このエントリーをはてなブックマークに追加

危険な香りのストレートドローとフラッシュドロー

こんにちは仗助です。

ポーカーってやはり難しいですねえ。

中々思うように勝たせて貰えません。

私の場合イマイチ自分のカードを過信してしまうところがあります。

またセカンドヒットで相手に強いベットをされるとコールできないのです。

どうもポーカーには向いていないのかな?なんて思うようになってしまいました。

しかし何かしら敗因というのはあると思いますので今日はそれをえぐってみたいと思います。

 

SB(シート1)、BB(シート2)、UTG(シート3)、MID(シート4)、CO(シート5)、BTN(シート6)とします。

 

ステークス(0.1/0.05)

プリフロップ(€0.15)

シート6の私に5♥、A♠が配られます。

シート3、4、5はフォールド私は€0.2へ引き上げました。

シート1がフォールド、シート2がコールしました。

 

フロップ(€0.45)

J♥6♥、8♣がでます。

これには二人ともチェックしました。

 

ターン(€0.45)

9♥がでます。

これに対しても二人ともチェックします。

 

リバー(€0.45)

7♠がでます。

ここで相手は€0.45ベットしてきました。

私はストレートなので€0.9にレイズしました。

そしたらさらに相手は€2.7レイズしてきました。

私はこの瞬間いやな予感がしました。

もし相手が10を持っていたら私より上のストレートだからです。

或いはここでフォールドするべきだったかもしれません。

迷った末にコールしてみました。

 

ショーダウン(€7.2)

相手のハンドはK♦、10♠でした。

シート2が€6.42を獲得しました。

 

やはりやられてしまいました。

このプレイは行動から考えても、相手の持ているハンドとして10は十分に考えられ、またブラフにも思えなかったので最後はやはりフォールドするべきでした。

またコミュニティーの4枚を使うストレートやフラッシュは相手にも十分その可能性があることを念頭に入れておかないと痛い目に遭います。
もう1ハンド見てみます。

SBからシート1とします。

参加人数は5人です。

ステークス(0.1/0.05)

プリフロップ(€0.15)

シート3の私にJ♠、Q♥が配られました。

私は€0.3にレイズしました。

シート4、5、1はフォールドしシート2は€0.8にレイズし私がコールしました。

 

フロップ(€1.85)

6♥J♥8♥がでました。

相手は€0.9ベットしました。

トップヒットでフラッシュも見えている私は€1.8にレイズしました。

するとここで相手はオールインしてきました。

危機に直面しているとは感じましたがついコールしてしまいました。

 

結果は以下の如くです。

これも未熟なプレイでした。

先程と同様にコミュニティーの4枚を使うフラッシュは相手にもその可能性が十分あることを考えねばいけませんでした。

またいくらトップヒットだからとは言えJのワンペアはそれ程強いカードではありません。

少なくともオールインするカードではありません。

相手は終始強気できているため最初の€0.9ベットに対してはコールに止めておくのが無難だと思いました。

 

結論を言いますとコミュニティーの4枚を使うストレートやフラッシュはそれ程喜べなく上位のストレートやフラッシュに負けることも十分考慮してプレイしないと破産することになります。

いい教訓でした。

 

コメントありましたら記事ページの下よりお願いします。

やってはいけなかったツーペアのオールイン

こんにちは仗助です。

久しぶりにプレイ日記を更新します。

昨日はJBETポーカーで2~3時間くらい遊びましたが、オールイン勝負で2度も負けてしまいバンクロールを半分も失ってしまいました。

痛かったです。

 

最初のオールインはAKでプリフロップでオールインしたのですが、コールしてきた相手のハンドはAAでした。

フロップ、ターン、リバーでいずれもラグが落ちやはり負けてしまいました。

私のオンラインポーカーのバイブルとも言うべきシークレットキャッシュポイントによればAKはプリフロップオールインハンドと書かれており、「仕方がないのかな」と思いました。

このドミネイトパターンの場合AKがAAに勝つ確率は6.8%しかないそうです。

 

しかし運のいい勝ち方もありました。

アグレッシブなプレイヤーとフロップでオールイン勝負となり相手のカードをみた途端負けたと思いました。

しかしリバーで5♣が落ちて運よくフルハウスになったことです。

この後相手は切断してしまいました。

この気持ちはよくわかります。

 

やてはいけなかったのが以下のプレイです。

ターンで相手の強いベットに対してついオールイン勝負までしてしまいました。

これはやってはいけなかったです。

Q♣A♠でフロップでトップツーペアができて正直「勝った。」と思ってしまいました。

しかしターンでK♥が落ちたのがいけなかったです。

相手が急に強気のベットをしてきて「どうせ勝てるだろう。」と思いついオールインまでしてしまいました。

ターンではもうストレートが見えているのでこれはやってはいけなかったです。

 

絵札2枚のツーペアってとても強く感じてしまいますが、ポーカーは相手より強いか弱いかだけで自分のカードだけで絶対に決まるものではありません。

ストレートやフラッシュが見える状況ではツーペアやスリーカードは決して強いカードではありません。

 

私はなんてバカなのだろうと思いポーカールームを後にしました。

ポットリミットフリーロール

こんにちは、仗助です。

今日はポットリミットホールデムのフリーロールに参加してみました。

無料で参加できます。

 

いつもノーリミットでしかプレイしないから新鮮でした。

 

1時間毎に休憩があります。

 

ポットリミットは最大ベットがポット金額までですからいい役が早い段階でできた時いかに相手にフォールドされずにポットをでかくしていくか、また後の方でいい役ができたとしてもポットを越えた利益を上げることができないので長期的に利益を上げるためにはあまりタイトなプレイもやりにくくノーリミットホールデムよりも難しく感じました。

慣れの問題もあると思います。

またこのルールですと、8分毎にステークスとアンティが上がっていきますのでタイミングを見計らって勝負に出るという機敏さも必要です。

 

最初は好調でした。

 

一時は9位まで上がりました。

尚、トーナメントの進行状況はロビーにて逐一見ることができそれに応じた作戦を立てることができます。

 

しかし最後勝負所でストレートドローを引けずに結局は56位で終わってしまいました。

雀の涙ほどの賞金を獲得しました。

また挑戦してみたいですね。

JBETポーカーのAnon Holdem

今晩は、仗助です。

今JBETポーカーでプレイしてきました。

無謀にも相手のフラッシュに対してセカンドヒットのワンペアで突っ込んでしまい、€10失いました。

ショーダウンしてみたら、何でそんなカードでゲームに参加してるのといいたいところです。

ターンでのオールインだったのですが私も未熟でした。

ボードにフラッシュが見えているため、ここはフォールドが正解かと思います。

ポーカーってとても難しいですね。

少し大きなお金をベットしてしまった後でもフォールドする勇気を持たないと長期的にみたら損をしそうです。

 

ところでこのテーブルはAnon Holdemというテーブルになります。

AnonとはAn knownの略です。

つまりプレイヤーネームを隠してのプレイということになります。

 

これは面白い工夫だと思いました。

オンラインポーカーで勝っている人というのは解析ソフトを使っているとまで言われています。

しかしこれならプレイヤー名が表示されないため、そのプレイヤー名でのデーターの蓄積ができません。

これはエベレストポーカーにはありませんでした。

 

自分のプレイの癖をプレイヤー名で覚えられるのが嫌な人は、このテーブルでプレイをするといいと思います。

 

ユーザーレベルはエベレストポーカーに比べると高いと感じました。

あまり無謀な突っ込み方をするプレイヤーは少ないです。

 

JBETポーカーは私にとってはまだわからないことばかりですので、プレイしながら少しずつ飲みんでいこうと思います。

管理がずさんなエベレストポーカー

こんにちは、仗助です。

こないだからエベレストポーカーへログインができなくなりました。

ユーザーに一言もなくソフトウェアを移行して、まだ入金しているにも関わらず勝手にアカウントを凍結され、エベレストポーカーへ連絡を取ってみたら私の旧アカウントとメールアドレスが一致しないと言われました。

エベレストポーカーはもう英語の対応に切り替わっています。

 

ちなみに私はメールアドレスは間違っていません。

そのアドレスで登録した時きたアカウントの確認メールがあるからです。

その他にも、トーナメントに登録した時くる確認メールが今でも残っているからです。

先週までは何不自由なくエベレストポーカーでプレイをしていたのですが、今とても困っています。

エベレストポーカーからのさらなる返信を待っているところです。

ひょっとしたらエベレストポーカーへ入金しているお金は、もう戻ってこないのではないかとさえ思え絶望的な気分になります。

オンラインゲーミングをやっていてこんなに不愉快な思いをしたことはありません。

早くお金を取り戻してエベレストポーカーとは今後一切係わり合いを持ちたくないです。

返信も遅いしエベレストポーカーは詐欺と何ら代わりはありません。

 

そういうわけで今日からJBETポーカーでプレイをしています。

JBETポーカーの管理画面はこんな感じですが、通貨はユーロです。

ちなみに2012.11.3現在、1ユーロは103.23円です。

1ドルは80.42円なので、エベレストポーカーをやっていた人は勘違いしないで下さい。

 

ポーカールームに入ってみるとこんな感じですが、ビッグブラインドを待ちたい人はまずブラインドの自動ポストのチェックを外さなければいけません。

でないと勝手にビッグブラインドを置いて途中参加してしまいます。

エベレストポーカーに比べると配色がややさっぱりしすぎてて、人物もいなく物足りなさを感じます。

 

ゲームに参加してみるとこんな感じです。

エベレストポーカーに比べるとテンポが早く感じます。

画面の左端に現在のレーキが分かるのがいいところです。

エベレストポーカーではプレイ履歴を見なければそのハンドのレーキは分かりませんでした。

右下に現在の自分のベストハンドが分かるのもいいところです。

 

フォールドしても、参加していれば揃っているベストハンドが分かります。

これもエベレストポーカーにはなかった点で結構大きいです。

 

JBETポーカーでプレイしてみて、これといって特に不都合な点はありませんでした。

エベレストポーカーは完全英語になってしまいましたが、やはり日本語だと落ち着きます。

これからはJBETポーカーを主戦場にしようと思います。