このエントリーをはてなブックマークに追加

リミット、ノーリミット、ポットリミットホールデムの違い

テキサスホールデムの中には大きく分けてリミットホールデム、ノーリミットホールデム、ポットリミットホールデムの3種類に分けることができます。

ポーカースターズのテキサスホールデムもこの3種類なのは前回書いた通りです。

テキサスホールデムのルールに関しましては初心者でも分かるテキサスホールデムのルールをご参照下さい。

今回はこの3つのルールについて分かりやすく解説します。

一言で済ませてしまえばベットできる金額の上限が異なるということになります。

 

まずはノーリミットですが、この場合は自分のアクションが回ってきた時、テーブルに持ち込んだ金額を上限に好きな額をベットすることができます。

nolimit

allin

その気になれば全額ベット(オールイン)することもできます。

 

一方、リミットホールデムですがこれはベットできる単位が決まっています。

プリフロップ、フロップはビッグブラインド、ターン、リバーは2ビッグブラインドの単位でしかベットできません。

しかも1ラウンドでレイズできる回数も決まっていて3回までです。

4回目にはフォールドかコールの選択しかありません。

ステークスが$0.1/0.25のテーブルです。

リバーのベッティングラウンドですから2ビッグブラインドの$0.5の単位でベットしています。

尚画面上部の$0.25/$0.5というのは$0.25が前半(プリフロップとフロップ)のベット単位、$0.5が後半(ターンとリバー)のベット単位となります。

 

最後にポットリミットですがこれはベットできる上限が、自分がコールする金額+コールした後のポット分の金額が上限となります。

例えば今pich420さんのアクションの番ですが、ベットできる範囲は$0.5(コール)~$2.75(コール$0.5の分+コール後のポット相当$2.25の分)となります。

尚画面上部の$0.1/$0.25というのはステークスになります。これはノーリミットも一緒でリミットのベット単位とは異なりますので勘違いしないで下さい。

 

一番プレイヤー数が多いのがノーリミットで、次がリミット、小数派に当たるのがポットリミットです。

リミットホールデムはポットがある一定以上は大きくならないので、ノーリミットよりかはプレイのアグレッシブ度が増すと思います。

ポットリミットは大体その中間ぐらいだと思います。

ルールに応じた最適なプレイを身に付けて下さい。

ポーカースターズのホールデムゲームの説明

ポーカースターズのホールデムゲームにはリミット、ノーリミット、ポットリミット、プレイマネーがあります。

ホールデムのルールに関しては、初心者でも分かるテキサスホールデムのルールを参考にして下さい。

 

プレイマネーというのがフリーゲームになり、リミット、ノーリミット、ポットリミットの中から選ぶことができます。

ステークスというのがスモールブラインド(左の数字)とビッグブラインド(右の数字)ということです。

タイプで何も書かれていないテーブルが9人掛け、が6人掛け、が2人掛けということになります。

バイインはテーブルに持ち込めるフリーチップの範囲になります。

テーブルというのはそのゲームのテーブル数になります。

好みのタイプを選び黒く反転させると右側にその詳細な情報が出てきます。

右上のテーブルというのがテーブル名、着というのがそのテーブルに着席してプレイしている人数、待機というのがそのテーブルの席が空くのを待っている人数です。

その中からテーブルを選び黒く反転させるとさらにそのテーブルの詳細な情報が右下に現れます。

プレイヤーというのがプレイヤー名、ロケーションというのがプレイヤーの出身地、チップというのがそのプレイヤーの持っているフリーチップ数になります。

ここでプレイするテーブルとシートを選ぶことになります。

 

リミット、ノーリミット、ポットリミットというのがリアルマネープレイになります。

それぞれステークスはハイ、中、ロー、マイクロの中から選ぶことができます。

テーブルというのがテーブル名、ステークスというのがスモールブラインド(左の数字)とビッグブラインド(右の数字)になります。

タイプで何も書かれていないテーブルが9人掛け、が6人掛け、が2人掛けということになります。

と出ているのが通貨がユーロということになります。

CAPやDeep Anteに関しましてはポーカースターズのステークスをご参照下さい。

着席というのがそのテーブルに着席してプレイしている人数、待機というのがそのテーブルの席が空くのを待っている人数です。

平均ポットというのがそのテーブルのゲームの平均ポット額、フロップというのがフロップの参加率、時間というのが1時間当たりのハンド数になります。

テーブルを反転させるとそのテーブルのプレイヤーの出身地とチップの情報が出てきます。

 

ポーカースターズはさすがに世界最大のポーカールームだけあって、やりたいステークスとテーブルで相手不足に困るということはありません。

ここら辺がエベレストポーカーやJBETポーカーとは違うところです。