このエントリーをはてなブックマークに追加

危険な香りのストレートドローとフラッシュドロー

こんにちは仗助です。

ポーカーってやはり難しいですねえ。

中々思うように勝たせて貰えません。

私の場合イマイチ自分のカードを過信してしまうところがあります。

またセカンドヒットで相手に強いベットをされるとコールできないのです。

どうもポーカーには向いていないのかな?なんて思うようになってしまいました。

しかし何かしら敗因というのはあると思いますので今日はそれをえぐってみたいと思います。

 

SB(シート1)、BB(シート2)、UTG(シート3)、MID(シート4)、CO(シート5)、BTN(シート6)とします。

 

ステークス(0.1/0.05)

プリフロップ(€0.15)

シート6の私に5♥、A♠が配られます。

シート3、4、5はフォールド私は€0.2へ引き上げました。

シート1がフォールド、シート2がコールしました。

 

フロップ(€0.45)

J♥6♥、8♣がでます。

これには二人ともチェックしました。

 

ターン(€0.45)

9♥がでます。

これに対しても二人ともチェックします。

 

リバー(€0.45)

7♠がでます。

ここで相手は€0.45ベットしてきました。

私はストレートなので€0.9にレイズしました。

そしたらさらに相手は€2.7レイズしてきました。

私はこの瞬間いやな予感がしました。

もし相手が10を持っていたら私より上のストレートだからです。

或いはここでフォールドするべきだったかもしれません。

迷った末にコールしてみました。

 

ショーダウン(€7.2)

相手のハンドはK♦、10♠でした。

シート2が€6.42を獲得しました。

 

やはりやられてしまいました。

このプレイは行動から考えても、相手の持ているハンドとして10は十分に考えられ、またブラフにも思えなかったので最後はやはりフォールドするべきでした。

またコミュニティーの4枚を使うストレートやフラッシュは相手にも十分その可能性があることを念頭に入れておかないと痛い目に遭います。
もう1ハンド見てみます。

SBからシート1とします。

参加人数は5人です。

ステークス(0.1/0.05)

プリフロップ(€0.15)

シート3の私にJ♠、Q♥が配られました。

私は€0.3にレイズしました。

シート4、5、1はフォールドしシート2は€0.8にレイズし私がコールしました。

 

フロップ(€1.85)

6♥J♥8♥がでました。

相手は€0.9ベットしました。

トップヒットでフラッシュも見えている私は€1.8にレイズしました。

するとここで相手はオールインしてきました。

危機に直面しているとは感じましたがついコールしてしまいました。

 

結果は以下の如くです。

これも未熟なプレイでした。

先程と同様にコミュニティーの4枚を使うフラッシュは相手にもその可能性が十分あることを考えねばいけませんでした。

またいくらトップヒットだからとは言えJのワンペアはそれ程強いカードではありません。

少なくともオールインするカードではありません。

相手は終始強気できているため最初の€0.9ベットに対してはコールに止めておくのが無難だと思いました。

 

結論を言いますとコミュニティーの4枚を使うストレートやフラッシュはそれ程喜べなく上位のストレートやフラッシュに負けることも十分考慮してプレイしないと破産することになります。

いい教訓でした。

 

コメントありましたら記事ページの下よりお願いします。

やってはいけなかったツーペアのオールイン

こんにちは仗助です。

久しぶりにプレイ日記を更新します。

昨日はJBETポーカーで2~3時間くらい遊びましたが、オールイン勝負で2度も負けてしまいバンクロールを半分も失ってしまいました。

痛かったです。

 

最初のオールインはAKでプリフロップでオールインしたのですが、コールしてきた相手のハンドはAAでした。

フロップ、ターン、リバーでいずれもラグが落ちやはり負けてしまいました。

私のオンラインポーカーのバイブルとも言うべきシークレットキャッシュポイントによればAKはプリフロップオールインハンドと書かれており、「仕方がないのかな」と思いました。

このドミネイトパターンの場合AKがAAに勝つ確率は6.8%しかないそうです。

 

しかし運のいい勝ち方もありました。

アグレッシブなプレイヤーとフロップでオールイン勝負となり相手のカードをみた途端負けたと思いました。

しかしリバーで5♣が落ちて運よくフルハウスになったことです。

この後相手は切断してしまいました。

この気持ちはよくわかります。

 

やてはいけなかったのが以下のプレイです。

ターンで相手の強いベットに対してついオールイン勝負までしてしまいました。

これはやってはいけなかったです。

Q♣A♠でフロップでトップツーペアができて正直「勝った。」と思ってしまいました。

しかしターンでK♥が落ちたのがいけなかったです。

相手が急に強気のベットをしてきて「どうせ勝てるだろう。」と思いついオールインまでしてしまいました。

ターンではもうストレートが見えているのでこれはやってはいけなかったです。

 

絵札2枚のツーペアってとても強く感じてしまいますが、ポーカーは相手より強いか弱いかだけで自分のカードだけで絶対に決まるものではありません。

ストレートやフラッシュが見える状況ではツーペアやスリーカードは決して強いカードではありません。

 

私はなんてバカなのだろうと思いポーカールームを後にしました。

JBETポーカーのサポート

JBETポーカーは完全日本語対応のサポートがついています。

JBETポーカーのことで何か分からないことがありましたら、下記のメールへ質問すれば24時間以内に返答があります。

support@jbetpoker.com

私も分からないことは結構質問したのでお気軽に利用してみて下さい。

JBETポーカーの退会

JBETポーカーの退会の仕方を説明します。

support@jbetpoker.comへ「退会したいのでアカウントを凍結して下さい。」と伝えるだけです。

24時間以内にJBETポーカーから凍結が完了した旨のメールが届きます。

当然のことながら退会する前に残金は0にしておいて下さい。

JBETポーカーのカジノ

JBETポーカーにはカジノがあります。

テーブルゲーム、スロット、ポーカー、ジャックポットゲームです。

カジノのポーカーはビデオポーカーのことです。

 

人対人のオンラインポーカーに疲れたら生き抜きに利用して下さい。

JBETポーカーの初回入金ボーナス

JBETポーカーの初回入金ボーナスについて説明します。

JBETポーカーでは初回入金しますと$500を上限に100%のマッチボーナスが進呈されます。

ボーナスの換算率は200ステータスポイント毎に$1です。

ボーナス申請に必要なステータスポイント(ポーカーポイント)は以下のようになります。

初回入金額に対しまして上記のポーカーポイントに達しましたらFIRSTDEPOSITというタイトルで、 support@jbetpoker.comへメールを送って請求をします。 その後、このボーナスは48時間以内にあなたのアカウントに反映されます。

但しこの権利にも期限がありまして初回入金から60日以内となります。つまり60日でボーナスを受け取らないと初回入金ボーナスの権利が消失するということです。

ロイヤリティポイントとプレイヤーポイント

今回はJBETポーカーのロイヤリティポイントとプレイヤーポイントについて説明します。

JBETポーカーにも他のポーカールームと同じようにポーカーポイントというものがあり、レイクを払うか有料のトーナメントに参加するかステータスがつくとプレイヤーポイントが貰えます。

JBETポーカーでは特にロイヤリティポイントと言っています。

 

レイク或いは有料のトーナメントでは$1に対して10ポイント加算されます。

このJBETポーカー側に払うことによって得られるポイントを特にステータスポイントと言い、前月にどれくらいのステータスポイントを獲得したかによって今月のステータスが決まります。

 

このようにBronze、Silver、Gold、Platinumという段階があります。

それぞれのステータスに達するとボーナスロイヤリティポイントが加算されロイヤリティポイントをキャッシュに換金することができます。

1,000ポイントで$1換金になります。

 

尚このロイヤリティポイントには期限があり180日です。

期限が迫るとロイヤリティポイントの残高のところに警告メッセージが表示されます。

 

JBETポーカーも他のポーカールームと同様、プレイすればするほど有利になります。

獲得したロイヤリティポイントは有効に活用して下さい。

JBETポーカーのレイク

JBETポーカーのレイク(レーキ)について説明します。

レイクとは場代のことです。

オンラインポーカーにおいて、お金を賭けるゲームでは管理体制を厳重にする必要があり、安全かつ健全な運営をするためにユーザーから少しばかり場代を徴収しています。

マイクロゲーミング社のネットワークでは以下のレイクが適応されます。

 

JBETポーカーも他のポーカールームと同じく標準的なレイクです。

プレイするテーブルの人数、ステークスによって異なり、ポットの額に比例していきます。

但し、レイクには上限があるため1ゲームで最高レイクを越えて徴収されることはありません。

JBETポーカーのプレイ履歴

JBETポーカーのプレイ履歴について説明します。

JBETポーカーも他のポーカールームと同じくプレイ履歴を見ることができます。

 

指定してやるとこんな感じで履歴が見れます。

プレイの履歴はポーカーに限らず自分がどのようにプレイしたか、そのプレイが正しかったか判断する材料になりますのでポーカーの上達に役立ててください。

JBETポーカーのターボテーブル

今回はJBETポーカーのターボテーブルについて説明します。

ターボというのは早いという意味で制限時間が通常よりも短くなり早くプレイしなければいけないことになります。ようはスピードポーカーのことです。

 

JBETポーカーではこんな感じで設定することができます。

ルール自体は通常と一緒です。

 

こんな感じのスピードになります。

通常と比べてみて下さい。

好みのスピードのテーブルを選んでプレイして下さい。