました。

これに対して相手はコールしてきました。

 

ショーダウン($3.76)

相手は7♣、Q♥を開きターンとリバーで7とQのツーペアを作った相手がポット(レーキ$0.17)を獲得しました。

少し不運でしたが、ワンペアではいくらFishが相手でも強くはいけないなと思いました。

コメントを残す