このエントリーをはてなブックマークに追加

ポーカースターズとフルティルトポーカーを連携し資金移動させる方法

フルティルトポーカーは2012年からポーカースターズに買収され、現在はポーカースターズの傘下にあるため系列は一緒で、それぞれのアカウントを連結し、資金を自由に行き来することができます。

結構便利ですが、今回はその方法を説明します。

 

まず両方のアカウントを開設した後、ポーカースターズへログインします。

 

accountlink1

アカウントのFull Tilt Pokerアカウントと連結をクリックします。

 

accountlink2

続行をクリックします。

 

accountlink3

連携コードが生成されますので、クリップボードにコピーします。

 

accountlink4

Full Tilt Pokerにログインし、Pair PokerStars Accountをクリックします。

 

accountlink5

Continueをクリックします。

 

accountlink6

PokerStars User IDと先程の連携コードを入力し、Continueをクリックします。

 

accountlink7

Continueをクリックします。

 

accountlink8

これで連携は成功しました。

 

では続いてポーカースターズからフルティルトポーカーへ資金を移動させてみます。

accountlink9

送金先Full Tilt Pokerをクリックし、送金したい金額を入力し、OKをクリックします。

 

accountlink11

数分程度時間差はありますが、フルティルトポーカーへ反映されます。

送金した旨はメールでも届きます。

 

 

フルティルトポーカーはポーカースターズに比べて、画面やアバターが少し派手で、プレイヤー数も決して多くありません。

しかし一世を風靡したフルティルトポーカーですから、今後ポーカースターズと行き来するユーザーが増えると思います。

フルティルトポーカーも利用してみて下さい。

中々勝てないポーカー

こんにちは、ヨハンです。

日本シリーズもいよいよ大詰めを迎えました。

今日からまた楽天の本拠地で行われますが、初優勝で地元胴上げとなるか楽しみなところです。

 

ポーカーですが先月は前半は調子が良かったのですが、後半に連続で不運なことが起こってから崩れてしまい、また無謀なプレイをやらかしてしまって結局はマイナスの収支になってしまいました(涙)

全く精神的にも弱いです。

ポーカーは半分は運ゲーで、勝っているハンドでもまくり目によって逆転されてしまうことが多々あります。

こういう時熱くなって無謀なことをして、お金を捲き散らかしてしまうんですよね・・・・

その逆のケースもあります。

こちらにプレミアムハンドが入って、本来なら相手はフォールドするべきところで無理やりオールインにコールしてきたこともありました。

ポーカーは忍耐のゲームで、精神的に強くないと長期的に利益を上げるのは難しいです。

今日は先月のプレイから厳選して3プレイを紹介します。

 

 

プレイ1、ホールデム ノーリミット ($1.1バイイントーナメント、開始チップ2000)

ハンド #106204785060

プリフロップ(30チップ)

シート 1:PromoMS(1900 チップ)
シート 2:jyoutarou(1990 チップ)7♥8♥
シート 3:crazy23623(4525 チップ)
シート 4:NikolaKojo(1820 チップ)SB
シート 5:apn36(1900 チップ)BB
シート 6:Buznix2010(2045 チップ)
シート 8:ConnyDax1982(1920 チップ)
シート 9:3n5ThatsNuts(1900 チップ)
NikolaKojo: SBをポスト 10
apn36: BBをポスト 20

トーナメントの開始の段階です。

シート6、8がフォールド、シート9が100へレイズしました。

シート1がフォールドしてアクションは私に回ってきました。

私はこのカードでは安くフロップを見てみたいので、100でコールしました。

シート3がフォールド、SBのシート4がコールでブラインドを守りにきて、シート5はフォールドしました。

3人でフロップを見に行きます。

3人の中で一番ポジションが良く、このプリフロップは上手くいったと思います。

 

フロップ(310チップ)T♠、9♦、3♣

シート4がチェック、シート9が160をベットしてアクションは私に回ってきました。

ストレートドローの私はセミブラフ気味に480へレイズしました。

相手はコールしてきました。

 

ターン(1270チップ)4♠

相手はチェックしてきました。

私もチェックでかえしてフリーカードを得ることに成功しました。

これはフロップで大きめの3ベットを打つことで相手のベットを制限したもので、ポジションがいい時に有効です。

もしフロップで私がコールしていればポットには630入っていることになり、相手がここでもレイズすれば、コールの代償は320(フロップのレイズ額)を上回っていたと思います。

 

リバー(1270チップ)6♥

相手は640をベットしてきました。

これで相手は完全にポットコミットをしています。

フラッシュドローを引き当てた私は、残りの1410をオールインして、相手に全てのチップをポットへ入れるように要求しました。

相手は680でオールインコールしました。

 

ショーダウン(3920チップ)

相手はT♦A♥を開きトップヒット、トップキッカーを見せました。

こうしてストレートを作った私がポットを獲得して、相手をトーナメントから脱落させました。

2013.11.2p1

これが先月の中で一番上手くできたプレイだったと思います。

尚トーナメントはこの後負けてしまいました。

 

 

プレイ2、ホールデム ノーリミット (キャッシュゲーム$0.08/$0.16)

ハンド #106202905729

プリフロップ($0.24)

シート 1:Mosyash($16.52 チップ) BB
シート 2:Spendill($16.24 チップ)
シート 3:devon06atX($34.24 チップ)
シート 5:gotigers2011($10.93 チップ) D
シート 6:jyoutarou($15.07 チップ) SB7♥4♥
jyoutarou: SBをポスト $0.08
Mosyash: BBをポスト $0.16

シート2、3がフォールド、シート5のDは$0.48へレイズしました。

ツーギャップスーテッドコネクタで、普通SBから参加するハンドではありませんが、相手がブラインドスチールの可能性もあり、毎回こういう状況でフォールドするわけにもいきませんからこのハンドをプレイしてみようと思いました。

これはほとんど望みの薄いカードで、決してフロップを見に行きたいというハンドではありません。

私は$1.5へ3ベットして相手をフォールドさせにいきました。

シート1がフォールド、シート5はコールしてきました。

これで私の方はポジションが悪い中でほぼ最悪のハンドをプレイする羽目になりましたが、相手のハンドは参加するに十分な強さを持ったハンドだという情報は引き出せたわけです。

 

フロップ($3.16)T♥、K♣、A♥

このフロップは相手のハンドに対して強烈にヒットしてそうです。

しかし私の方もフラッシュドローになりました。

一番最悪なのが、相手がK♥Q♥或いはQ♥J♥を持っていることです。

こうなってれば私は ドローイングデッド(現状で負けていて捲くり目もない状態)です。

しかしその時はしょうがないということで、積極的にいってみました。

私はポットの半分を少々超える$1.68をベットしました。

すると相手は$3.36へレイズしてきました。

これはAくらいはヒットしているだろうなと思いましたが、こうなっては私もひるむわけにはいかず、残りの$13.57をオールインしました。

これに対してスタックのない相手は$6.07でオールインコールしてきました。

 

ショーダウン($22.02)

ターンで8♥、リバーで7♣が落ちました。

相手はT♠、A♦でフロップでツーペアになっていたことを示しました。

ターンでフラッシュドローを引き当てた私が$21.03を獲得しました。

2013.11.2p2

これは勢いでやってしまいましたが、フロップを見て相手にヒットしてそうだと思った時点で、セミブラフはあまり言い選択とも思えません。

特にこの場合は相手がショートスタックだったので尚更です。

しかしそれでもフラッシュドローを引くことをできたのは、私にとってラッキーでした。

もしフロップでチェックしてフリーカードを見にいこうとすれば、相手は間違いなくベットしてくると思いますので、ターンでもコールしてフラッシュが完成しなかった場合は損害も大きくなりますので、あるいはこのプレイでしょうがなかったのかもしれません。

 

 

プレイ3、ホールデム ノーリミット (キャッシュゲーム$0.08/$0.16)

ハンド #106345700521

プリフロップ($0.24)

シート 1:Tomatoma37($20.18 チップ) SB
シート 2:rEdnib315($20.98 チップ) BB
シート 3:brerraew($18.33 チップ)
シート 4:nerdybird45($8.60 チップ)
シート 5:jyoutarou($11.65 チップ) K♥J♥
シート 6:vatteztaR*($18.31 チップ) D
Tomatoma37: SBをポスト $0.08
rEdnib315: BBをポスト $0.16

シート3、4がフォールドしてアクションは私に回ってきました。

私は$0.32へレイズしました。

これはドミネイトされているかもしれないブロードウェイカードのワンギャップスーテッドコネクタは、安くフロップを見てみたいということです。

シート6、1がフォールドして、シート2のBBはコールしてブラインドを守りにきました。

 

フロップ($0.72)A♠、Q♣、5♠

相手は$0.48をドンクベットしてきました。

ブラフの可能性もあり、ストレートドローを引いた私はプレイ1と同じ意味で$1.5へレイズしました。

相手はコールしました。

 

ターン($3.72)T♦

相手はやはりチェックしてきました。

これでストレートが完成して現状ではナッツです。

問題は相手にスペードを2枚持てれており、リバーでフラッシュを引き当てられてしまうことです。

こうなってはたまらないので、相手へフリーカードを与えたくない私はポットを越える$5.48をベットしました。

すると以外なことに相手は残りの$10.96をオールインしてきました。

さすがに負けはないだろうと思い、私も$4.35でオールインコールに応じます。

 

ショーダウン($23.38)

リバーで3♠が落ちました。

相手はK♠、J♠を開き、フラッシュを完成させ$22.33を獲得しました。

2013.11.2p3png

まさか相手も同じK、Jのワンギャップスーテッドコネクタだとは思いませんでした。

そしてリバーでスペードが落ちて、フラッシュになってしまったのは私にとって不運でした。

これはポーカーをやる者の宿命なので、しょうがないでしょうね。