このエントリーをはてなブックマークに追加

安くフロップを見にいきたいスーテッドコネクタ

久しぶりにブログを更新します。

先月は何かと人付き合いが多く、あまりポーカーをプレイすることができませんでした。

5月の連休はゆっくりと休めますのでポーカースターズに飲めり込んでみようと思います。

 

それではポーカースターズの便利な機能を紹介します。

今日紹介するのはフィルター機能です。

これはとても便利な機能で、トーナメントでもリングゲームでもお好みのテーブルを選ぶ際に無駄を省き分かりやすく表示させることができます。

赤枠の部分をクリックすると設定することができます。

この状態はフィルターがオフの状態になっていますが、左にある四角の部分をクリックすると緑に点灯しオンの状態になります。

 

これが設定画面です。

最大プレイヤー数、ステークス、バイイン、通貨、詳細設定等を調節することができます。

 

フィルター設定をすることによりコンパクトになり、とても見やすくなりました。

ポーカースターズに限らずこの機能は便利な機能と言うよりも、必須の機能といった方が正しいかもしれません。

 

ではプレイ日記です。

 

プレイ1、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1(BB)

シート2

シート3

シート4

シート5

シート6(SB)(私)7♦、7♠

シート4まではフォールドで、ややアグレッシブなシート5が$0.45へレイズインしアクションは私に回ってきました。

私がゲームに参加する時は大体レイズインし、相手がフォールドしてくれることに期待します。

私は$1.2へレイズしました。

シート1がフォールドしシート5はコールしてきました。

これでシート5と私のヘッズアップになり、二人でフロップを見に行きます。

 

フロップ($2.56)6♣、6♠、2♥

このカードはそれ程悪いカードではなさそうです。

この場面では通常なら$1.4くらいはベットしてみたいところですが、前のゲームでオーバーペアのセットを作られ負けてしまいましたので慎重にチェックでまわしました。

シート5は$2.2をベットしてきました。

私はさすがにツーペアで降りるわけにもいかなくコールしました。

 

ターン($6.96)7♣

これは素晴らしいカードが落ちてくれました。

このフルハウスは現状のボードでは最強でほぼ勝利をものにできそうです。

私は相手がややアグレッシブなことと、自分のストーリを一貫させるためにここもチェックで回しました。

相手もチェックしてきました。

 

リバー($6.96)2♠

これも素晴らしいカードで2か6のフォーカード以外は勝利をものにできます。

私はここまできたら当然チャックでスロープレイをします。

すると相手は有り難いことに$4.8をベットしてきました。

これこそ私が望んでいたアクションです。

私はここで$7.59をオールインしました。

相手は時間を一杯使いフォールドしました。

私はポットの$16.56(レーキ$0.75)を獲得しました。

 

 

プレイ2、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1

シート2

シート3

シート4(私)3♣、3♠

シート5(SB)

シート6(BB)

シート1がフォールド、シート2が$0.48へ3BBでレイズインしました。

シート3がフォールドしてアクションは私に回ってきます。

3のワンペアではフロップで3が出てセットになってくれなければそれ以降プレイするのが難しく、ペアハンドがフロップでセットになる確率も1/9と決して高くないためここは相手をフォールドさせたい意味でも$1.44へ3ベットしました。

シート5、6はフォールドしシート2がコールで応じてきました。

 

フロップ($3.12)6♥、8♣、4♠

相手はここでチェックしてきました。

私は主導権を取りにいく意味でもポットの8割近い$2.4へレイズしてきました。

相手はコールしてきました。

 

ターン($7.92)7♣

相手はまたもやチェックをしてきました。

ここまでついてくるということは相手はオーバーペア以上の手だということが推察できそうです。

現状では負けていそうなために私もチェックで回します。

 

リバー($7.92)5♠

なんとここでボードでストレートが完成してしまいました。

ここで相手は$5をベットしてきました。

このアクションに対して私は悩みました。

問題は相手が9を持っているかどうかです。

こればかりは考えても分かりませんでした。

9のペアハンドでも9、10のスーテッドコネクタでも全然ありえそうです。

しかしここでフォールドするのも悔しくコールで応じました。

 

ショーダウン($17.92)

相手はQ♥、Q♣を見せました。

私は3♣、3♠より互いにボードのストレートで分かれです。

シート2は$8.56、私は$8.55(レーキ$0.81)を獲得しました。

レーキだけ取られるというのも何か悔しいものがあります。

 

 

プレイ3、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1

シート2

シート3

シート4(SB)(私)Q♠、Q♣

シート5(BB)

シート6

シート6、1、2、3と全員がフォールドしアクションは私に回ってきました。

私は$3.2へレイズしました。

通常なら2.5~3BBが標準レイズ額なのですが、ヘッズアップになったことによりQのペアハンドのバリューを最大限に引き出す意味でも相手についてきてほしく少し低めのレイズインにしました。

相手は$0.8へレイズしてきました。

これこそ私の望んでいたアクションで相手がもしAAかKKなら仕方が無いといったところです。

私は$10.88をオールインしました。

これに対して相手はコールしてきました。

 

ショーダウン($21.76)

6♦A♦を開きました。

ボードにはフロップで8♠、k♣、T♠、ターンでA♠、リバーで4♣が落ち相手がポット(レーキ$0.98)を獲得しました。

これは不運でしたがポケットハンドでは勝っていたのでしょうがないところです。

 

 

プレイ4、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1(BB)

シート2

シート3

シート4

シート5(私)Q♠、K♠

シート6(SB)

シート2がフォールド、シート3が$0.48へレイズ、シート4がフォールドしてアクションは私に回ってきました。

私はいつもの$1.44へ3ベットでレイズインしました。

シート6、1がフォールドしてシート3は更に$3へレイズしてきました。

私はコールしました。

 

フロップ($6.24)9♥、5♣、5♠

相手は$3.36をベットしてきました。

フラッシュもストレートもほぼ絶たれたこのボードでは勝ち目が無いと見て私はフォールドしました。

相手はポット(レーキ$0.28)を獲得しました。

問題は私のプリフロップの行動が正しかったかどうかですがQ♠、K♠は、フロップでセットにしなければ勝ち目が薄い下位のペアハンドとは違いフロップを見て判断したいカードです。

そうするとプリフロップの相手の$0.48のレイズに対してはコールが正しかったのではないかと思います。

コメントを残す