このエントリーをはてなブックマークに追加

スーテッドコネクタのプリフロップの扱い方

今回のテーマはスーテッドコネクタの扱い方になります。

では早速見ていきます。

プレイ、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1(D)(私)9♥8♥

シート2(SB)

シート3(BB)

シート4

シート5

シート6

シート4、5がフォールド、シート6が$0.4でレイズインしてアクションは私に回ってきました。

私はポジションを利用して相手をフォールドさせようとして$1.2へ3ベットしました。

シート2、3はフォールドしてシート6は$3へレイズしました。

シート6の情報はありませんが、ここまでのプレイを見ていますと堅実でタイトなプレイヤーです。

普通に考えれば、上位のペアかA、Kあたりを持っていそうです。

私の方としては取り敢えずはフロップを見てみたいところです。

相手の4ベットに対して私は$1.8をコールしました。

 

フロップ($6.24)10♦J♥、6♣

これは私にとっては悪いフロップではありません。

オープンエンドストレートドローとバックドアフラッシュドローです。

相手は$3.2をベットしてきました。

いよいよ上位のペアかA、K或いはJのセット辺りが濃厚です。

私にとっては決断の難しいところです。

残りは$11.4でここでコールすれば$8.2になってしまいます。

ターンでもベットしてくることを予想すると、それにコールすればほとんど手元に金額は残りません。

フロップでポットを大きくしておいて、狙い通りのストレートドローになってフォールドするわけにもいかず一か八かのセミブラフに勝負を託しました。

私は$6.4でリレイズしました。

相手は間髪入れずにオールインしました。

既にポットコミットしている状態なので$5でオールインコールに応じます。

 

ショーダウン($29.04)

相手はQ♦、Q♣を開きました。

ターンで4♦、リバーで9♠が落ち相手が$27.73を獲得しました。

2013.8.27

 

すごく後悔したプレイです。

ターンかリバーでQか7を引けば勝ちそうですが見事にQがドミネイトされていました。

そしてQ、Qは十分相手のハンドレンジに入っていました。

これによりアウツはたった6枚しかありません。

4倍の法則より勝率は大体24%です。

 

2013.8.27c

Card Playerで見ても勝率は26.77%しかありませんでした。

フロップでのプレイは咎められないと思います。

問題はプリフロップにあった感じがします。

前に2.5BBのレイザーがいた場合は9♥8♥ではコールで、安くフロップをみにいくべきだったと思います。

また$1.2の3ベットも無い手ではなさそうですが、この例のようにリレイズされると非常に困ります。

そしてコールをするとポットが大きくなってしまうため、フォールドがしにくくなってしまいます。

結局はフロップでドローになったとしても、勝率の悪い勝負を強いられることになりそうです。

やはり前のポジションで2.5BBくらいのレイザーがいた場合、スーテッドコネクタで参加するならリレイズよりもコールの方が良さそうです。

 

折角ですので、ドミネイトに関してもう一つ面白い数値をお見せします。

2013.8.27c1

今回の例でプリフロップでオールインした場合のQ♦、Q♣の勝率は78.27%あります。

Q♦、Q♣よりも強いA♦、A♣で見てみます。

2013.8.27c2

なんとたった58.41%しかありません。

これは9♥8♥側がQ絡みのストレートをできにくくしていることを意味します。

ドミネイトされるとA、AよりもQ、Qの方が強くなってしまうところが面白いところです。

Fishのいるテーブルと時間帯

暑中見舞い申し上げます。

 

オンラインポーカーは多面でプレイしている人が多く、大体4~6面くらいでプレイしている人が多いです。

凄い人になるとパソコンを何台も立ち上げ12~24面でプレイするそうです。

1テーブルでは5~6ハンドに一回くらいしか参加しないのでこういうことができるのです。

しかしこの場合は自ずとタイトアグレッシブのABCポーカー(教科書通りのポーカー)になってしまいます。

逆の見方をすると複数テーブルでプレイしている人はタイトアグレッシブプレイヤーと見なしていいと思います。

yomen

 

私の場合は2面でプレイすることがほとんどです。

相手がどういうプレイヤーなのかよく観察するにはこれくらいが丁度いいからです。

特にブラファーの場合は相手をよく観察しないとできないので、自分で相手を観察できる範囲でテーブルを立ち上げていると思います。

ちなみにオンラインで相手の癖なんか見抜けるのか?と思われる方もいるといるかと思いますが、参加ハンドレンジやベット額、アクション時の間合いなどで癖が出ます。

やはりオンラインといえど相手はオンライン越しの人ですからね。

上手いプレイヤーであればあるほど相手を観察するのが上手いです。

 

オンラインポーカー上級者はABCポーカーでも$1/$2のステークスで6面で打てば時給$30になると言っていますが、これはあくまで相手がFishということであって相手が強ければ無理です。

よってオンラインポーカーで稼ぐ事を目的とする人はFishを選んでプレイしています。

Fishのいそうなテーブルは空席待ちのプレイヤー数と平均ポット、フロップに残るプレイヤー数の割合が目安になります。

グレーに反転させたところは、この数値が他のテーブルと大きくかけ離れているのが分かります。

こういうテーブルにFishプレイヤーのいる確率が高いです。

Fishのいるテーブルでプレイしたいために、空席待ちのプレイヤー数が多いのは自然です。

fishtable

 

またFishの多い時間帯は残念ながら日本では深夜~明け方になります。

ヨーロッパで夜の時間帯です。

 

 

それではプレイ日記です。

プレイ、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1(B)

シート2(SB)(私)K♠、A♦

シート3(BB)

シート4

シート5

シート4、5はフォールドしました。

ボタンのシート1が$0.48へレイズしました。

私はレイズ額の3倍以上の$1.5で3ベットしました。

シート3はフォールドしました。

シート1はコールしましたが、もしここで4ベットが入ったらオールインするつもりでした。

 

フロップ($3.16)Q♣、7♠、5♠

見事に外れています。

通常ならポットの6割くらいをベットしたいところですが、ポットが少し大きくなっていますのでここはチェックで回しました。

相手もチェックしてきました。

 

ターン($3.16)A♣

ヒットしました。

現状では相手より勝っていそうですが、ドローが見えますのでここはベットする一手だと思います。

私はポットの6割相当の$2をベットしました。

相手がもしドローも含め何もヒットしていなかったらこれでフォールドすると思ったからです。

しかし相手はコールしてきました。

 

リバー($7.16)8♠

最も恐れていたカードが出てきてしまいました。

フロップ以降相手はチェックとコールばかりで、安くフラッシュを作りたいならここまでのストーリーはフラッシュドローと一致します。

A、XオフスーツでターンでAをヒットさせたなら私のキッカー勝ちになりそうです。

ここは選択の難しいところですがポットが大きくなっているため、もしベットしたとしてリレイズがかえってきたらそれはほぼ間違いなくフラシュの可能性が高いです。

それがもしオールインに相当する額なら、お互いにスタックがディープゆえに、恐らく私はAのヒットしているK♠、A♦をフォールドしなければならない立場に追い込まれます。

考慮した末に私はチェックを選びました。

相手もチェックしました。

 

ショーダウン

私はK♠、A♦を開き、相手はA♥、T♣をマックしました。

私は$6.84(レーキ$0.32)を獲得しました。

2013.8.20

 

これだったら相手がコールできそうなポット相当の額はベットしたかったですが、ポジションが悪かったのとターンで3枚目の♠が落ちてしまったのが不運なところでした。

AAの大きな損失、見えにくいセット

最近エベレストポーカーでもプレイしているのですが、今日はそのエベレストポーカーでバッドビートを喰いました。

エベレストポーカーではプレイヤー名を隠して匿名で対戦できるテーブルもあるのですが、私は基本的に利用していません。

やはりプレイしながら相手のデータベースもほしいですからね。

私はエベレストポーカーはサブポーカールームとして扱っています。

完全英語ですが、ポーカースターズでプレイできれば難しいことはありません。

ポーカースターズとは少しバイインが異なりますが、気分転換に利用しています。

エベレストポーカーのプレイテックのソフトウェアはポーカースターズの独自開発系のソフトとはまた一味違いますので利用してみる価値は十分にあると思います。

では私のプレイを振り返ってみます。

 

 

プレイ、ホールデム ノーリミット ($0.1/$0.2)

プリフロップ($0.3)

シート1

シート2

シート3

シート4(D)

シート5(SB)

シート6(BB)(私)A♠、A♦

 

このテーブルでは30ハンドくらいしかプレイしていませんが、ほとんどスチールばかりで一回もショーダウンしていなくスタックもあまり変化していません。

漸くチャンスが巡ってきたと思ったのですが、シート4までフォールドで回り、がっかりしていたらSBから$0.6へレイズの声がありました。

ラッキーと思い、私はレイズ額の2.5倍の$1.5へリレイズしました。

相手はコールしました。

 

フロップ($3)8♥、2♠、5♦

これは私にとって、悪いフロップではありません。

ストレートもフラッシュも見えにくいボードです。

相手はチェックしてきました。

トップペアで勝利を信じて疑っていない私はポットの2/3に相当する$2をベットしました。

相手はコールしてきました。

 

ターン($7)K♣

相手はまたもチェックしてきました。

これでフラッシュの目も完全に絶たれましたが、相手がもしK持ちならリバーでKを引かれる可能性も残っているため、私はポットの半分をやや上回る$4をベットしました。

すると相手は$9へレイズしてきました。

「おや」っと思ったのですが、私は更に$10をポットに入れてしまいました。

ここで私はポットコミットしています。

相手は残りをオールインしてきました。

私も$2.8でオールインコールしました。

 

ショーダウン

相手は5♥、5♠を開きました。

まさかのセットでした。

これは無警戒でした。

リバーでK♦が落ちてフルハウスになり相手が$57.62もの大きなポットを獲得しました。

2013.8.10

 

私の方としてはバットビートでした。

セットは非常に読みにくく、実戦的にもA、Aが入ってくるとフォールドしにくいものがあります。

このプレイのどこが拙かったのか分かりませんが、ドイルブロンソンが言うには「AAやKKは小さなポットを獲得するか、大きな損失をするかのどちらかである。」そうです。

それにしてもセットという役はボードからは非常に分かりにくいものですね。

ターンで$9へリレイズされた時、あなたならフォールドすることができますか?

 

追記

A、Aでもしプリフロップで相手をフォールドさせようと考えるなら、相手のレイズ額の4倍以上が正しいベット額なのかもしれません。

2013.8.10cardplayer

Card Playerで見てみますといくらA、Aでも下位のペアに対しては大体5回に1回は負けてしまいます。

これは結構高い確率です。

そしてこの負ける時の金額は大きくなってしまうことが予想できますので、やはりもう少し強いアクションで相手をフォールドさせる方向に持っていくべきだったと思います。

 

プリフロップでレイズインして私の強いアクションに対してコール、ストレートもフラッシュも見えないローボードのフロップで最初はチェックして私の強いベットに対してコールしてきたということは、よくよく考えるとセットでスロープレイしているくらいしか考えられません。

上位のペアだったらプリフロップで4ベットが返ってきそうだし、それ以外のオーバーペアだったらフロップでベットが入りそうだし、ペア以外だったらフロップでフォールドしてしまう可能性が濃厚だからです。

するとターンではこちらもチェックで回して様子を見るべきだったのかもしれません。

リバーでどうなったか分かりませんが、少なくとも負け額はこんなに大きくならなかったと思います。

冷静になって考えてみると未熟なプレイでした。

トリップスのキッカー負け

先月はポーカースターズとエベレストポーカーで合わせて$150近く負けてしまいました。

エベレストポーカーは去年ソフトウェアが入れ替わってから英語になってしまいましたが、それでもたまに利用しています。

しかしポーカースターズに比べると圧倒的に人が少ないですね。

エベレストポーカーのポーカースターズにないメリットはi-BANQが利用できることです。

口座開設が数分でできますのですぐに入金して遊ぶことができます。

気分転換には丁度良いです。

 

先月の赤字になった理由を自分なりに考えてみましたが、ベット金額が少し高いのではないかと思いました。

最初にレイズインする時は大体3BB、3ベットする時は相手のベット額の3倍以上、フロップ以降ベットする時は大体ポットの7割くらいにしていました。

基本的にはベット額を高めにすることで相手をフォールドさせる狙いですが、相手にターン、リバーまでコールされてしまったり、逆にリレイズが掛かるとフォールドせざるを得なくなってしまったりと、とにかく損失の方が大きく利益が出ませんでした。

この点を修正して今月からは、UTG、MIDの位置なら2.5BB、CUT、BTNの位置なら2BBからレイズインすることにしました。

また下位~中位のペアに関してはコールでリンプインして安くフロップを見に行く戦略にしました。

 

これでどうなるか分かりませんが、1カ月くらいこのプレイスタイルでいってみようと思います。

ただ勝っている人のプレイもよく観察するのですが、こういうプレイではないのが気掛かりです。

しかし勝ちパターンは一つとは限らないし、いろいろ試行錯誤して試してみるよりなさそうですね。

 

以前シークレットキャッシュポイントという商材がありましたが、これはあくまでFishを相手にすると効果があるということで、実際にはそのようなFishもあまりいない感じがします。

時間帯もよくないのかもしれませんが・・・・

 

私の独自の攻略法としては面数を少なくして、相手をよく観察し、プレイに特徴のあるプレイヤーからそれを逆手に取って逆に奪い取るというものです。

観察するポイントとしては、相手の参加頻度とハンドレンジ、どれくらいベットしているかということです。

ショーダウンまでいき、相手のカードが見れた時はそれまでのストーリーを見返して、どれくらいの手でどれくらいベットしているのかが分かります。

例えばフォールドさせることを目的にオフスーツコネクターで強いベットをしてくるプレイヤーには、それ以上に強いベットをするとフォールドして貰える可能性が濃厚です。

普段あまり参加しないタイトプレイヤーがリレイズしてきた時は大体本物の手が入っていそうです。

また手が揃わなかった時はブラフ気味のベットを打ち、手が揃うとスロープレイしてくる相手もいます。

人によってプレイに特徴がありますので、プレイヤーメモを存分に活用してデータベースを作って、それを逆手に取ったアクションをしてみようと思います。

基本はブラフになるためリスキーですが、千差万別の人を相手にするには相手をよく観察してそれに応じた対策が必要だと思っています。

 

 

プレイ、ホールデム ノーリミット ($0.08/$0.16)

プリフロップ($0.24)

シート1(BB)

シート2

シート3(私)9♠、T♠

シート4

シート5

シート6(SB)

シート2は$0.48でレイズインしてアクションは私に回ってきました。

このハンドなら今までだったら$1.5でリレイズするところでしたが、コールに止めました。

後は全員がフォールドしてシート2とのヘッズアップになりました。

 

フロップ($1.2)9♥9♦7♦

素晴らしいフロップです。

この晩は一回もチャンスがなく漸くチャンスが巡ってきたと思いました。

相手は$0.48ベットしてきました。

ポットに対して随分と少な目のベットです。

このプレイヤーの情報は特に無く、この小額ベットをブラフベットと読みました。

それならば大目のベットをしてしまえばフォールドしてしまいそうです。

私はコールに止め、相手のブラフを誘う作戦を取りました。

 

ターン($2.16)J♥

これもそんなに悪いカードではありません。

相手がJを持っていれば突っ込んできてくれそうですし、私の方もガットショットストレートドローの完成です。

これに対して相手はチェックしてきました。

ここはバリューベットを打つのが正しいプレイだと思いますが、今回はスロープレイをするつもでしたので私もチェックで回しました。

 

リバー($2.16)A♦

このカードでフラッシュの目ができてしまったため、ターンではやはりベットを打つべきだったと思いました。

相手は$1.6をベットしてきました。

今までのストーリーから決してフラッシュは否定しきれません。

しかし私としても手のバリューは引き出したいので、2倍の$3.2をベットしました。

相手はコールしてきました。

 

ショーダウン($8.56)

相手は9♣、Q♦を開き$8.56(レーキ$0.39)を獲得しました。

 

同じ9のトリップスでQのキッカーが効いたということです。

まさか相手も9持ちだとは思ってもみませんでした。

負けたというよりも寧ろこれくらいの損失で済んだことにホットしています。

相手がもしリバーで私のリレイズに対してオールインしてきたら、多分コールして大きな損失を出していたと思います。

多分相手はフラッシュを警戒したのだと思いますが、リバーでA♦が落ちたのは不幸中の幸いでした。